2022年9月18日 更新

華やかな輝きに気分も弾む♪ オレンジ色の宝石

明るく華やかなイメージのオレンジ。オレンジカラーの宝石を身に着ければ気持ちも弾み、元気になりそう。こちらの記事では、オレンジ色の代表的な宝石をお届けします。

54 view お気に入り 0
見るもの全てを魅了するきらめきを放つ宝石は、性別や世代を問わず、世界中で愛されています。

ネックレスやリング、ブレスレットなどのアクセサリーとしてはもちろん、パワーストーンとしてその効力にあやかることができる宝石は使い道も好みも様々。

オレンジの心理効果には食欲促進、エネルギッシュや解放感などもあり、多くの人々に親しまれています。

全体的に明るい印象や、金運向上に関する石言葉をもつものが多いので、持っているだけで明るい気分になりますね。

そのため、気分が沈みがちな時や、お金持ちになりたいと思われている方にはアクセサリーとしておすすめの宝石群です。

それではこれより、オレンジ色の宝石をご紹介していきます。

オレンジダイヤモンド

ダイヤモンドと聞けば無色透明の宝石が一般的です。

しかし、ダイヤモンドという宝石は、豊富なカラーバリエーションを持っていて、特に近年ではカラーダイヤモンドの人気が急上昇していると言われています。
特に、オレンジ色のダイヤモンドは、カラーダイヤの中でも非常に希少価値が高いと言われているんです。
濃厚で鮮やかな輝きを放つオレンジダイヤモンドは、見つめているだけで元気が湧き出てくるような気がします。

インペリアルトパーズ

「シェリーカラー」と表現されるだけあり、シェリー酒を彷彿とさせる美しくも絶妙な色合いを持つインペリアルトパーズは、多彩なカラーバリエーションを持つトパーズの中でも最も美しいものと位置づけられています。
濁りが無くて透明度も高く、格別な美しさ。

インペリアルトパーズは、その名前も圧倒的。
「皇帝の」とか「最高峰の」という意味が込められているそうですよ。

スペサルティンガーネット(マンダリンガーネット)

ガーネットというと一般的に多く出回っているレッドや最近人気のあるグリーンのものを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

しかし実際は多くの種類が存在し、オレンジやイエローなど色も様々ある、とても奥が深い宝石です。
40 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ruru ruru

おすすめの記事

今注目の記事