2020年7月11日 更新

夏に災害が起こったら? 熱中症、暑さ、水害などに備える防災グッズ

震災は季節を問わず、突然にやって来ます。夏場に避難所生活をする場合、気になるのは暑さと衛生面です。他人に不快な思いをさせてしまうのは避けたいですよね。また、夏は風水害も頻繁に起こります。こちらでは、特に夏に揃えておきたい防災グッズを紹介します。

3,025 view お気に入り 0

まずは熱中症対策

夏と言えばやはり熱中症に気を付けなければなりません。

すべての避難所に、エアコンがあるとは限りません。学校の体育館などには、ない場合が多いです。

1.何はともあれ水

夏に必要な備蓄用品としてまず思い浮かぶのが水です。

夏の水分不足は生死を決めかねません。
避難生活になると水不足は深刻になります。飲料水だけではなくトイレなどに使う水も必要になるからです。
気温のせいもあり熱中症にもなりやすいので水の確保は重要な課題となります。

特に赤ちゃん、お子さん、高齢者がいる家庭では多めに準備しておきましょう。
夏はどうしても水分を多く取らなくてはいけません。脱水症状に陥らないためにも、夏には、他のシーズンよりも多く常備しておくのが良さそうです。

2.経口補水液

体の中に浸透しやすい成分で出来ているので、いざという時、本当に役に立ちます。
熱があるときなどにも飲むといいので、普段から常備しておくといいですね。

食塩とブドウ糖を混合し、水に溶かしたものである。これを飲用する事で小腸において水分の吸収が行われるため、主に下痢、嘔吐、発熱等による脱水症状の治療に用いられる。
震災時は、多くの人が車の中で生活をして、エコノミー症候群になっています。
同じ姿勢でずっといることが原因なのはよく知られていますが、体が脱水状態というのも原因の一つだと言われています。

3.帽子

58 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

夏に災害が起きたら?暑さ対策や水害対策など、夏に見直しておきたい災害の備え

夏に災害が起きたら?暑さ対策や水害対策など、夏に見直しておきたい災害の備え

もしも夏に災害が起きてライフラインが絶たれたら、と思うと不安な人は多いと思います。夏の断水や停電は、熱中症などのリスクが高くなる危険がありますよね。そういった時、どのような対策をとっておいた方がいいのでしょうか?今回は夏の災害に備えたい、災害対策について紹介します。
macpork08 | 6,086 view
夏に災害が起きたら? 暑さ対策や水害対策など、夏に見直しておきたい災害の備え

夏に災害が起きたら? 暑さ対策や水害対策など、夏に見直しておきたい災害の備え

夏に災害が起きた場合どのようなことに気をつけなければいけないのでしょうか。暑さ対策や熱中症対策、水害対策のポイントやあると便利なグッズをご紹介します。
yokapon | 22,203 view
突然発生する竜巻から身を守るために、知識を備えておこう!

突然発生する竜巻から身を守るために、知識を備えておこう!

竜巻はなんとなく外国で多いイメージがあり、「日本ではあまり起こらない」と思っていませんか?しかし意外と感じるかもしれませんが、日本では夏から秋にかけ、平均すると1週間に1回は起きている身近な災害なのです。こちらの記事では、竜巻についてお伝えします。
ruru | 118 view
風水害が起きる前に要チェック! 大雨や台風に備えるために家庭でできること

風水害が起きる前に要チェック! 大雨や台風に備えるために家庭でできること

初夏から秋にかけては、台風や前線の影響で、大雨、洪水、暴風、高潮による自然災害が発生しやすい季節です。突然起こる地震に比べ、台風や大雨、洪水は、気象情報などである程度の予測が可能です。事前に備えるべきこと、そしてその時の行動など、改めて確認しておきましょう。
ruru | 159 view
台風シーズン到来!台風に備えるには何をすればよいのでしょう

台風シーズン到来!台風に備えるには何をすればよいのでしょう

初夏から秋にかけては、台風はもちろん、大雨、洪水、ゲリラ豪雨などの自然災害が発生しやすい季節になっています。被害を出来るだけ少なくするためにも、普段から備えておくと安心ですよね。それでは具体的に何をしたらよいのでしょうか?
ruru | 900 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ruru ruru

おすすめの記事

今注目の記事