2017年8月27日 更新

暑~い季節、食中毒は大丈夫?傷みにくいお弁当作りのコツ

暑い日が続く中、傷みにくいお弁当作りに頭を悩ませている人も多いのではないでしょうか。お弁当を傷みにくくし、食中毒の対策にもなる、衛生的なお弁当作りのコツをまとめました!

142 view お気に入り 0

食中毒予防の基本は「つけない」「増やさない」「やっつける」

少しの手間でお弁当の食中毒を予防する方法。夏以外も要注意! | 女性の美学

食中毒対策の大三原則は「付けない・増やさない・除菌滅菌」です。

「つけない」コツ

|調理前はもちろんこまめに手を洗う

料理の前は必ず手を洗いましょう|ぱくたそフリー写真素材

調理の前はもちろん、調理中に生の肉・魚介類・卵をさわった後や、食事の前には、必ず手を洗いましょう。また、トイレに行ったり、ゴミ箱にさわったり、おむつ交換したり、ペットにふれた後には、忘れずに手を洗いましょう。

|お弁当箱はきちんと洗い、除菌しておく

プラスチックのベタつく油汚れもナノ洗いで!|ナノ洗い研究所|食器用洗剤 Magica(マジカ)

極端な話、お弁当に菌がいなければ食中毒は起こりません。そのため、お弁当箱はしっかり殺菌しておくことが大切です。

殺菌の方法として一番良いとされているのは、一度食器用洗剤で洗った後、熱湯にかけて菌を死滅させること。

しかし、お弁当箱によっては熱湯に耐えられない素材のものもあるので、その場合は塩素系の漂白剤の中に漬けておくと殺菌できます。
お弁当箱を洗う時は、分解して隅々までキレイに洗いましょうね。特に蓋のゴムパッキン部分は汚れがたまりやすいので、注意ですよ。

|調理用具にも菌が残らないよう注意!

STOP食中毒! 夏場でも傷みにくいお弁当作りのコツ | パピマミ

ふきんは洗って乾かした清潔なものを使う。
 包丁は柄まで洗う。
 食器洗いスポンジは毎週交換する。
 まないたは毎日消毒。肉・魚と野菜は違う面を使う。
 先に野菜を切り、肉・魚はあとから切る。

|食材を素手で触らない

39 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

お弁当を手軽に衛生的にかわいく作るアイテム

お弁当を手軽に衛生的にかわいく作るアイテム

かわいいお弁当、キャラ弁やデコ弁。でも、必要以上に食材を触ることで不衛生だという声も少なくありません・・・・。 そんな衛生面で不安がある方におすすめ!食材を包んだり、お弁当に入れるだけでかわいいお弁当を作れるアイテムを紹介します。 お子さんのために、かわいいお弁当を手軽にぜひ作ってみてください!!
まー | 633 view
夏はやっぱりそうめん!飽きずに食べられるそうめんのアレンジレシピ集

夏はやっぱりそうめん!飽きずに食べられるそうめんのアレンジレシピ集

夏のランチの定番と言えばそうめんですね。でもいつも同じ味で飽きてしまったり、たくさんいただいて余らせてしまうことも…。そんな時は、いつもと少し違う味にリメイク・アレンジしてみましょう♪パスタ風からがっつり系まで、そうめんのアレンジレシピをまとめました。
cobachi | 500 view
食中毒を防ぐには菌を「つけない」、「増やさない」。傷みにくいお弁当作りのコツ

食中毒を防ぐには菌を「つけない」、「増やさない」。傷みにくいお弁当作りのコツ

高温多湿になる梅雨から夏場はお弁当も傷みやすくなります。あなたはお弁当の食中毒対策していますか?お弁当の傷みや食中毒を防ぐには菌を「つけない」、「増やさない」ことが大切です。傷みにくいお弁当を作るコツを押さえて食中毒を防ぎましょう!
cobachi | 363 view
ココナッツオイルを手軽に摂れる♪ココナツオイルを使った簡単レシピ

ココナッツオイルを手軽に摂れる♪ココナツオイルを使った簡単レシピ

ダイエットや美容の話題に敏感な人なら、一度は試したことがあるココナッツオイル。トーストやコーヒーに使うのが有名ですが、それでも余らせてしまいがち…。そこで、ココナッツオイルを使ったスウィーツからおかずまでの簡単レシピをまとめました♪
cobachi | 228 view
レンチンで簡単!野菜たっぷりがうれしい「常備菜」の人気レシピ

レンチンで簡単!野菜たっぷりがうれしい「常備菜」の人気レシピ

毎日の食事やお弁当の用意が楽になる!と大人気の「常備菜」。とくに短時間で簡単に作れるものを覚えておくと、便利です♪ そこでお鍋やフライパンを使わず、レンジ調理だけで作れる野菜の常備菜のレシピをまとめました!気になる保存期間や保存容器もチェックしましょう。
cobachi | 343 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

cobachi cobachi

おすすめの記事

今注目の記事