2024年7月5日 更新

【クッキングシート活用術】サンドイッチの包み方&レシピ集

いろいろな材料を挟んだボリュームたっぷりのサンドイッチは、カラフルで、家族にも大人気ですよね。お弁当やピクニックの時に、クッキングシートやワックスペーパーで包めばお弁当箱や手が汚れなくてきれいですし、見栄えもよい♪こちらでは、クッキングペーパーで包んだだけでも崩れないやり方をご紹介します。

18 view お気に入り 0
思ったより簡単に作れる萌え断サンドイッチ!

ピクニックなどに持っていくと盛り上がりそう。

萌え断サンドイッチは見た目通りボリューム満点で高さもあるので、大きめの保存容器に入れるのがおすすめです!

食べ応え満点! ツナと卵のオーロラサンド

 (140972)

材料 【2人分】
食パン[4枚切り]2枚
粒マスタード小さじ2
キャベツ1枚
☆オーロラツナ
ツナ缶[オイル漬け]1缶(70g)
マヨネーズ大さじ1
ケチャップ大さじ1
塩小さじ1/4
こしょう少々
★スクランブルエッグ
卵1個
マヨネーズ大さじ1/2
塩ひとつまみ
オーロラソースをツナとあえて、ボリュームたっぷりのサンドイッチを作ります♪

レンジで作るスクランブルエッグはマヨネーズを入れることでふわふわの仕上がりに!

他のサンドイッチの包み方もご紹介!

クッキングシートを使ってサンドイッチを包む方法は、他にもありますよ。

◆端をぎゅっとひねる

 (140976)

クッキングシートをたたむように折おり、端はしをぎゅっとひねる包み方。

◆ロールサンドにはくるくると巻いて!

 (140980)

ロールサンドはクッキングシートに巻いたまま持って行くことで、巻いた形がしっかりとなじみます。手をよごさないのもうれしいですね。

◆花束みたいなブーケサンドの包み方

 (140983)

具材はなるべくカラフルな食材を準備するのがおすすめです♪
レタスは必須であると、彩りがきれいに決まります。
47 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【クッキングシート活用術】竹の皮なしでもOK!「ちまき」の作り方

【クッキングシート活用術】竹の皮なしでもOK!「ちまき」の作り方

中華ちまきをおうちで作るのはむずかしいと思われがちですが、フライパンや電子レンジ、炊飯ジャーでも簡単に作ることができるんです。それも竹の皮が必須ではなく、クッキングペーパーやアルミホイルでも包めばいいんですよ。驚きますよね。端午の節句にはもちろんお弁当等にも喜ばれ、冷凍も可能です。
ruru | 3 view
お弁当にもおすすめ♪ 食べやすいオレンジの切り方いろいろ

お弁当にもおすすめ♪ 食べやすいオレンジの切り方いろいろ

お弁当にも入れやすいフルーツのオレンジ。食べやすく、見た目もきれいな切り方は複雑で難しそうですよね。中には簡単なのにかわいく食べやすい切り方もあるんです!お弁当にもぴったりの様々なオレンジの切り方をご紹介します。
yokapon | 32,104 view
クッキングシートは無漂白が安心!宇部フィルムの「無漂白クッキングシート」

クッキングシートは無漂白が安心!宇部フィルムの「無漂白クッキングシート」

無添加ラップで有名な宇部フィルムから、「無漂白クッキングシート」が発売されています。無漂白ゆえ、ブラウンを基調とした自然な風合いなので、食卓にそのまま出してもオシャレに使えますよ。
ruru | 34 view
「ブロッコリーの茎」捨てないで!栄養価も高くおいしい部分♪

「ブロッコリーの茎」捨てないで!栄養価も高くおいしい部分♪

ブロッコリーはビタミンCなどが豊富で、野菜の中でも栄養価が高いといわれています。たくさん食べたいものですが、「茎」はどうしていますか?捨ててしまう方も多いのではないでしょうか?ブロッコリーの茎は味も食感もいいし、とてもおいしい部分。ぜひ、いただきましょう。
ruru | 55 view
旬のブロッコリーをいろいろな食べ方で♪ 人気の「ブロッコリー」レシピ

旬のブロッコリーをいろいろな食べ方で♪ 人気の「ブロッコリー」レシピ

ブロッコリーは一年中手に入る野菜ですが、旬の時期は11月から3月頃です。寒い時期に凍らないように糖度を上げて身を守るため、甘味が増しておいしくなります。このおいしい時期に、ブロッコリーをたくさん食べてみませんか?人気のレシピを集めました。
ruru | 43 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ruru ruru

おすすめの記事

今注目の記事