2023年12月14日 更新

乳幼児の食べ物での窒息事故を防ごう

近頃、乳児がりんごやパンを喉に詰まらせる痛ましい事故が相次いでいます。窒息といえば、高齢者が餅を詰まらせる事故を思い浮かべますが、乳幼児には高齢者と異なる事故の起き方も。気道が小さい乳幼児は大人が思う以上に食べ物が喉に詰まりやすくなっており、注意が必要です。

100 view お気に入り 0
 (130563)

1歳前後の乳幼児に食べ物を与えるときには、無理なく食べられるよう、小さく切って与え、飲み込むまで目を離さないよう国民生活センターが注意喚起をしています。

食品による窒息死 5歳以下がほとんど

食べ物を詰まらせて子どもが亡くなる事故は、残念ながらあとを絶ちません。

消費者庁の分析では、2019年までの6年間に、死亡した14歳以下の子どもは80人。
その7割が2歳以下となっています。
 (130567)

どんな食材に注意が必要?

小さな子どもの口の大きさは直径約4cmで、喉はそれよりも細くなっています。

ですので、口の中に入るものは何でも窒息や誤嚥の原因になる可能性があります。

また、子どもはかみ砕く力や飲み込む力が発達しておらず、パン等食品を十分に咀嚼(そしゃく)できずに丸ごと飲み込んでしまう状況も想定されます。
 (130541)

●粘着性が高く、唾液を吸収して飲み込みにくいもの
●丸いもの、つるっとしたもの
●固くてかみ切りにくいもの

などは特に注意が必要!

具体的にはどんな食材?

 (130570)

原因となった食べ物が明らかになっている51人を見ると、多いのは母乳やお菓子。

りんごやぶどうなどの果物を詰まらせて亡くなった子どもも、6人にもなっています。
保育施設などに向けた国のガイドラインには、窒息につながりやすい食べ物や調理方法などについて詳しく定められています。

ご家庭でも食事をつくる際の参考にしてくださいね。
 (130565)

◆使用を避ける食材

48 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

手づかみ食べ時期は大変!市販のものを利用した手づかみ食べメニュー 

手づかみ食べ時期は大変!市販のものを利用した手づかみ食べメニュー 

手づかみ食べレシピは、ネットで検索すればいくらでも出てきますが、毎日毎日料理して、散らかったものを片付けするのは想像以上に大変です。そんな時には、肩の力を抜いてちょっとだけ手抜きしてみませんか?疲れた時には市販のものに頼ってみてもいいと思いますよ。
ruru | 19,934 view
コンビニで買える無添加の食品にはどんなものがある?

コンビニで買える無添加の食品にはどんなものがある?

「コンビニは添加物ばっかり」という印象がありませんか?最近の健康ブームによるものなのか、実はコンビニにも探せば無添加の食品はあるんです。こちらでは、コンビニで買える無添加の食品をご紹介します。
ruru | 80,367 view
市販で購入できる無添加食パン6選♪離乳食にも使えるよっ!

市販で購入できる無添加食パン6選♪離乳食にも使えるよっ!

朝食はパン派!という方も多いと思います。ですが、残念ながらスーパーで売っているパンは、添加物が含まれている商品がたくさんあるのも事実。安心・安全な食パンって、どのメーカーの、どの種類なのでしょうか?
ruru | 103 view
赤ちゃんとお正月料理を楽しもう♪ 取り分けで簡単に「おせち」の離乳食

赤ちゃんとお正月料理を楽しもう♪ 取り分けで簡単に「おせち」の離乳食

離乳食期の赤ちゃんでも一緒にお正月を楽しみたいものですよね。大人が食べる離乳食を赤ちゃん用に取り分けて与えてもよいものなのでしょうか?そして、その時のやり方は?などの疑問にお答えしていきたいと思います。
ruru | 38 view
ベビーおやつには歯固めクッキーがおすすめ!人気のレシピをどうぞ♪

ベビーおやつには歯固めクッキーがおすすめ!人気のレシピをどうぞ♪

離乳食の歯固めとして、噛む練習にぴったりなとっても堅い焼き菓子を作ってみませんか?赤ちゃんのあごを使って噛む力を育てます。ご家庭で作ったものなら、香料、着色料、保存料など不使用だから無添加で安心ですね。1枚で長持ちするので、お菓子の食べ過ぎを防ぎ、電車での移動や外出先に待ち時間にと、とても便利ですよ。
ruru | 233 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ruru ruru

おすすめの記事

今注目の記事