2018年5月1日 更新

季節の節句をもっと楽しむ♪ こどもの日の祝い方をおさらい!

こどもの日といえば何を思い浮かべますか?こいのぼりや鎧兜などに加え、ちまきや柏餅などの食べ物もありますよね。そこで縁起のいい食べ物だけでなく、こどもの日の由来やお祝いの方法などをご紹介します。

54 view お気に入り 0

こどもの日とは?

こどもの日は端午の節句としても知られていますよね。これは午(うま)の月の最初という意味で、元々は5月最初の午の日が端午の節句とされていましたが、読み方が同じ数字の5とあわせて、5月5日が現在の端午の節句となったのです。

こどもの日=男の子の日?

端午の節句はもともと古代中国発祥の行事。雨季を迎えるこの時期に、菖蒲やヨモギを使って病気や災厄をお祓いをしていました。

鎌倉時代から江戸時代にかけて武士の力が強かった時代には、「菖蒲」の読み方が「勝負」や武を重んじるという意味の「尚武」と同じであり、菖蒲の葉の形が剣に似ていることから兜に菖蒲を飾るようになり、男の子のおまつりとして知られるようになったのです。その後、昭和23年には性別に関係なくこどもの幸せを願う「こどもの日」になりました。

こどもの日の飾りといえば?

こどもの日には鯉のぼり、五月人形、兜などを飾るご家庭も多いですよね。これらにはどんな意味があるのでしょうか?

こいのぼりの由来

鯉のぼりには立身出世の願いが込められています。古代中国の故事には、滝を登ったできる鯉が龍に変わって天に登っていくという話があり、これをもとに日本では江戸時代に鯉のぼりをあげるというアイデアが生まれました。

最近ではベランダ用のこいのぼりだけではなく、インテリア用もありますし、工作で子供と一緒にこいのぼりを作るなど、さまざまなお祝いの仕方がありますよね。

五月人形の由来

五月人形は武者人形をも呼ばれています。有名な武者を模して作られているので、人形がこどもの代わりに厄を受けてくれると信じられています。また、男の子が武者のように勇ましく育つようにという願いも込められています。
34 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

手作りなら安心して食べられる!意外と簡単♪【かしわ餅の作り方】

手作りなら安心して食べられる!意外と簡単♪【かしわ餅の作り方】

端午の節句に欠かせないかしわ餅。市販のお菓子は添加物が気になる…それなら手作りのかしわ餅はいかがですか?意外と簡単に作れて、安心して食べられる♪ 無添加の素朴な味わいもうれしいポイント。手作りかしわ餅の作り方をまとめました♪
cobachi | 746 view
端午の節句に作りたい♪こいのぼりデコのお寿司やデザート

端午の節句に作りたい♪こいのぼりデコのお寿司やデザート

5月5日は男の子の健やかな成長を願う端午の節句。お祝いのごちそうにお悩みなら、こいのぼりデコのお料理はいかがですか?見た目にも可愛いお寿司やデザートで、端午の節句を子どもと一緒に楽しみましょう♪
cobachi | 1,241 view
かぶとやこいのぼりを手作り♪ 簡単工作で端午の節句を楽しもう!

かぶとやこいのぼりを手作り♪ 簡単工作で端午の節句を楽しもう!

子どもの健やかな成長を願う端午の節句=こどもの日と言えば、こいのぼりやかぶとが思い浮かびますね。子どもと一緒に作れる簡単なこどもの日にちなんだ工作を集めました♪ お子さんと一緒に季節の行事を楽しみましょう!
cobachi | 11,041 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

yokapon yokapon

おすすめの記事

今注目の記事