工場内部を大公開!安心・安全な食品用ラップ「ポリラップ」の工場を見学してきた!Part1

安心・安全な無添加ラップの代表「ポリラップ」。ポリラップの製造元・宇部フィルムの栃木工場を見学したレポートを3回に分けてお送りします。食品用ラップがどのように作られているのか?ポリラップの安心・安全の秘密は?など、ポリラップの秘密が次々と明らかに!Prat1では原料からフィルムに成形するまでを追います。

ポリラップの安全性の秘密は?工場に潜入レポート!

ポリラップの栃木工場に潜入!

ポリラップの栃木工場に潜入!

その品質の秘密を探るべく、製造元の宇部フィルム栃木工場に潜入してきました。
ふだんはめったに見られない、工場内部の製造過程からポリラップの安全性に迫ります!
安心安全のポリラップ

安心安全のポリラップ

燃やしてもダイオキシンが発生せず、添加物も使っていない、安心・安全な無添加ラップの代表「ポリラップ」。

まずは原材料の「ポリエチレン」を溶かす

PE(ポリエチレン)ペレット

PE(ポリエチレン)ペレット

ポリラップの材料となるのは写真のような、ポリエチレンの粒(ペレット)です。
ペレットを溶かす

ペレットを溶かす

ラップの製造はまずポリエチレンのペレットを高温で溶かすことから始まります。
機械の中ではおよそ250℃でポリエチレンのペレットが溶かされます。
THE MAKING (170)ラップとアルミホイルができるまで - YouTube

ヒーターで加熱されたポリエチレンペレットが溶け、スクリューで押し出されます。

【安心・安全の理由その1】原材料に塩素を含まない

「ポリラップ」は原材料の段階から、塩素を含まないポリエチレンを使用しているので、燃やしてもダイオキシンが発生しない、環境に優しいラップなんです。

溶かしたポリエチレンを薄く巻き取る

溶けたポリエチレンをフィルム状に巻き取る
溶けたポリエチレンは、大きなローラーが連なる製膜工程に送られます。

3メートルほどの幅の大きなローラー。
ローラーは水で冷やされている

ローラーは水で冷やされている

ローラーに太いパイプがつながれているのが、分かりますか?
このパイプからはローラーの中心に水が送られていて、巻き取ったポリエチレンを冷やす役割をしています。

ポリラップの透明度の秘密

材料のペレットは半透明なのに、私たちがふだん使っているラップは透明なのは、なぜ?と不思議に思った人も多いのではないでしょうか。
その秘密はペレットに熱を加えることと、水を通したローラーで冷やすことにあります。
ペレットの分子の状態

ペレットの分子の状態

原料のペレットには1粒あたり2万以上の分子が密集しています。このため光を通しにくく半透明に見えるのです。
THE MAKING (170)ラップとアルミホイルができるまで - YouTube

このペレットを加熱すると整列していた分子がくずれます。
THE MAKING (170)ラップとアルミホイルができるまで - YouTube

分子がバラバラになったところですぐに冷やし固めると、光が入りやすくなるため透明に見えるようになります。

フィルム状のポリエチレンをいくつものローラーで送る

加熱されてすぐ冷却されることで、透明なフィルム状になったポリエチレン。

いくつものローラーを通して巻き取られていきます。

いつも私たちが目にしている食品ラップの見た目になりました!