2016年11月29日 更新

大掃除はナチュラルクリーニングでピカピカに♪【トイレ編】

トイレ掃除というと気が重くて…という方は多いのではないでしょうか。 でも、新しく洗剤を買い足さなくても重曹とクエン酸があれば、トイレの大掃除だってカンタンに済ませる事ができちゃうんですよ。 ナチュラルクリーニングでラクチンな大掃除にしましょう♪

395 view お気に入り 0

トイレの汚れやすいところは?

TOTO:トイレのまるごとお掃除/汚れやすいのはここ

汚れやすい場所と、汚れの種類が分かれば掃除に取りかかりやすいですね。

ふだんの掃除であまり気にしていないような場所も、意外と汚れているようです。

1.アンモニア汚れ

木質系の床で、便器の脇などにシミができた場合は、小水中のアンモニアが原因と考えられます。
こぼれた小水はすぐに拭き取らないと、シミがどんどん広がります。

2.水性(水アカ)汚れ

水性汚れには次のようなものもあります。

・白色水性汚れ
水に含まれているカルシウムやマグネシウムが、水分の蒸発後、そのまま残ると白色汚れになります。水がつくとなくなったように見えますが、乾燥すると再び現れます。

・茶色水性汚れ
水が常に流れているところに発生しやすい汚れです。乾燥してこびりつくことはありませんので、こすると落ちやすい汚れです。

3.ホコリ

ホコリの正体は、トイレ内での着衣の脱ぎ着のときに発生する繊維羽毛やトイレットペーパーのチリが主なものです。放っておくと黒ずみの原因に。また、他の汚れと一緒になると落ちにくい汚れにもなります。

4.皮脂汚れ

肌が直接触れる部分は皮脂がつきやすく、汚れの原因になります。座面やカバー、操作パネル、ドアノブなど、油分がつくことでぬるぬるしたり、光沢がなくなったりします。放っておくと、ホコリと一緒になって黒ずみの原因となります。

どの汚れに何を使えばいいの?

汚れの種類が分かっても、その汚れに対して何を使えばいいのかが分からないと掃除が進みません。

では、それぞれの汚れに何を使えばいいのか見ていきましょう。

1.アンモニア汚れ

アンモニアはアルカリ性です。
そのため、酸性のクエン酸で中和することで汚れを落とすことができます。

壁や床にとんだ尿、便器や便座の裏についた黄ばみはクエン酸で落としましょう。
クエン酸がない場合はお酢でもかまいません。
ただし、金属部につくと錆びてしまうので、お掃除のあとは必ずふき取るようにしてくださいね。

2.水性(水アカ)汚れ

30 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

家中ピカピカ!環境にやさしいナチュラルクリーニングに必要な4つのアイテムとは?

家中ピカピカ!環境にやさしいナチュラルクリーニングに必要な4つのアイテムとは?

お家のお掃除には様々な種類の掃除アイテムが必要なイメージがありますが、実は4つのアイテムだけで様々な部分の汚れを落とすことができるのです。ナチュラルクリーニングに必要な4つのアイテムとその使い方をご紹介します。
yokapon | 63 view
実験気分で楽しく作れる♪ 手作りスライムの作り方

実験気分で楽しく作れる♪ 手作りスライムの作り方

子どもが大好きなおもちゃ「スライム」はお家で手作りすることが出来るんです。様々な手作りスライムの作り方を材料別にご紹介します。
yokapon | 167 view
インスタグラマーのお掃除術、知りたい!「#シンク掃除」をチェック♪

インスタグラマーのお掃除術、知りたい!「#シンク掃除」をチェック♪

「おしゃれインスタグラマー」のシンクやキッチンの掃除写真をチェックして、シンク掃除方法の裏ワザを集めてみました。
ヨーダ | 650 view
【子育てママ必見】トイレトレーニングをスムーズに進めるには?

【子育てママ必見】トイレトレーニングをスムーズに進めるには?

1歳児を過ぎてからは、”トイレトレーニング”で頭を悩ませているママが多いようです。トイレトレーニングをスムーズに進めるための方法とさまざまな便利グッズを見ていきましょう。
peeek0 | 471 view
水洗トイレが使えなくなったらどうする?災害時のトイレの備えとサバイバルトイレの作り方

水洗トイレが使えなくなったらどうする?災害時のトイレの備えとサバイバルトイレの作り方

災害時には断水や停電、下水道管の破損などによって、トイレが使えなくなることが想定されます。災害に備えて食料の備蓄はしていても、トイレの準備をしているご家庭は少ないでしょう。いざ水洗トイレが使えなくなったときのために、家庭でのトイレの備えについて考えてみましょう!
cobachi | 3,226 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

miny miny

おすすめの記事

今注目の記事