2018年9月14日 更新

311震災直後にとても助けられた支援物資。数多くのご厚意の中でも特にうれしかったものはこれ!

東日本大震災で何もかも無くした私たちは、たくさんの温かいご支援をいただきました。その中でもとても役に立ったものを選んでみました。今後の災害の参考になればと思います。

166 view お気に入り 0
東日本大震災ではとにかく津波から自分の命を守るのが精いっぱい。大切なものを持ち出すどころか非常持ち出しさえ持てずに、着の身着のまま逃げました。山に逃げた人、避難所に行った人、家族の安否不明、さて私たちはこれからどうやって生活していくのか......。何日も着替えもできず、寒さに凍えみんなで耐えました。そして数日後全国から温かい支援の輪が広がっていきました。
災害時、安心できるアイテムを防災グッズに

支援物資に協力したい時は

個人的に物資を送るのは混乱を招くようです。また、土地勘の無い人が物資を積んで、とりあえず行けそうな避難所を目指すのは、被災地の渋滞を招いたり自治体や避難所へご迷惑をかけてしまうので遠慮した方が良いようです。
自治体、社会福祉協議会、ボランティア団体等を確認しましょう。
鼬・狸の里通信: 東日本大震災支援その3

その自治体の公式サイトに支援物資の募集に関するお知らせを探してください。そこで、被災地で必要とされている物を把握してください。受け入れの体制が整っているかを確認することも重要です。被災地はまだ緊迫した状況です。電話での問い合わせは絶対にやめてください。
支援物資を送ることに慣れていない方は、(災害ボランティアのプロと呼ばれる)支援団体などが支援物資を募集・受付しているので、ホームページやFacebookページなどで必要な物を確認の上、持込・送付するとよいでしょう。

自分の家の不要なものは送らない

プチリセット [ われは稲モノ味なモノ ]

送る物資の内容も注意が必要ですよ。
「無いよりはあったほうがマシ」「きっと役にたつだろう」などという安易な考えはありがた迷惑。

関連会社からの支援

自治体やボランティアを通して配布される支援物資には求めているものがないときもあります。

私たちの職場では県外の関連会社さんから必要な物資を直接支援してもらい、社員のご家族に配布しました。停電が続いたので石油ストーブと灯油の支援もあり助かりました。

石油ストーブ

石油ストーブのイラスト | エコのモト

停電が続いたので石油ストーブは助かりました。鍋をあげておけばお湯も沸かせるので、調理に、洗髪、からだ拭きにと助かりましたよ。震災直後は避難所の学校のプールの水で震えながら洗髪したりしていましたから....。
震災がおきると電気やガス、水道といったライフラインが寸断されることも多くありますが、もし寒い冬だとしたらどうなるでしょうか?
身体を温める暖房が必要ですが、電気やガスの暖房は使えません。
そんな時に活躍するのが、石油ストーブです。電気がなくても灯油さえあれば使えて、お好きな場所へ簡単に持ち運んで手軽に暖をとることができます。さらに、燃焼する炎は照明代わりにもなります。
37 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

今日も子どもたちへ夢を届けています!津波に耐えた石ノ森漫画館

今日も子どもたちへ夢を届けています!津波に耐えた石ノ森漫画館

東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県石巻市には、石森漫画館があります。石森漫画館は石巻市と縁のあった石ノ森章太郎の原画や作品のキャラクターを展示した施設です。津波に襲われた石森漫画館の様子やリニューアルした今の様子などをお届けします。
ヨーダ | 177 view
被災地のチャレンジを支えるスペース「Common-Ship橋通り」が面白い!

被災地のチャレンジを支えるスペース「Common-Ship橋通り」が面白い!

東日本大震災では多くの物が失われましたが、新たなチャレンジも生まれています。石巻の街を流れる北上川のほとりに、飲食店の開業や音楽、芸術など様々な分野で新たなチャレンジをする人々を後押しする施設として生まれたCommon-ship橋通りの人たちの元気な様子をレポートします。
ヨーダ | 116 view
被災地でがんばるスポーツチームをレポート!コバルトーレ女川に注目!

被災地でがんばるスポーツチームをレポート!コバルトーレ女川に注目!

東日本大震災で甚大な被害を受けた町の一つ、女川町にはプロを目指すサッカーチームがあります。チームは東日本大震災で大きな被害を受け、1年間の活動休止も余儀なくされました。選手たちはボランティアに励み、町の人たちの応援の下、チームは震災から7年目にJFLに昇格。女川町とコバルトーレ女川が共に頑張る様子をまとめました。
ヨーダ | 173 view
仮設住宅の今を知りたい!東日本大震災から7年半たった被災地からの報告

仮設住宅の今を知りたい!東日本大震災から7年半たった被災地からの報告

日本各地で災害がおきています。東日本大震災では多くの人々が仮設住宅に入ることになりました。災害が起きた直後は、多く報道される被災地の様子ですが、年月が経った今、どのようになっているのでしょうか。東日本大震災からちょうど7年半の2018年9月11日の被災地の様子を調べてみました。
ヨーダ | 115 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

yuma yuma

おすすめの記事

今注目の記事