2017年2月13日 更新

世の中には色んな子供がいます。障害を持って生まれてきた子もそうでない子もみんな違ってみんないい。

ひとりひとりみんな違う。その子に合った育て方があります。もし「普通じゃない!」何て言われても絶対に気にしないで。

537 view お気に入り 0

発達障害とは?

子供の発達障害

子供の発達障害

発達障害児支援の胆は早期療育です。このためこの時期はできるだけ早く診断と療育を受けられるようにするため、支援体制が最も充実しています。適切な社会資源を利用しながら、両親を始めとした周囲の大人が発達障害について理解を深めお子様のプラスの特性を伸ばしていくことが重要となります。
発達障害はいくつかのタイプに分類されており、自閉症、アスペルガー症候群、注意欠如・多動性障害(ADHD)、学習障害、チック障害などが含まれます。
これらは、生まれつき脳の一部の機能に障害があるという点が共通しています。同じ人に、いくつかのタイプの発達障害があることも珍しくなく、そのため、同じ障害がある人同士でもまったく似ていないように見えることがあります。個人差がとても大きいという点が、「発達障害」の特徴といえるかもしれません。
もう三歳になるのに言葉がでてこない、お話ししてくれない…など親としては心配になりますよね。 そんな時は1人で悩まないで担当の保健師さんに相談してみてはいかがでしょうか? きっと良いアドバイスをくれると思いますよ。 早期療育によってその子の持っている力を伸ばしてあげる事ができるようです。

発達障害の分類

自閉症とは?

自閉症とは、3歳位までに現れ、①他人との社会的関係の形成の困難さ、②言葉の発達の遅れ、③興味や関心が狭く特定のものにこだわることを特徴とする行動の障害であり、中枢神経系に何らかの要因による機能不全があると推定される。
見た目は普通の人と何にも変わらないけども上手くお話しする事ができない方が多いようです。 なので今は子供であれば障害ワッペンなど身につけている子も見られます。 そうする事で周囲からの理解を求めているそうです。
アスペルガー症候群とは?

知能は正常であるものの、生まれつき社会性の低下を認め、「相手の立場に立って考えられない」「場の雰囲気を読めない」「自然なコミュニケーションが行えない」といった症状を認め、それにより生活に様々な支障を来たしている方に対して付けられている概念です。
アスペルガー症候群は、知能や言葉の遅れが無い為に「少し変わった子」と思われてしまうことが多いようです。
その他の特徴に、興味をもったことに対してずば抜けた能力を発揮する事があります。
他の事が周りの子より劣る事があるかもしれないけれども、得意分野を伸ばし自信をつけてあげる事も大切だそうです。
ADHD(注意欠陥多動性障害)とは?

ADHD(Attention-Deficit/Hyperactivity Disorder = AD/HD)は、別名を注意欠陥多動性障害とも呼ばれ、不注意(集中力がない・気が散りやすい)、多動性(じっとしていられない・落ち着きがない)、衝動性 (順番を待てない・考える前に実行してしまう)の3つの要素がみられる障害のことです。
小さい子どもであればこれらの要素は誰にでも見られるものなので、周囲の人に障害として理解されづらく、ただの乱暴者や親のしつけができていない子などと誤解を受けてしまうケースが多々あります。
普通の子でもじっとしていられない・集中力がないなどありますから障害がある方でも周囲の人に理解されづらいと思います。 ですから皆さんにわかっていただける様にワッペンなどを付けてお知らせするなどわかって頂いた方が安心ですよね。 
学習障害(LD)とは?

学習障害は1999年に旧文部省により、「学習障害とは、基本的には全般的な知的発達に遅れはないが、聞く、話す、読む、書く、計算するまたは推論する能力のうち特定のものの修得と使用に著しい困難を示すさまざまな状態を指すものである。

学習障害は、その原因として中枢神経系に何らかの機能障害があると推定されるが、視覚障害、聴覚障害、知的障害、情緒障害などの障害や環境的な要因が直接の原因となるものではない」と定義付けられています。
LDとは知能に障害はなくて特定の能力以外は正常だそうです。 また障害に気づきにくいために努力不足と思われたりしていじめや不登校に繋がる事もあるようです。  従って適切な支援・周りの理解がとても必要になってくると思います。

障害がある人はどれくらいいるの? 原因は?

