2018年9月14日 更新

仮設住宅の今を知りたい!東日本大震災から7年半たった被災地からの報告

日本各地で災害がおきています。東日本大震災では多くの人々が仮設住宅に入ることになりました。災害が起きた直後は、多く報道される被災地の様子ですが、年月が経った今、どのようになっているのでしょうか。東日本大震災からちょうど7年半の2018年9月11日の被災地の様子を調べてみました。

115 view お気に入り 0
ここ最近の日本では、震災だけでなく台風などの被災という現実がありました。そこで私たちitwrapは、現地ライターによる東日本大震災のその後をお届けしていきたいと思います。

震災後、応急仮設住宅がたくさん建てられました

東日本大震災では、岩手県13,984戸、宮城県22,095戸、福島県16,775戸の応急仮設住宅が建てられました。宮城県石巻市は、宮城県で建てられた仮設住宅のほぼ三分の一が集中する自治体です。
東日本大震災後、石巻市には応急(プレハブ)仮設住宅7,122戸が建設され、入居者同士の支え合いが課題となりました。

震災から7年半の今はどうなっているのでしょう

東日本大震災から、ちょうど7年半の2018年9月11日の被災地の様子です。

こちらは、多くの仮設住宅が建てられた開成地区です。

工事中の表示があります。

雑草が生い茂っています。こちらは、人が住んでいないようです。

フェンスで仕切られ、立ち入り禁止になっている区域もあります。

41 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

被災地のチャレンジを支えるスペース「Common-Ship橋通り」が面白い!

被災地のチャレンジを支えるスペース「Common-Ship橋通り」が面白い!

東日本大震災では多くの物が失われましたが、新たなチャレンジも生まれています。石巻の街を流れる北上川のほとりに、飲食店の開業や音楽、芸術など様々な分野で新たなチャレンジをする人々を後押しする施設として生まれたCommon-ship橋通りの人たちの元気な様子をレポートします。
ヨーダ | 116 view
被災地でがんばるスポーツチームをレポート!コバルトーレ女川に注目!

被災地でがんばるスポーツチームをレポート!コバルトーレ女川に注目!

東日本大震災で甚大な被害を受けた町の一つ、女川町にはプロを目指すサッカーチームがあります。チームは東日本大震災で大きな被害を受け、1年間の活動休止も余儀なくされました。選手たちはボランティアに励み、町の人たちの応援の下、チームは震災から7年目にJFLに昇格。女川町とコバルトーレ女川が共に頑張る様子をまとめました。
ヨーダ | 173 view
今日も子どもたちへ夢を届けています!津波に耐えた石ノ森漫画館

今日も子どもたちへ夢を届けています!津波に耐えた石ノ森漫画館

東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県石巻市には、石森漫画館があります。石森漫画館は石巻市と縁のあった石ノ森章太郎の原画や作品のキャラクターを展示した施設です。津波に襲われた石森漫画館の様子やリニューアルした今の様子などをお届けします。
ヨーダ | 177 view
311震災直後にとても助けられた支援物資。数多くのご厚意の中でも特にうれしかったものはこれ!

311震災直後にとても助けられた支援物資。数多くのご厚意の中でも特にうれしかったものはこれ!

東日本大震災で何もかも無くした私たちは、たくさんの温かいご支援をいただきました。その中でもとても役に立ったものを選んでみました。今後の災害の参考になればと思います。
yuma | 167 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ヨーダ ヨーダ

おすすめの記事

今注目の記事