2020年1月4日 更新

生まれたばかりの赤ちゃんの写真がSNSで話題♡「#ニューボーンフォト」をチェック!

ニューボーンフォトをご存知ですか?ニューボーンフォトとは、生後まもない赤ちゃんの生まれたての姿を残す記念撮影のこと。新米ママ、必見ですよ!

4,017 view お気に入り 0
 (51548)

欧米では一般的になり始めた「ニューボーンフォト」が、日本でも流行の兆しを見せています。SNSなどでも「#ニューボーンフォト」で検索すると、小さくて可愛い赤ちゃんの写真が沢山でてきます。

赤ちゃんは、生まれて一カ月を迎えるとお顔が随分としっかりとしてきますが、3週目くらいまでは、まるで妊娠中のママのお腹の中にいる赤ちゃんを再現するかのように神秘的です。
その貴重な姿を、記録に残しておきたいですよね。

しかし、新生児の赤ちゃんはデリケート。
撮影には特別な注意が必要です。
ニューボーンフォトの魅力と注意点をお伝えします。
 (51549)

生後すぐ~大体3週間までの赤ちゃんが対象

赤ちゃんが産まれたら可愛く写真を撮ってあげたいと思うのが親心です。
特に生後2~3週間の新生児期は赤ちゃんの見た目が劇的に変化していくため、後で撮ろうと思っても撮れない貴重な時期なのです。

ニューボーン(新生児期)らしさを写真にしやすいのは本当に短い時期に限られます。
赤ちゃんにより個人差はありますが、生まれたてホヤホヤ感を出したいなら生後2週間くらいがベストな感じです。3週間すぎてくると、生まれたての赤ちゃんから普通の赤ちゃんになってきます。
 (51550)

ニューボーンフォトはどうやって撮影するの?

ニューボーンフォトはスタジオ撮影もありますが、家にきて出張撮影してくれるカメラマンも多くいます。

赤ちゃんとママの体調を考え、万全を期すなら、カメラマンにお家にきてもらうのが良いでしょう。

また、お金もかからないし、気を遣わなくてよいという理由から、自分で撮影するパパ、ママも数多くいますよ。

家で撮影をする場合は、自然光で撮影できる時間帯に、ご自宅の中でもなるべく明るい部屋がおすすめです。
 (51553)

撮影時間はどれくらいみておけばいい?

当たり前ですが、主人公の赤ちゃんのご機嫌にかなり左右されます。
大体背景2パターンで2〜3時間が目安と言われています。
ですが、長時間になることも予想されるので、1日ゆとりがある日に予約をしましょう。
 (51556)

ニューボーンフォトのメリット

その魅力は、何と言っても今しかない、小さくて、頼りなくて、そして天使のようなその姿を記念に残せることです。

そして、そればかりではありません。

楽しい事ばかりではない子育て。時にはつらい時、苦しいときもあります。
そんな時に、この写真を見返せば、こんなに小さかったのに、良くここまで大きくなってくれた、と感謝でき、パパとママの心の支えになること間違いなしです。
 (51559)

49 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

楽しみながら「食育」を学ぼう!おすすめの人気絵本15選

楽しみながら「食育」を学ぼう!おすすめの人気絵本15選

食事のたのしさや食べ物の大切さをお子さんに伝えるための「食育」。一見難しそうなイメージですが、絵本を通して楽しく学ぶことができます。こちらの記事では、15冊の食育の本をご紹介します。
ruru | 2,153 view
我が子の成長記録を「#オムツアート」で撮影してみよう!コツやアイディア集

我が子の成長記録を「#オムツアート」で撮影してみよう!コツやアイディア集

赤ちゃんの成長をオムツととも写真に撮って記録する「オムツアート」。いつも使っている日用品とともに、我が子の成長記録として気軽に記録できるオムツアートは、インスタグラムなどのSNSを中心に人気です。オムツアートの写真を撮影したいけれど、可愛く撮れる作り方が分からない、と感じている人も少なくないようですね。そんなママたちのために、テクニックやコツをお届けしますよ♪
ruru | 16,519 view
子ども用ダンボール家具が話題♡どんなものがあるのか調査してみた!

子ども用ダンボール家具が話題♡どんなものがあるのか調査してみた!

子ども用の家具に、ダンボールでできたものをチョイスするママが増えています。ダンボール家具は、釘なども一切不使用!安全で安心の子供用家具です。簡単に作れることやコスパが◎、捨てるのも簡単なことで、今さまざまなメディアで注目されています。
ruru | 14,599 view
スタイ(よだれかけ)を手作り!簡単なスタイの作り方と型紙をご紹介。

スタイ(よだれかけ)を手作り!簡単なスタイの作り方と型紙をご紹介。

赤ちゃんの為に何か手作りしたい!という場合に、一番お手軽・簡単かつ実用的な物と言えばやはりスタイでしょう。産まれて比較的すぐの時期から、食べこぼしの多い2歳くらいまでと長い期間大活躍してくれます。 何枚あっても困らないのがよだれかけですよね。好みの生地で作ったスタイをつけた我が子を見られるのは、ハンドメイドならではの醍醐味といえるでしょう。ミシンがなくても、手縫いで作れるスタイもありますよ!
ruru | 9,922 view
新米ママ必見!新生児の洋服ってどんなもの?種類と選び方を徹底解説

新米ママ必見!新生児の洋服ってどんなもの?種類と選び方を徹底解説

生まれてくる赤ちゃんの小さな服を手にすると、愛おしさと同時に、どんな服を選べばいいのか迷ってしまいますよね。「あれも必要かな、これも必要かな…」と、あれこれ考えているうちに、結局どれを選べばいいのかわからなくなってしまうことも多いのではないでしょうか。この記事では、そんな新米ママさんのために、新生児服の種類と枚数、季節ごとの準備についてわかりやすく解説します。
セツナ | 24 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ruru ruru

おすすめの記事

今注目の記事