2020年7月11日 更新

夏に災害が起こったら? 熱中症、暑さ、水害などに備える防災グッズ

震災は季節を問わず、突然にやって来ます。夏場に避難所生活をする場合、気になるのは暑さと衛生面です。他人に不快な思いをさせてしまうのは避けたいですよね。また、夏は風水害も頻繁に起こります。こちらでは、特に夏に揃えておきたい防災グッズを紹介します。

3,211 view お気に入り 0

8.冷却シート

夏は暑いから冷却シートを使うのも手ですが、熱中症になったり、子供が体調を崩して熱を出したという時にも重宝します。

冬はカイロ、夏は冷却シートで暑さ寒さをしのげます。

9.飴

夏の脱水症状には塩飴も効果的です。

10.汗ふきシート

制汗効果のあるボディペーパーは、汗ばむ季節には便利なアイテムですね。じつは、このボディペーパーは災害時にも活躍します。

「デオドラントシート」とも言いますね。厚手のウエットティッシュのような感じで、体を拭くことで汗によるベタベタやニオイを拭き取れるシートです。シャワーが浴びられないときにも役立つので、女性でも男性でも携帯している方は多いのではないでしょうか?
ライフラインが止まってしまい、断水が長引くと入浴が難しくなります。そんな、避難所で入浴がままならない間にも体を清潔な状態に保つことができます。

夏に多い風水害に対する備え

台風や水害などは、地震と違い事前に情報をキャッチできる場合が多いです。

ですので、準備できることが多いのです。

台風、集中豪雨や大雨による災害から身を守るために、日頃の備えは万全でしょうか?
以下は、気象庁が紹介している災害への備えです。皆さんも、もう一度確認し災害に備えましょう。
58 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

夏に災害が起きたら?暑さ対策や水害対策など、夏に見直しておきたい災害の備え

夏に災害が起きたら?暑さ対策や水害対策など、夏に見直しておきたい災害の備え

もしも夏に災害が起きてライフラインが絶たれたら、と思うと不安な人は多いと思います。夏の断水や停電は、熱中症などのリスクが高くなる危険がありますよね。そういった時、どのような対策をとっておいた方がいいのでしょうか?今回は夏の災害に備えたい、災害対策について紹介します。
macpork08 | 6,255 view
夏に災害が起きたら? 暑さ対策や水害対策など、夏に見直しておきたい災害の備え

夏に災害が起きたら? 暑さ対策や水害対策など、夏に見直しておきたい災害の備え

夏に災害が起きた場合どのようなことに気をつけなければいけないのでしょうか。暑さ対策や熱中症対策、水害対策のポイントやあると便利なグッズをご紹介します。
yokapon | 22,556 view
もし道路が川のようになったら、どうする!? 冠水時の歩き方を知っておこう!

もし道路が川のようになったら、どうする!? 冠水時の歩き方を知っておこう!

我が国では、台風や集中豪雨などによって、毎年のように水害が発生しています。もし自宅が冠水し、道路が川のようになってしまったらどのような対策を取るべきなのでしょうか?いざそうなってから慌てないよう、事前にこちらの記事を読んでみることをお勧めします。
ruru | 72 view
突然発生する竜巻から身を守るために、知識を備えておこう!

突然発生する竜巻から身を守るために、知識を備えておこう!

竜巻はなんとなく外国で多いイメージがあり、「日本ではあまり起こらない」と思っていませんか?しかし意外と感じるかもしれませんが、日本では夏から秋にかけ、平均すると1週間に1回は起きている身近な災害なのです。こちらの記事では、竜巻についてお伝えします。
ruru | 183 view
風水害が起きる前に要チェック! 大雨や台風に備えるために家庭でできること

風水害が起きる前に要チェック! 大雨や台風に備えるために家庭でできること

初夏から秋にかけては、台風や前線の影響で、大雨、洪水、暴風、高潮による自然災害が発生しやすい季節です。突然起こる地震に比べ、台風や大雨、洪水は、気象情報などである程度の予測が可能です。事前に備えるべきこと、そしてその時の行動など、改めて確認しておきましょう。
ruru | 226 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ruru ruru

おすすめの記事

今注目の記事