2018年1月6日 更新

冬到来!!室内で洗濯物を早く乾かすにはどうすればいい?

寒くなってくると洗濯物が乾きにくくなってきますよね。 でもいくつかのポイントを押さえるだけで、洗濯物を乾かす時間を短縮できるんです。 そのポイントをご紹介しますので、ご自分にあった方法を実践してみてはいかがでしょうか。

232 view お気に入り 0

洗濯物を早く乾かすポイントは『3つ』!

洗濯物を早く乾かすためには、何が大切か知っていますか?
ポイントは「温度」「湿度」「風の流れ」の3つなんです。

では、ひとつずつ見ていきましょう。

ポイント1:温度

洗濯物を乾きやすさを左右するのは空気中の飽和水蒸気量。
簡単にいえば空気中の水分含有量のことなのですが、水分含有量が多い空気の状態の方が、水分を含んだ洗濯物の乾きが速いのです。

飽和水蒸気量は温度と密接に関係していて、

気温が高い状態⇒ 空気が水分を含める量が多く洗濯物が乾きやすい
気温が低い状態⇒ 空気が水分を含める量が少なく洗濯物が乾きにくい
つまり、気温が高い方が空気中に含むことができる水分量が多くなるため乾きやすくなるということなんですね。

冬は気温が低いため、いくら乾燥していても洗濯物がなかなか乾かないのはこういう理由があったからなんです。

ポイント2:湿度

「湿度」は、湿った空気を逃がすという工夫の必需性。

・換気扇で強制的に湿った空気を外に出す
・扇風機で風を起こすことで湿気を飛ばす
・除湿器があれば湿度を取り除くには一番最適です
湿度を下げるということは、洗濯物の周りにある水分を取り除いてあげるということ。
洗濯物を干すと部屋の湿度が一気に上昇するので、この湿度を下げるためには何らかの工夫が必要になるんです。

除湿機を使うのが一番手っ取り早いのですが、扇風機の風を洗濯物に当てるだけでもかなり効果があります。
ただし室内干しの場合、扇風機で風を当てても部屋の湿度が上がると乾きにくくなってしまうため、窓をあけて換気をすることが必要になります。
数分間換気をするだけで部屋の湿度は10%近く下がることもあるので、除湿機を使わない場合はこまめに換気をこころがけるといいですね。

ポイント3:風の流れ

洗濯物を外に干した時、風の吹いている日と風がまったくない日では洗濯物の乾き方に差が出るのはみなさんご存知かと思います。

風があるということは、洗濯物の間の湿度を移動させてくれるということなんです。
つまり、洗濯物と洗濯物の間に溜まっている水分を移動させるために、風の流れが必要になってくるということなんです。

洗濯物を早く乾かすために

さっそく、洗濯物を早く乾かすために明日からできるコトを調べてみました。

1. 1回の洗濯量を増やしすぎない

一度に干す量が増えると、湿度も急上昇してしまいます。
そこで、普段は週に2回洗濯機を回すという家庭なら1回増やして、1回の洗濯物の量を減らしてみましょう。

洗濯物の量が減ることで、洗濯物と洗濯物の間に出来る空間も増え、風の流れも起きやすくなります。

2. 洗濯物の重なる部分をなるべく減らす

29 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

どうする?梅雨のお洗濯…グッズとアイディアを活用して部屋干しのストレスを解消しよう!

どうする?梅雨のお洗濯…グッズとアイディアを活用して部屋干しのストレスを解消しよう!

雨で外に干せないのに洗濯物の量はいつもと変わらないし!部屋干しのにおいも気になるし! そんな梅雨時のストレスを減らすアイディアをまとめました。
Raluka | 600 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

miny miny

おすすめの記事

今注目の記事