2023年8月8日 更新

イライラしない!夏休みの過ごし方のアイデア5選

夏休みは1日中子どもがいるので、家族で楽しめる反面、大変なことも多いですよね。ついついイライラしてしまうことも。この記事では、小学生2人を育てている経験と、周りのママたちから聞いたことなどをもとに、イライラしない過ごし方のアイデアを5つ紹介します。ぜひ試してみてくださいね。

170 view お気に入り 0
夏のアイテムいろいろ(山川編)イラスト - No: 473963/無料イラスト/フリー素材なら「イラストAC」 (127360)

①スケジュールを見える化しましょう

8月のカレンダー - No: 27102986|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (127362)

夏休み中に出かける予定などは、家族全員が分かるようにカレンダーなどに書いて共有しましょう。「今日何するの?」と毎日のように聞かれたり、予定があったのに子どもにダラダラされたりしてしまうと、ついイライラしてしまいます。

予定を書いておけば、子どもも見通しをもって過ごせるようになります。「今日は〇〇の予定があるから先に宿題をしておくといいね」など、カレンダーを見ながら声をかけると、より子どもに見通しをもって過ごす力がつきそうです。
お互いがイライラせず、見通しをもって過ごすためにはスケジュールを共有しましょう。

②お昼ご飯は献立&リクエストメニューで固定しましょう

オリジナル献立表

オリジナル献立表

<オリジナル献立表の作り方>」
①曜日ごとに「ごはん」「めん」などの日を決める
②空欄には、子どものリクエストを書いておく
 例えば、「ごはん」なら「チャーハン」「オムライス」など
③おみせの欄は「レトルト」「冷食」なども入れるのが楽ちん!
夏休みの強敵といえば「お昼ご飯」ですよね。朝ごはんが終わったかと思うともうお昼ご飯…なんてげんなりすることはありませんか?「今日は何にしようか」と悩むことも多いですよね。

そんな時には、「オリジナル献立表」がおすすめです。曜日ごとに大まかな「ごはん」「パン」などの枠を作っておき、細かいメニューは子どものリクエストで作ると楽しいですよ。細かいメニューはあらかじめ子どもから決めてもらっておき、そこから選ぶようにすると、考えなくてもいいので楽ちんです!週に1度は冷食やレトルトなどの日を作っておくと、気持ち的にも余裕がもてますよ。

③1日の予定は大まかに決めましょう

 (127368)

学校で配布されることの多い予定表。
子どもは1時間ごとに細かくスケジュールを組みますが、この通りになったためしはほぼありません…。
夏休みの過ごし方は、大まかに決めておくことがおすすめです。

夏休み前に「夏休みの予定表」を事前に考えるという宿題がある学校もあるのではないでしょうか。我が家の子どもたちも宿題でスケジュールを組みましたが、その通りに過ごせたためしはありません。

予定の通りに過ごそうと思うと、「9時だから運動だよ」「5時だからおふろだよ」と細かく注意しなければならず、イライラが貯まってしまいます。過ごし方はあくまでもモデルケースくらいにとらえておいた方がお互い気持ちよく過ごせます。

かといって、ダラダラ過ごしてはいけないので、大まかな予定だけで決めておきましょう。例えば、次のようなものだけを決めて、カレンダーの横に書いておくなどしておけばダラダラしすぎないと思います。

・朝起きるのは6時
・宿題は9時までにやる
・ゲームは宿題の後
・9時半までに寝る

最低限守ってほしいところを決めておくことで、親も子どもも負担が少なく過ごせますよ。

④メディアやお楽しみは平日の2倍にしましょう

丸顔くんゲームセットイラスト - No: 2004776/無料イラスト/フリー素材なら「イラストAC」 (127371)

ゲームやYoutubeなどのメディアの時間は、平日の2倍で設定するのがおすすめです。暑い夏は、なかなか外で遊ぶこともできません。家の中で遊ぶことも限られてきてしまうので、メディアの時間も増やしてあげてもいいのではないでしょうか。

我が家は平日は1時間と決めていますが、夏休みは2時間にしています。ただし、30分ごとに休憩をとるようにし、目が疲れないようにと声をかけています。

また、夏休みはDVDなどを借りて、家族で映画観賞会などもいいですよね。使いすぎは心配になってしまうメディアですが、上手に付き合っていきましょう。

⑤環境を整えましょう

 (127374)

夏休みの宿題は、小分けできるファイルにまとめています。さらに、クーピーや筆箱、学習用タブレットなどは持ち運びできるケースの中に。勉強するときには、このケースだけを持ち運べばいいようにしています。
20 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

夏休みに作ってみよう!自由研究用にも役立つ水族館工作5選

夏休みに作ってみよう!自由研究用にも役立つ水族館工作5選

夏の人気お出かけスポットの一つといえば、水族館。実際に出かけるのもいいですが、親子で水族館工作をして楽しむのもおすすめです。
ちこた | 813 view
夏休みの計画は自分で立てられるようにするいい機会!子どもとトライしてみよう

夏休みの計画は自分で立てられるようにするいい機会!子どもとトライしてみよう

夏休みがやってきます。ダラダラしている子どもを見ると、「宿題終わったの?」とつい言ってしまいたくなりますよね。夏休みはせっかく約1か月あるお休みなので、子どもに自分で計画を立てて過ごしてもらいましょう。
pikari | 200 view
親子で楽しめる春行事【3月・4月】由来やおすすめの過ごし方を紹介

親子で楽しめる春行事【3月・4月】由来やおすすめの過ごし方を紹介

3月から4月にかけては、天候も良くなり外で過ごしやすくなります。親子で春を楽しめる行事もあるので、ぜひ、今しかできない過ごし方を楽しんでください。
ちこた | 20 view
つい言ってしまいがち!今すぐやめるべき「宿題のNGワード」

つい言ってしまいがち!今すぐやめるべき「宿題のNGワード」

「なかなか宿題に取り組まない」「すぐにやる気をなくしてしまう」など、子どもの宿題で困った経験はありませんか?ついイライラして叱ってしまい、ますます子どものやる気がなくなってしまう悪循環になってしまうこともありますよね。そこで、元小学校教諭と小学生2人の子育て経験から、やめた方がよい声掛けと子どもをやる気にさせるコツを紹介します。お子さんの宿題でお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください。
ちこた | 53 view
小学生が夏休みの終わりにやるべきこと3選

小学生が夏休みの終わりにやるべきこと3選

夏休みが明けて学校が始まると、登校渋りをしてしまったり、学校の生活リズムに戻れなかったりすることがあります。夏休み明けに気持ちよく登校できるように、夏休みの終わりの生活を考えていきましょう。 小学生2人の子育てをしている経験から、夏休みの終わり一週間でやっておくと安心なことを3つお伝えします。小学校教諭の経験も踏まえて紹介していくので、参考にしてもらえると嬉しいです。
ちこた | 70 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ちこた ちこた

おすすめの記事

今注目の記事