2017年5月26日 更新

突然の集中豪雨対策どうしますか?身を守るためのメカニズムと対策!

突然の豪雨にビックリしますね。そんな時でも慌てず対処出来たら心配ないです。豪雨のメカニズムを知る事で備えも出来るかもしれません。

313 view お気に入り 0
集中豪雨(ゲリラ豪雨)

集中豪雨(ゲリラ豪雨)

この夏も各地で「ゲリラ豪雨」が発生している。もし今日、外出中に遭遇したら…? 毎年増える突然の大雨に、どう対処すればいいのか。
毎年7月、8月頃に突然の雨が降ってきてビックリしますね。朝はいいお天気だったのに怪しい雲が湧き出てきたと思うと激しい雨が降ってきて大慌てしてしまいます。
その時慌てないように心構えと準備が必要です。
メカニズムと心構えを調べました。

集中豪雨とは何でしょう?

梅雨末期や台風期などに多い局地的かつ短時間に集中する豪雨。南方からの暖かく湿った空気の流入,前線活動の活発化,雷雲の急激な発達,台風の影響などによって 1時間数十 mmに及ぶ強い雨が短時間に比較的狭い地域に集中して降るもので,雷を伴うこともある。

集中豪雨を起こす原因は何でしょうか?

この天気の急変の原因は、「積乱雲」(せきらんうん)という雲です。
発達した積乱雲は、時に、「急な大雨」「雷」「ひょう」「竜巻」などの激しい現象を引き起こし、これらによって毎年のように死傷事故が起きています。
カリフラワーとキノコに注意!?大雨のサインを見逃さない
発達中の積乱雲は、雲のてっぺんがもくもくしてカリフラワーのような形をしているので、見ればそれとわかります。さらに発達すると、雲のてっぺんが開いてキノコの傘のような形になるそうです。

積乱雲は遠くにあるときは太陽に照らされて白く光り輝いていますが、近づいてくると、太陽の光がさえぎられて急激にあたりが暗くなります。このようなときは、激しい雨や雷に見舞われる可能性が高いので、早めに安全な場所へ移動しましょう。
積乱雲のでき方

積乱雲のでき方

積乱雲ができる様子をアニメーションで解説しています。

( 動画再生 )あり
集中豪雨のときには多くの場合雷が観測

集中豪雨のときには多くの場合雷が観測

夜から朝にかけて雷が鳴ったら集中豪雨に警戒してください。
雹も降ってきます

雹も降ってきます

Twitterでは、外で突然の雹と大雨に遭遇し非難する人や、強風によって傘が意味をなさず濡れてしまうといった人が多くみられました。大きい雹により「痛くて外でれない」や、車に降ってくる雹の音がすごいとの声も。

集中豪雨の特徴まとめ

1 、梅雨期の終わり頃等、日本付近に前線が停滞しているときに集中豪雨になりやすい。
2、 台風が日本へ接近しているときや上陸したとき、集中豪雨を伴うおそれがある。
3 、日本では、1976年〜2016年にかけて、1年間の内、1時間に50mm以上の雨が降る回数が増加している。
※気象庁では、1時間に50mm以上80mm未満の雨を「非常に激しい雨」、80mm以上の雨を「猛烈な雨」と表現している。
4 、空が真っ暗になる、雷鳴や稲妻が起きるといった現象は、集中豪雨の前兆にあたる。
5、 天気予報で「大気の状態が不安定」「天気の急変」等の表現があるときは注意が必要。

集中豪雨(ゲリラ豪雨)に合った時の対処

街中で突然ゲリラ豪雨に遭遇したら・・
積乱雲による集中豪雨はぜいぜい30分程度で弱まる可能性が高いので、街中で突然ゲリラ豪雨に遭遇した場合、安全なビルの中に避難してゲリラ豪雨をやり過ごすことが大切です。

具体的な身を守る方法

27 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

いつ避難すればいいの?「避難準備情報」と「避難勧告」の違いとは

いつ避難すればいいの?「避難準備情報」と「避難勧告」の違いとは

浸水、洪水、土砂災害などの被害に遭わないためには正しい情報を知って、早めの避難を心がけることが大切です。台風や大雨の時、ニュースなどでよく耳にする「避難勧告」や「避難指示」という言葉。あなたは避難勧告と非難指示の違いを知っていますか?
cobachi | 778 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

yokoppe yokoppe

おすすめの記事

今注目の記事