2018年2月20日 更新

避難生活のために覚えておこう!炊飯器がないときのご飯の炊き方

大地震などの災害で電気、ガス、水道などのライフラインが止まった時でも、あたたかい食事を用意したいですね。ポリ袋に入れて煮る方法や鍋で炊く方法など、炊飯器がなくてもできるご飯の炊き方を紹介します。

2,170 view お気に入り 0

あなたは炊飯器以外でご飯がたけますか?

火で炊くコンロでごはん生活 | 白ごはんにチャレンジ | ホーロー鍋

「自動炊飯器ではなく、鍋とカセットコンロでご飯を炊くことができますか」という質問に対して「はい」と答えた人は50代で33%、年齢とともに少なくなり、20代ではわずか12%でした。これでは災害時にご飯を炊くことは相当難しいと推察されます。
NHK そなえる 防災|コラム|災害時の炊き出し準備はできていますか?

炊飯器なしでご飯を炊くのは難しそうですが、実は簡単に炊ける方法がいくつかあるのです!

まずは米と水の量の割合を覚えよう

米1合を炊飯するための水の量・水加減 - クックパッド料理の基本

米のかさに対して1.1~1.2倍の水を用意します。
1.1倍で炊くときは1合の米に対して、200mlの水を用意し、
米3合の場合は200mlの水3杯となります。
重量の場合は、米の重さに対して1.3~1.4倍の水を用意します。

大量に炊くなら「湯炊き法」

なぜ普通と違う炊き方(湯炊き)をする?
①大量のご飯をムラなく炊きたい時
②短時間で炊きたい時
③酢飯を炊く時
短時間でごはんを炊く方法

短時間でごはんを炊く方法

材料 (2.5合分)
お米2.5合
水500cc
(お米1合に対して)(水200cc)

短時間でごはんを炊く方法 by unimogu 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが282万品

短時間でごはんを炊く方法 by unimogu 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが282万品
「短時間でごはんを炊く方法」まさかのお湯でごはんを炊きます。「湯炊き」と言う調理法です。お米を研ぐ時間も含め30分以内!芯も残らず美味しく炊けます。 材料:お米、水、(お米1合に対して)..

制限された環境ならビニール袋でご飯を炊く方法で

災害時などでの調理には、普段と異なる調理方法が必要となる場合がある。非常食の備蓄が充分でない場合、通常備蓄(買い置き)の米などを、制限された状況(電気炊飯器が使用できない、飲料水が充分に無い、など)の中で調理する方法
防災スタイル:ビニール袋でご飯を炊く方法 |

26 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

避難生活のために食料の用意を!おすすめ備蓄食料まとめ

避難生活のために食料の用意を!おすすめ備蓄食料まとめ

電気、ガス、水道といったライフラインがとまるような大災害が起きたとき、公的な支援が届くまでには数日かかると言われています。いざというときに備えて、食料の備蓄をしておきましょう!
cobachi | 1,701 view
いざというとき役立つ!ポリ袋に入れて調理する「パッククッキング」レシピ

いざというとき役立つ!ポリ袋に入れて調理する「パッククッキング」レシピ

ポリ袋とお湯があれば簡単に調理ができ、洗い物も少ないパッククッキング。非常時に大活躍してくれるパッククッキングのレシピを集めてみました。
ヨーダ | 6,869 view
災害時に役立つ!ポリ袋レシピ&備蓄の缶詰やパスタを使ったレシピまとめ

災害時に役立つ!ポリ袋レシピ&備蓄の缶詰やパスタを使ったレシピまとめ

電気、ガス、水道などライフラインが使えなくなることが想定される災害時に役立つ、水やガスを節約できるレシピや、非常食として備蓄している缶詰やパスタを使ったレシピをまとめました!災害に備えて用意しておきたい調理グッズや食品もご紹介します。
cobachi | 12,537 view
災害時にも活躍! 簡易コンロの作り方いろいろ

災害時にも活躍! 簡易コンロの作り方いろいろ

地震などの災害で電気やガスが止まってしまうと、火を使った調理もできなくなってしまいますよね。カセットコンロの備えがあっても、ガスがなくなってしまえばそれでおしまいです。そこで知っておきたいのが手作りの簡易コンロの作り方です。いろいろな材料、大きさでできる簡易コンロの作り方をご紹介します。
yokapon | 14 view
災害時の備えに液体はみがきがおすすめな理由

災害時の備えに液体はみがきがおすすめな理由

災害時の備えとして防災グッズを準備するとき、ぜひ忘れないでほしいのが歯ブラシなどのオーラルケアグッズです。おすすめは水が少なくても歯が磨ける液体ハミガキ。そのほか、災害時のオーラルケアグッズをご紹介します!
cobachi | 154 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ヨーダ ヨーダ

おすすめの記事

今注目の記事