2017年4月7日 更新

赤ちゃんの初めての絵本『ファーストブック』を手作りしてみませんか?布やフェルトを使って触れて遊べる絵本作りのご紹介です。

柔らかい素材の布やフェルトで絵本を作ってみましょう。ボタンやひも、マジックテープなどを付け加えればちょっとした手作りの知育絵本をができますよ!

1,489 view お気に入り 0

赤ちゃんが初めて出会う絵本♡ファーストブック♡

赤ちゃんが初めて体験する絵本のことを『ファーストブック』と呼びます。
絵本との出会いは何か月ごろが好ましいというのは特にないようです。
親子のスキンシップという感覚で始めてみましょう。まだ何も知らない赤ちゃんにとってはパパやママが優しく語りかけてあげるのが一番だと思います♡
視力が定まらない赤ちゃんは、はっきりした色、ページをめくる動作、繰り返しの擬音に興味を示しますよ!

『ブックスタート』の活動を通して絵本と触れ合う♡

全国の各自治体では『ブックスタート』という活動をするところが増えています。乳児健診の場で読み聞かせをしてくれたり、絵本のプレゼントがあったり、絵本と赤ちゃんのかけはしをしてくれますよ。
まだ言葉も文字も分からない赤ちゃんに絵本を読んでも意味があるのかしら?と思う人もいるかもしれませんが、絵本の読み聞かせには様々な効果があります。いつから始めるべきという指標はありませんが、新生児から読み聞かせを始めても、早すぎるということはないようです。

早い人だと、妊娠7~8ヶ月頃に産婦人科ですすめられて、胎教として始めたという人もいます。話の内容まではわからなくても、赤ちゃんがお母さんの声をお腹の中で聞いて安心するという効果があるようです。

2001年以降、NPOブックスタートによって、赤ちゃんに絵本をプレゼントする取り組みも始まり、生まれてすぐの赤ちゃんから読んであげるという人も多くなってきました。赤ちゃんが楽しんでくれるなら、0歳から読み始めてあげるのも良いですね。今まで全く子供に絵本を読んでこなかったパパ・ママも、もう遅いと嘆くことはありません。いつから読んでも、読み聞かせをする親の気持ちは子供の心に伝わるものですよ。

ファーストブックを手作りしてみませんか♡

布やフェルトの絵本なら汚れても洗うことができるし、お出かけの時にも荷物にサッと入れられるのでいいですね。材料は100均でそろえられるし、タオルなどおうちにあるものを利用してもいいですよね。

どう作ればいいのか...手芸は苦手...というママでも、手作りキットもあるので挑戦してみてください。

赤ちゃんのお世話で日々大変ですが、ちょっと息抜きしてママからの温かな贈り物を作ってあげてはいかがですか♡

いないいないばー

台紙も絵もフェルトでできます。この場合、左を綴じるので、見開きで置いた時の中央は1センチ以上開けておいてください!
ふぁーふぁーの森 布絵本の作り方

目や鼻はボタンでもかわいいですね。
次のページには、うさぎさん、ライオンさん、おさるさん、いぬさんなどなど いろんな動物をカラフルな色で増やしていきましょう。
パパやママ、赤ちゃんの顔でもほっこりしますね。

触るとカシャカシャと音がします

台紙の中にレジ袋を入れた音がでる絵本です。

台紙の中にレジ袋を入れた音がでる絵本です。

台紙の布の中にレジ袋を入れただけでガサガサ、カシャカシャと音がして赤ちゃんはとっても不思議。
綿を入れればモコモコの手触りにもなって赤ちゃんの手にも優しいですよね。
フェルトなどを使用してかわいい絵をつけて仕上げましょう。
30 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

yuma yuma

おすすめの記事

今注目の記事