2021年10月21日 更新

【親子で読もう!】防災をテーマにした絵本16選

今回ご紹介するのは「災害」「防災」を題材とした絵本です。日常から、災害のときの「こんなときどうする?」を知っておくことが大切ですね。絵を見て学び、より具体的に災害のイメージを実感できれば、事前に災害に備えるという行動につながります。これらの作品をきっかけに災害・防災について子供と一緒に考えてみてはいかがでしょう。

6,082 view お気に入り 0
 (83511)

じしんのえほん こんなときどうするの?

楽天ブックス: じしんのえほん - こんなときどうするの? - 国崎信江 - 9784591090671 : 本

じしんのえほん - こんなときどうするの? - 国崎信江 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。
ぐらっときたとき、ひとりきりだったら どうしたらいいの? 

通学路や自宅、教室など、状況ごとに身の守りかたを伝える地震防災絵本。

ぐらぐらゆれたらだんごむし! おやこでまなぼう!防災しかけ絵本

楽天ブックス: ぐらぐらゆれたらだんごむし! - おやこでまなぼう!防災しかけ絵本 - 国崎信江 - 9784885743450 : 本

ぐらぐらゆれたらだんごむし! - おやこでまなぼう!防災しかけ絵本 - 国崎信江 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。

ぐらぐらゆれたら だんごむし! - YouTube

東京書店の「おやこでまなぼう!防災しかけ絵本!」Megさんが描くもこもこの愛らしい動物たちが地震が起きたときの対処法をシーン別に教えてくれます。この絵本の半分のページを読み聞かせしながら紹介します。#読み聞かせ#絵本#防災#東京書店#国崎信江#ぐらぐらゆれたらだんごむし
おやこでまなぼう! 防災しかけ絵本、と副題にあります。

危機管理アドバイザーであり、防災教育の第一人者による監修ですから、心強いです。

地震の時、様々な場所で、どのように自分の命を守るか、子どもにもできる対処法を仕掛け仕立てで解説してあります。

表題にもある、だんごむしポーズ、体を丸めて、手で頭を守る姿勢、イメージしやすくていいですね。

意外に気付かないのが、ドアを開けること。

これも、しっかりと覚えておきたいですね。津波にも言及しているのも、ありがたいです。幼稚園児くらいから、しっかりと学んでほしいです。

はしれ、上へ! つなみてんでんこ

つなみてんでんこ はしれ、上へ!の通販/指田 和/伊藤 秀男 - 紙の本:honto本の通販ストア

つなみてんでんこ はしれ、上へ! (ポプラ社の絵本)/指田 和/伊藤 秀男(児童書・絵本) - 2011年3月11日。東日本大震災のあの日、大津波をみんなで生きのびた釜石の子どもたちのドキュメント。【「BOOK」データベースの商品解説】「自...紙の本の購入はhontoで。
東日本大震災で津波から逃げる子どもたちを描いた絵本。

人間があらがえない自然災害。防災教育は、防災訓練だけではありません。

いざというとき、じぶんのいのちをまもるのはじぶんだと、子ども自身が信じることが大事なのではないかと思います。

あっ!じしん

あっ!じしん | 金子 章, まもる, 鈴木 |本 | 通販 | Amazon

Amazonで金子 章, まもる, 鈴木のあっ!じしん。アマゾンならポイント還元本が多数。金子 章, まもる, 鈴木作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またあっ!じしんもアマゾン配送商品なら通常配送無料。
地震が起きるとどうなるの? 住んでいるお家、保育園や幼稚園、お買い物をする商店街では…?

地震が起きるとどうなるのか? ということを分かりやすく伝えてくれる絵本です。

お話しや避難訓練だけでなく、絵本で見ることで想像しやすくなるので、子どもたちに災害の様子を伝えやすくなりますね。

また、地震のしくみについても書かれています。

なぜ地震が起きるのか、地震が起きるとどうなるのか、などを大人だけでなく子どもも理解しておくだけで、自分の身を守る意識が高まりますよ。

「おかしも」はかじのおやくそく

53 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

親子で楽しく「防災」を学ぼう! おすすめ防災クイズ集【動画編】【サイト編】

親子で楽しく「防災」を学ぼう! おすすめ防災クイズ集【動画編】【サイト編】

東日本大震災が起こって11年が経ちます。動画やサイトでの「防災クイズ」集めてみました。親子で楽しく防災・減災が学べます。ぜひ、ご家族みんなで遊んでみてくださいね。
ruru | 3,021 view
「お・か・し・も・ち」は【地震が起きたら】子どもが 避難するときの大事なキーワード

「お・か・し・も・ち」は【地震が起きたら】子どもが 避難するときの大事なキーワード

お子さんが保育園・幼稚園・小学校で地震にあってしまうことも、もちろん考えられます。避難訓練時には「おかしもち」というキーワードを使うところも多いようです。お子さんの避難訓練のときには、ご家庭でもちゃんとお話ししてあげましょう。
ruru | 18,744 view
宮城県沿岸部在住の東日本大震災での体験談~ライフライン復活まで~

宮城県沿岸部在住の東日本大震災での体験談~ライフライン復活まで~

東日本大震災時、宮城県沿岸部在住・筆者の自宅では、ライフラインの復旧まで、電気が一週間、水道・ガス・固定電話がひと月かかりました。こちらの記事では、私がこの間、どのように過ごしていたのかをお伝えしています。少しでも防災のお役に立てれば幸いです。
ruru | 2,433 view
どんな状況で何が起こるか解らない自然災害!!そんな時慌てない為の心構えと持ち出し用防災セット紹介

どんな状況で何が起こるか解らない自然災害!!そんな時慌てない為の心構えと持ち出し用防災セット紹介

地震、津波、豪雨、水害等々いつ自分に降りかかるか解らない自然災害があります。自然の力には逆らえませんが最小限に防ぐことはできます。それが防災です。それではどう防災すればいいのか調べてみました。
yokoppe | 3,585 view
梅雨時期に読み聞かせたい!おすすめ絵本12選

梅雨時期に読み聞かせたい!おすすめ絵本12選

梅雨の時期は外遊びや、お出かけもなかなか難しくなってしまう時期。そんな時には、雨に関する絵本をご家庭で読み聞かせてあげてはいかがでしょう?憂鬱な梅雨も、楽しく過ごしたいものですね。
ruru | 53 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ruru ruru

おすすめの記事

今注目の記事