2023年12月4日 更新

小学校の英語授業は何をする?目標や内容を解説!【高学年編】

2020年度から、外国語学習が必修化されました。高学年は教科として取り扱われることになります。これまで中学校で学習していた内容を高学年に移行される形です。しかし、外国語が教科となったことで、心配なことや気になることも多いでしょう。そこで、英語の指導経験のある元小学校教諭の立場から、小学校の英語授業についてわかりやすくご紹介します。

30 view お気に入り 0
小学生2人の子育て中のちこたです。
小学校教員歴18年の経験から、子育てや学校教育についてご紹介します!

高学年の外国語とは?

無料イラスト・フリー素材なら「イラストAC」 (130382)

高学年(5・6年生)の外国語(教科)の目標は「日本語と英語の違いに気付き、知識として定着」「英語のコミュニケーションに活用できる基礎的な技術の定着」です。

「聞く・読む・話す・書く」の体系的な中学以降につながる授業が行われます。学習指導要領では次のように示されています。

・外国語の音声や文字、語彙、表現、文構造、言語の働きなどについて、日本語と外国語との違いに気付き、これらの知識を理解するとともに、読むこと、書くことに慣れ親しみ、聞くこと、読むこと、話すこと、書くことによる実際のコミュニケーションにおいて活用できる基礎的な技能を身に付けるようにする。
・コミュニケーションを行う目的や場面、状況などに応じて、身近で簡単な事柄について、聞いたり話したりするとともに、音声で十分に慣れ親しんだ外国語の語彙や基本的な表現を推測しながら読んだり、語順を意識しながら書いたりして、自分の考えや気持ちなどを伝え合うことができる基礎的な力を養う。
・外国語の背景にある文化に対する理解を深め、他者に配慮しながら、主体的に外国語を用いてコミュニケーションを図ろうとする態度を養う。

授業内容は、3、4年生の外国語活動と違い「読むこと」「書くこと」が加わります。中学校の英語と違うのは、例えば「読むこと」においては読解ではなく、慣れ親しんできた語句や表現で書かれたものを思い出しながら読むこととされています。

5、6年生の外国語の授業では、3、4年生の外国語活動よりも難易度が上がるとともに、中学校での英語学習にスムーズに入ることができるような内容となっています。

授業時間は週に2コマ程度で、年間70時間とされています。

また、5、6年生の外国語は教科のため、教科書を使って授業が行われます。評価の方法は学校によって異なりますが、記述ではなくAやBなどの数値による評価を行う学校もあります。

実際の授業の内容は?

無料イラスト・フリー素材なら「イラストAC」 (130386)

高学年の外国語では、ます「聞くこと」「話すこと」を中心とした活動が行われます。その後「読むこと」「書くこと」の学習も進めていきます。4つの活動に分けて授業の内容をご紹介しましょう。

聞くこと

動画やアニメーション、先生のやり取りを聞いて、英語のやり取りを聞き取れるようになることが目標です。実際の授業では次のような活動を行います。

・担任とALT(外国人の先生)のやり取りを聞く
・動画で学校生活や身近なことを英語で説明する場面を見る

話すこと

意欲的に英語を使って話したり、自分の考えを伝えらえれるようになることが目標です。実際の授業では次のような活動を行います。

・先生の英語を聞いて簡単な英文を真似して言う
・歌やチャンツの中で英語を言う
・子ども同士で簡単な英語のやり取りを行う
・自分の考えを簡単な英文でスピーチする

読むこと

聞いたことのある単語や文を見て発音できたり、意味が分かることが目標です。難しい英文法などは扱いません。実際の授業では次のような活動を行います。

・アルファベットの大文字と小文字を見分ける、声に出して読む
・英語の音を聞きながら、単語や文を指でなぞる
・英語の音を聞きながら、声に出して読む
・簡単な英文を声に出して読む

書くこと

アルファベットや簡単な英文をルールに沿って書けることが目標です。実際の授業では次のような活動を行います。

・アルファベットの大文字と小文字を練習する
・英語の文を書く時のルールを知る
・簡単な単語や文章の見本を真似して書く
・自分の名前を書く

小学校では文法用語を使っての指導はしません。
19 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

小学校の英語授業は何をする?目標や内容を解説!【低学年編】

小学校の英語授業は何をする?目標や内容を解説!【低学年編】

2020年度から、外国語学習が必修化されました。対象は小学3年生からですが、低学年でも外国語活動を行っている学校は数多くあります。しかし、小学校の英語授業はどんなことをするのかわからないという人も多いでしょう。そこで、英語の指導経験のある元小学校教諭の立場から、小学校の英語授業についてわかりやすくご紹介します。
ちこた | 60 view
小学校の英語授業は何をする?目標や内容を解説!【中学年編】

小学校の英語授業は何をする?目標や内容を解説!【中学年編】

2020年度から、外国語学習が必修化されました。小学生から英語を学習するとなると、親としては心配なことも多いでしょう。そこで、英語の指導経験のある元小学校教諭の立場から、小学校の英語授業についてわかりやすくご紹介します。
ちこた | 45 view
通知表はどう見ればいい?子どもの力を伸ばす通知表の見方のコツ

通知表はどう見ればいい?子どもの力を伸ばす通知表の見方のコツ

2020年度から新学習指導要領が施行され、通知表の見方も変わっています。今年入学したばかりの1年生の保護者にとっては、どのように通知表をみたらよいのかわからないという人も多いでしょう。そこで、元小学校教諭の経験から、通知表の見方についてご紹介します。
ちこた | 48 view
小学校の教科担任制とは?メリットとデメリットを解説!

小学校の教科担任制とは?メリットとデメリットを解説!

小学校における「教科担任制」とは、学級担任が全ての教科を受け持つのではなく、教科ごとに複数の教員が担当して授業を行うことです。2022年度から本格的に導入されましたが、具体的にはどのように行われているのか、メリットやデメリットについてはよくわからないという人も多いでしょう。 そこで、元小学校教諭が、教科担任制の特徴や、メリット・デメリットなどについてご紹介します。
ちこた | 63 view
小学校のプログラミング授業は何をする?目的と内容を紹介

小学校のプログラミング授業は何をする?目的と内容を紹介

2020年度から小学校で始まった「プログラミング学習」ですが、どんな学習をしているのか気になる人も多いのではないでしょうか。プログラミング学習の指導経験のある、元小学校教諭の立場からプログラミング教育の目的と内容をご紹介します。
ちこた | 54 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ちこた ちこた

おすすめの記事

今注目の記事