2018年1月6日 更新

冬到来!!室内で洗濯物を早く乾かすにはどうすればいい?

寒くなってくると洗濯物が乾きにくくなってきますよね。 でもいくつかのポイントを押さえるだけで、洗濯物を乾かす時間を短縮できるんです。 そのポイントをご紹介しますので、ご自分にあった方法を実践してみてはいかがでしょうか。

262 view お気に入り 0
パーカーのフードが重なった部分やTシャツの袖と身頃の重なった部分など、そこだけが乾いていないということってよくありますよね。

干し方をひと工夫するだけで早く乾くようになります。
パーカーの干し方 その1

パーカーの干し方 その1

干す場所に余裕があるときはコチラ。

これなら脇の下もフードの部分も重なるところがないので早く乾きます。
パーカーの干し方 その2

パーカーの干し方 その2

普通に干すならこちらを参考に。

針金ハンガーをこんな形に折り曲げてパーカーのフードに差し込みます。
洗濯物はこうやって干せ!基本の干し方テクまとめ/パパのためのお洗濯ガイド | 宅配クリーニングのリネット

ハンガーの間をなるべく広げるようにすればベスト。

ハンガーを2本使って風の通り道を作ってあげることも大事です。
フードと背中部分の重なる所が少なくなるようにすると早く乾きます。
ジーンズ・ズボンの干し方

ジーンズ・ズボンの干し方

厚手のズボンやジーンズはポケットが乾きにくいですね。
そこで、こんな風に裏返して筒状に干してみましょう。
裏返すことでポケット部分だけが乾かないという悩みから解放されます。

ハンガーを使う場合は2本のハンガーに洗濯ばさみをそれぞれ3~4個ずつ使い、2本のハンガーをなるべく離すようにして干すといいでしょう。
バスタオルの干し方 その1

バスタオルの干し方 その1

バスタオルは乾きにくい洗濯物の一つ。
重なっている部分をなるべく少なくするためには、ずらして干すのがポイントです。
バスタオルの干し方 その2

バスタオルの干し方 その2

ピンチハンガーを使う場合は、ジャバラ干しがおすすめです。

3.アーチ干しで空気の通り道を確保!

部屋干しをスピード乾燥!角ハンガーを使った「アーチ干し」のすすめ | Lidea(リディア)

ピンチハンガーを使うなら、アーチ干しがオススメです。

アーチ干しとは外側に長いものを、内側に短いものを干す方法です。

私もこの方法を実践していますが、以前に比べると早く乾き終わると実感しています。
アーチ干しが早く乾く理由としては、以下のことが考えられています。
1. 両端の長めの衣類に風が当たりやすい
2. 洗濯物の水分蒸発がしやすい配置であること
3. アーチ下部に大きな空間があるため、風が通りやすい
4. 煙突効果
洗濯物は上側から徐々に乾いてくるため、中央部の短いものが比較的早く乾くようです。

途中で乾き具合をみる余裕がある場合は、洗濯物の上下をひっくり返してあげるとより一層早く乾きます。
明日から実践できそうなことはありましたか?
この中で、ご自分にあった方法を実践してみてくださいね。

ポリラップ® | 宇部フィルム株式会社

ポリラップ® | 宇部フィルム株式会社
29 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

どうする?梅雨のお洗濯…グッズとアイディアを活用して部屋干しのストレスを解消しよう!

どうする?梅雨のお洗濯…グッズとアイディアを活用して部屋干しのストレスを解消しよう!

雨で外に干せないのに洗濯物の量はいつもと変わらないし!部屋干しのにおいも気になるし! そんな梅雨時のストレスを減らすアイディアをまとめました。
Raluka | 635 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

miny miny

おすすめの記事

今注目の記事