2018年9月28日 更新

被災地のチャレンジを支えるスペース「Common-Ship橋通り」が面白い!

東日本大震災では多くの物が失われましたが、新たなチャレンジも生まれています。石巻の街を流れる北上川のほとりに、飲食店の開業や音楽、芸術など様々な分野で新たなチャレンジをする人々を後押しする施設として生まれたCommon-ship橋通りの人たちの元気な様子をレポートします。

3,261 view お気に入り 0
ここ最近の日本では、台風や水害など各地で色々な災害が起こっています。そこで、私たちitwrapでは、現地ライターによる東日本大震災その後をお届けしていきたいと思っています。災害とは何かを考えるきっかけになることを願っています。

震災後の街は新しい場を育んでいます!

東日本大震災で被災した町に災害ボランティアとして訪れ、移住を決めた人たちもたくさんいます。そんな人たちの石巻での飲食店開業を後押しする施設として、北上川のほとりに橋通りCommonができました!飲食店を開きたい人が、橋通りCommonでの屋台による営業をきっかけとして、本格的な開業を目指すものでした。
「common-ship橋通り」石巻より再出航 | TURNS(ターンズ)これからの地域とのつながりかた (32517)

同施設からはこれまで3店舗が街なかでの独立開業を果たし、閉場前は4店舗が営業していた。フレンチトースト専門店やエスニック料理専門店など、これまで石巻になかった業態や、半外部空間での立ち飲みやステージでの音楽イベントの開催など、気軽な公共スペースとしての営業が若者層を中心に人気を集めた。
美味しい焼鳥と熱くて味がある店主焼鳥おのでら |       MAKIZINE-まきじん- (32540)

まちなかでキッチンをシェアして自分のお店をコモンキッチンファーム |       MAKIZINE-まきじん- (32519)

ますます面白くなった街づくり

そんな「橋通りCommon」も2015年11月に最後を迎えました。それは、新たなステージを目指す施設として生まれ変わるためでした!
COMMON-SHIP橋通りオープン! – Katsu studio (32533)

コンテナやトレーラーハウスを並べた仮設型商業施設「COMMON-SHIP(コモンシップ)橋通り」が28日、宮城県石巻市中央2丁目にオープンした。周辺が東日本大震災の津波で被災した中心市街地にあり、にぎわいを生み出す新たな交流拠点として期待される。
今度のスペースには、飲食店以外に、音楽や演劇の発表ができる野外ステージもあります。
COMMON-SHIP橋通り(@hashi_common)さん | Twitter (32522)

ワークショップなどを楽しめる「部室」もあります。もちろん、大人が使うためのスペースです。
部活動とは | Common-Ship橋通り (32534)

31 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

宮城県沿岸部在住の東日本大震災での体験談~地震・避難~

宮城県沿岸部在住の東日本大震災での体験談~地震・避難~

東日本大震災より11年が経とうとしています。こちらの記事は、宮城県沿岸部在住・筆者の東日本大震災の体験談を書いています。どこでどう地震を体験したか、そして高台に逃げた経緯、津波のことなど時系列で事細かく記しました。
ruru | 2,744 view
3.11地域に暮らす人の魅力で復興を!石巻に恋しちゃった♡は被災地の新たなつながりを作る

3.11地域に暮らす人の魅力で復興を!石巻に恋しちゃった♡は被災地の新たなつながりを作る

東日本大震災後の被災地では多くの物が失われました。喪失感の中で自信を失った被災者たちが自信を取り戻し、新たに町づくりを行うことを目的に、オンパク手法のまちづくりプロジェクト「石巻に恋しちゃった♡」が開催されました。オンパク手法やイベントの様子などをご紹介します。
ヨーダ | 2,540 view
被災地でがんばるスポーツチームをレポート!コバルトーレ女川に注目!

被災地でがんばるスポーツチームをレポート!コバルトーレ女川に注目!

東日本大震災で甚大な被害を受けた町の一つ、女川町にはプロを目指すサッカーチームがあります。チームは東日本大震災で大きな被害を受け、1年間の活動休止も余儀なくされました。選手たちはボランティアに励み、町の人たちの応援の下、チームは震災から7年目にJFLに昇格。女川町とコバルトーレ女川が共に頑張る様子をまとめました。
ヨーダ | 3,167 view
仮設住宅の今を知りたい!東日本大震災から7年半たった被災地からの報告

仮設住宅の今を知りたい!東日本大震災から7年半たった被災地からの報告

日本各地で災害がおきています。東日本大震災では多くの人々が仮設住宅に入ることになりました。災害が起きた直後は、多く報道される被災地の様子ですが、年月が経った今、どのようになっているのでしょうか。東日本大震災からちょうど7年半の2018年9月11日の被災地の様子を調べてみました。
ヨーダ | 3,294 view
「津波てんでんこ」って知ってる?その深い意味は家族の絆と信頼

「津波てんでんこ」って知ってる?その深い意味は家族の絆と信頼

津波てんでんこ(つなみてんでんこ)は、津波からの避難についての標語ないし合い言葉です。共倒れせずに未来へ命をつなぐための言葉。3.11を迎えるにあたり、家族でもう一度防災について話し合ってみてはいかがでしょうか。
ruru | 842 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ヨーダ ヨーダ

おすすめの記事

今注目の記事