2024年6月25日 更新

汗ばむ季節がくる前に知っておきたい!赤ちゃんの「あせも」の予防とケア

大人に比べて汗をかきやすい幼児や赤ちゃんは「あせも」ができやすくなっています。そのままにしていると、湿疹になったり、細菌感染を併発してしまうことも。そうならないように、今回はあせも(汗疹かんしん)について、その原因や対処法、おすすめアイテムをご紹介します。

27 view お気に入り 0
 (140659)

あせもの症状

頭や首のまわり、背中など、汗をかきやすく、汗のたまりやすい部分にできる、ブツブツとした小さな赤い発疹が、あせもです。

高熱が続く、高温下で長時間過ごすなどによって発症することもあるんですよ。
 (140652)

あせもができるメカニズム

あせも(汗疹)は、汗の通り道である汗管が閉塞して汗が皮下に貯留することで発症すると考えられています。
あせもができるメカニズムは大人も子どもも変わりません。
幼児や赤ちゃんにあせもができやすい原因として、汗腺の数が大人とあまり変わらないという点があります。

身体が小さいのに大人と汗腺の数があまり変わらないということは、体表の面積あたりの汗腺の密度がかなり高いと考えられています。

なので、大量の汗をかいてしまう幼児や赤ちゃんは、適切なケアをしないでいると汗管がつまりやすくなってしまうのです。
さらに、赤ちゃんや子供は新陳代謝が活発で体温が高いため、少し動いただけで汗びっしょりになることも。
 (140627)

赤ちゃん・子どものあせもができやすい部位

あせもができやすいのは、汗腺が密集して汗をかきやすい部位。

赤ちゃんの場合は、とくにひじ・ひざ関節の内側部分や首筋などにおいて、あせもができやすくなります。

その他、寝具やベビーカーのクッションで圧迫されて蒸れやすい後頭部、背中などもあせもができやすい部位といえるでしょう。
 (140629)

おむつをしている赤ちゃんは、おむつで覆われた部分も蒸れて汗をかきやすいため、あせもがよくできやすい部位です。

子どもの場合は、激しい運動や野外での遊びで大量の汗をかきやすく、その汗がたまって蒸れやすい首まわりやひじ、ひざの内側、ウエストまわりなどにあせもができやすくなっています。

あせもの予防と対策

★汗をかいたままにしない

52 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

乳幼児の食べ物での窒息事故を防ごう

乳幼児の食べ物での窒息事故を防ごう

近頃、乳児がりんごやパンを喉に詰まらせる痛ましい事故が相次いでいます。窒息といえば、高齢者が餅を詰まらせる事故を思い浮かべますが、乳幼児には高齢者と異なる事故の起き方も。気道が小さい乳幼児は大人が思う以上に食べ物が喉に詰まりやすくなっており、注意が必要です。
ruru | 143 view
見ていてツラい子どもの花粉症!対策グッズにはどんなものがあるの?

見ていてツラい子どもの花粉症!対策グッズにはどんなものがあるの?

年々増えていると言われる子どもの花粉症。自由に外遊びができなかったり、勉強や遊びに集中できなかったりすると、親としては心配してしまいますね。 そんな辛い花粉飛散の時期、子どもが少しでも快適に過ごすための対策アイテムにはどんなものがあるのでしょうか?
ruru | 635 view
赤ちゃんや子どもが使っても安心!優しい成分の子ども用リップクリーム10選

赤ちゃんや子どもが使っても安心!優しい成分の子ども用リップクリーム10選

赤ちゃんから使用できる、オーガニックや無添加の子供用リップクリームにはどんなものがあるのでしょうか。おすすめのリップクリームをご紹介します。子どもの唇がカサカサで荒れているのとはさよならしたいですよね。
ruru | 2,515 view
赤ちゃんにもOK!肌に優しい無添加の洗濯洗剤13選

赤ちゃんにもOK!肌に優しい無添加の洗濯洗剤13選

赤ちゃんが生まれると、今までは気にならなくても、肌に触れるものには敏感になりますよね。肌に触れるものといえば洗剤です。赤ちゃんの肌を守りたいという思いから肌に優しい無添加洗剤を選びたいと思う方も多いはず。そんな方のために、無添加洗剤をご紹介します。
ruru | 4,256 view
足クサ!天使のような我が子から、大人に負けない強烈なあのニオイ。

足クサ!天使のような我が子から、大人に負けない強烈なあのニオイ。

あなたのお子さんは大丈夫?あんよ、たっち期の靴を履き始めるころから、足クサは始まります。子どもは汗っかき。それは足でも同じ!現実を受け止め、早めの対策をしていきましょう!!
Lily | 14 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ruru ruru

おすすめの記事

今注目の記事