だいたい100人に6〜7人の人が「発達障害」の可能性があると言われています。
学校で、座っていられないような落ち着きのない子供がたまにいます。
席を勝手に離れて教室をうろつく生徒もいます。
一昔前は、「落ち着きのない子供」ということで判断されていましたが、現在では発達障害(ADHD)という、脳に障害がある病気なのかもしれないと疑います。
子供のころには症状が出るらしく、大人になっても続く人が三分の一はいるそうです。
では、子供達で発達障害(ADHD)と言われている子は、どれくらいいるのでしょうか?
統計によると日本では、子供達のおよそ5パーセントが発達障害(ADHD)だと言われています。
大人は、海外の統計で2パーセントから4パーセントという数字が出ています。
そして、なぜか女性よりも男性のほうが、ADHDになっている人が多いそうです。
これは、ADHDと診断された人の統計であり、病院でADHDと診断されなくても、実際に同じような症状を患っている方も多いと思います。
ですから、統計のパーセンテージより、実際は高いのかもしれませんね。

大人のADHDの場合、子供時代よりずっと大変になります。
仕事もしなければなりませんし、職場での人間関係も構築しなければならないので、ADHDの症状を上手く制御していかないと、社会生活が難しくなっています。
また、結婚して家庭に入った女性の場合、ADHDであっても、家事も子育ても人と同じようにこなさなければなりませんから、自分を自分でコントロールしていかなければならないところが難しいですね。
23 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ヘルプマークを知っていますか?東京都が取り組んだ助け合いのヘルプマークが全国へ広がっています!

ヘルプマークを知っていますか?東京都が取り組んだ助け合いのヘルプマークが全国へ広がっています!

外見からは分からない障害や病気をお持ちの方が、助けを必要としていることが周囲の人たちにわかるようするために持ち歩いているのがヘルプマークです。ヘルプマークの対象者や活用のされ方などをご紹介します。
yuma | 33 view
「野菜キライ」なんて言わせない!子どもの「キライ」を「好き」に変える魔法のメニュー♪

「野菜キライ」なんて言わせない!子どもの「キライ」を「好き」に変える魔法のメニュー♪

「うちの子、野菜キライで困っている…」 なんてママさんも多いのではないでしょうか。 これからの成長にも影響しかねない偏食をなんとか克服したいですよね? だったら、思い切ってお子さんの苦手野菜をふんだんに使ったメニューにチャレンジ! ここでは、野菜キライを克服できそうなメニューや、カモフラージュして自然と摂取できそうなメニューなど、さまざまなバリエーションをお届けしたいと思います。 ぜひ参考までに♪
トッシー | 485 view
ピーマン嫌いの子供でも食べられる!ピーマンを美味しく食べる簡単レシピ!

ピーマン嫌いの子供でも食べられる!ピーマンを美味しく食べる簡単レシピ!

ピーマンが嫌いな子供はたくさんいますよね。大人になっても克服できない人もいたり…でも、ここに集めた簡単レシピならピーマン嫌いでも美味しくいただけるはずです!
yokapon | 4,224 view
生後3週間の娘がRSウイルスにかかり緊急入院!子どもが感染しやすい病気をまとめました。

生後3週間の娘がRSウイルスにかかり緊急入院!子どもが感染しやすい病気をまとめました。

子どもが体調を崩すとホントに辛そう!親ならつい代わってあげたくなりますよね。乳幼児期に特に注意が必要な病気についてまとめました。
Raluka | 803 view
子供も安心♡市販の無添加お菓子のおすすめ5選!

子供も安心♡市販の無添加お菓子のおすすめ5選!

子供に食べさせるときは、無添加の方が安心ですよね。手作りをしてあげたくても忙しくなかなかできないときは、市販されている無添加お菓子が便利ですよね。市販の無添加お菓子のおすすめ商品をまとめました。お子さんのおやつタイムいかがでしょうか。
peeek0 | 15,302 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

tomonkey tomonkey

おすすめの記事

今注目の記事