2021年3月23日 更新

無添加で家中ピカピカ♪ 【重曹】の使い方

重曹は、年中使える人や環境にやさしい、ナチュラルクリーニングの代表としてよく知られています。そもそも重曹とは何なのでしょうか?また、掃除においての使い方をご紹介します。

77 view お気に入り 0

重曹とは?

別名「ベーキングソーダ」とも言い、成分は「炭酸水素ナトリウム」のことです。

重曹はふくらし粉やコンニャクの凝固剤、胃薬の成分として昔から重宝されてきました。

お菓子を膨らませるのに使うベーキングパウダーには重曹が入っています。

最近はタンサン(重曹)の安全性や効果が注目され「食」としてではなく、色々な場面で活用されるようになりました。

ナチュラルクリーニングに於いてもよく役に立ちます。

重曹の特徴

◆弱いアルカリ性で、酸を中和する作用があります。

◆人体に無害な物質
膨らし粉(ベーキングパウダー)の主成分です。

◆結晶が丸く粒子が細かいため、研磨作用があります。

◆消臭作用・吸湿作用があります。

◆発泡・膨張作用があります。

食用と掃除用の重曹の違いとは?

ドラッグストアなどでは、食用と掃除用2種類の重曹が売っていることがあります。

何が違うかというと、主成分は同じですが純度で分かれています。
分類の基準は「純度」によるもので、食用は98〜99%、工業用は95〜98%というのが一般的。

なお医療用は100%です。
純度が低いということはその分不純物が多いことを意味しています。

食用を掃除に使う分には問題ありませんが、掃除用は食用を想定して作られてはいません。
ペットや小さな子どもが舐めてしまうおそれもあるため、食用には食用の重曹を使いましょう。

重曹の効果

重曹は弱アルカリ性の性質を持つので、酸性のものを中和する働きがあり、油汚れや手垢、焦げ付きなどといった汚れを落とすのに非常に高い効果があります。

また、酸性のものがもつ臭いを吸着する働きもあり、臭いの元に直接ふりかけるだけで消臭剤としても使うことができます。

さらに、重曹には研磨効果もあります。重曹は柔らかすぎず固すぎない絶妙な硬度なので、クレンザーを使ってこすると傷がついてしまう素材でも傷をつけずに汚れを落とすことができます。

掃除に重曹を使ってみよう!

重曹の使い道で、まず思い浮かぶのは「お掃除」ではないでしょうか。

重曹は弱アルカリ性なので酸性の汚れにぴったり!
キッチン周りの油汚れや、手垢なども酸性の汚れに入ります。
54 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

無添加で家中ピカピカ♪【クエン酸】の使い方

無添加で家中ピカピカ♪【クエン酸】の使い方

石油由来の合成洗剤や香料を使わない、無添加の洗剤クエン酸。クエン酸は、安く手に入って安全な掃除アイテムです。水に溶かすと使いやすくなりますので、クエン酸水を作ってお掃除に大活躍させてくださいね!
ruru | 66 view
爽やかな香りでおうちも気分もすっきり!万能に使えるハッカ油の活用法

爽やかな香りでおうちも気分もすっきり!万能に使えるハッカ油の活用法

皆さんは、ハッカ油を活用したことがありますか?爽やかな香りが特徴のハッカ油には、びっくりするほどさまざまな活用法があり、家に一つ置いておくととても便利なんですよ。今回は、ハッカ油はどのように暮らしの中で使われるのか、おすすめのハッカ油は?などを見ていきましょう。
ruru | 1,055 view
これ一つで家中ピカピカ!100均の「多目的クレンザー」の実力

これ一つで家中ピカピカ!100均の「多目的クレンザー」の実力

お掃除に「使える!」と話題の100均「多目的クレンザー」。どの100円ショップで買えるのかやお鍋、キッチンシンク、IHコンロ、お風呂の鏡や浴槽など、場所別に「多目的クレンザー」の活用方法をご紹介します♪
yokapon | 159,410 view
これ一本で家中ピカピカ♪ 話題の「ウタマロクリーナー」活用術

これ一本で家中ピカピカ♪ 話題の「ウタマロクリーナー」活用術

お掃除で使う洗剤で今大注目なのが「ウタマロクリーナー」!手肌にも優しいのに、これ一本で家中お掃除できちゃうほどの実力派クリーナーなんです。そのウタマロクリーナーの使い方をキッチン、お風呂、リビングなど場所別にご紹介します。
yokapon | 6,468 view
使い終わってもすぐに捨てないで!ラップを賢く再利用する方法

使い終わってもすぐに捨てないで!ラップを賢く再利用する方法

一度しか使っていないラップは、捨てるのがもったいないと感じるときはありませんか?かといって、また再度食品にかけたり包んだりするのは衛生的にNGです。そんな時、掃除などに再利用する術があるんですよ。どうぞご覧下さい。
ruru | 42 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ruru ruru

おすすめの記事

今注目の記事