2018年5月6日 更新

防災ずきんの作り方  カバー付きやバスタオル、座布団を使った簡易版も!

防災グッズの代表、防災ずきんを手作りするときの作り方を紹介。基本的な形のもの、小学校で用意するようなカバーつきのもの、バスタオルや座布団を使った簡易的なものなどを紹介。

1,453 view お気に入り 0

防災ずきんの用意していますか?

小学校などでは用意することもある防災ずきん。お家で用意している人は少ないのでは?確かに、小学校で使うようなものを常備しておくのはちょっと…と思う人も多いはずです。そこで、普段の生活では座布団として使える防災ずきんや、タオルで作る非常袋としての役割も果たす防災ずきん、学校でも使える防災ずきんカバーなどの作り方を集めました。

座布団で作る防災ずきん

100均で手に入る材料だけで簡単に作れるのが座布団を使った防災ずきん。普段は座布団として使うこともできるので、災害への備えとして作っておいても良いかもしれません。また、子どもでも簡単に作ることができるので、子どもと一緒に防災について考えるのにちょうどよい機会になるかも。

・材料・
100均の座布団 2枚
粘着タイプのマジックテープ 2セット

・作り方・
座布団のウラに写真のようにマジックテープを貼り、2枚の座布団をくっつけるだけで完成。
お好みで景光シールや紐などをつけて、アレンジもできます。

とっても簡単に出来ますし、普段はソファや椅子のクッション、座布団として使えるので置き場所にも困らないのがうれしいですね。

タオルで作る防災ずきん

タオルでつくる防災ずきんには非常時に必要な下着、軍手、ゴミ袋、マスクなどの防災グッズをしまうことが出来ます。防災バッグの役割も果たすタオルの防災ずきんを作ってみましょう。

・材料・
バスタオル 1枚 (子供用の場合は小さめのバスタオル)
フェイスタオル 2枚
刺繍糸
縫い針
風呂敷
安全ピン 3つ

・作り方・
1.バスタオル広げて、その上に2枚重ねたフェイスタオルを置く。
2.フェイスタオルの中心にはオムツなど大きめでクッション性のあるアイテムを置く。
3.2でおいたオムツの周りを手縫いして袋状にする。
4.3で作った袋部分に写真のようにほかのアイテムも入れていく。

5.フェイスタオルとバスタオルの長い辺を合わせて半分に折る。
6.今度は、短い辺を合わせて半分に折る。
7.口の開いている部分を安全ピンでとめる。
29 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

簡単手芸で大人も楽しい♪ フェルトのおもちゃを作ってみよう!

簡単手芸で大人も楽しい♪ フェルトのおもちゃを作ってみよう!

手芸の中でも割と簡単に始めやすいのがフェルトを使ったものです。小物づくりだけではなく、おもちゃを作るのにもピッタリです。そこで、フェルトで作るおもちゃのアイデアをご紹介します。
yokapon | 520 view
市販の焼き肉のタレの添加物は?自家製「無添加」焼き肉のタレの作り方

市販の焼き肉のタレの添加物は?自家製「無添加」焼き肉のタレの作り方

焼き肉のたれに含まれている添加物を気にしたことはありますか?実際に調べてみると、ちょっと不安になります。そこで、子どもにも安心して食べさせられるものは自家製の焼き肉のたれです!お家で作る無添加の焼肉のたれのレシピをご紹介します。
yokapon | 162 view
子どもの夏のおやつに♪ 「無添加」シャーベットの作り方

子どもの夏のおやつに♪ 「無添加」シャーベットの作り方

市販のおやつの添加物が気になるなら、手作りするのがおすすめ。夏場のおやつとして作ってみたい、人気の無添加シャーベットのレシピをご紹介します。
yokapon | 207 view
手作り「めんつゆ」で無添加を叶える♪ 意外と簡単!めんつゆの作り方

手作り「めんつゆ」で無添加を叶える♪ 意外と簡単!めんつゆの作り方

麺類だけではなく、料理の味付けにも大活躍のめんつゆ。市販のものには添加物が含まれているのを知っていましたか?そこで、安心してたべっれる、意外と簡単な無添加のめんつゆの作り方をご紹介します。
yokapon | 366 view
赤ちゃん向け♪ラップの芯で作るおもちゃアイデア集

赤ちゃん向け♪ラップの芯で作るおもちゃアイデア集

ラップの芯はおもちゃづくりにぴったりの材料。今回は0歳から2歳くらいまでの小さい子どものために作りたいおもちゃのアイデアを集めました。
yokapon | 7,546 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

yokapon yokapon

おすすめの記事

今注目の記事