2019年3月9日 更新

ラップや新聞紙を防災グッズに!いざという時に日用品で代わりのものを作る方法

ラップ、新聞紙、ごみ袋、キッチンペーパーなど、身近な日用品は、災害時に簡単に手を加えるだけで代用品として役立つことも。そこで、日用品を活用して作るランタンや簡易トイレ、食器などの作り方をご紹介します。

166 view お気に入り 0

防災時には日用品で代用を

手に入らないものも多くなる災害時。もしものために知っておきたいのが、日用品を代用して使う方法です。ラップや新聞紙、ゴミ袋やキッチンペーパーなどを使って、食器やランタン、簡易トイレなどを作る方法をご紹介します。防災用の貯蓄にラップやごみ袋を足したり、いらなくなったペットボトルや新聞紙などは、もしものためにストックがあるといいかもしれませんね。

ペットボトルで作る食器

ペットボトルを使えばお皿やスプーンなどの食器を作ることができます。お皿は浅いので汁物などには向きませんが、おにぎりなどを置くのにはぴったりの大きさですね。合わせてスプーンも作ることができるので、無駄なく工作に使うことができそうです。

炭酸用ペットボトル(500ml)を点線でハサミやカッターを使って切るだけです。ペットボトルの底部分の曲線が、食べ物をすくうのにピッタリ。この底の部分は、プラスチックが厚いので、ほかの部分より切り取りに力が必要なので、注意してくださいね。

ペットボトルをハサミやカッターで、写真のように点線で切り、2つに切り分けます。皿として置いて使うので、利用するペットボトルは丸型を避け、安定して置ける角型を利用しましょう。

新聞紙で作る食器

新聞紙を折って器の形にします。これだけだと液体がしみてしまうので使うことができませんが、ビニール袋やラップを上からかぶせることで、汁物にも対応できる食器が出来上がります。

新聞紙の折り方も覚えておきたいですね。

ツナ缶ランプの作り方

オイルのツナ缶などオイル付けになっている缶詰を使ってランプを作ることができます。キリなどで缶に穴をあけ、細くしたティッシュを差して点火。燃焼後は缶詰の中身もちゃんと食べることができるので無駄にもなりません。

ツナ缶(シーチキン)ランプの作り方|備える.jp

ツナ缶(シーチキン)ランプの作り方|備える.jp
災害時の停電対策と非常食の備蓄を兼ねられる、ツナ缶ランプの作り方を詳しくご紹介。ツナ缶が1時間燃え続けるランプに変身、もちろん燃焼後は美味しく食べられます。
詳しい作り方はこちらへ
27 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

いざという時のために覚えておきたい!日用品でできる手作り防災グッズ

いざという時のために覚えておきたい!日用品でできる手作り防災グッズ

災害時には断水や停電が起きたり物資が不足することで、ふだんより不便な生活を強いられることが予想されます。そんな時、ラップや新聞といった日用品で代用品が作れると話題です!いざという時に備えて日用品でできる手作りの防災グッズの作り方をチェックしておきましょう。
cobachi | 61,069 view
冬の避難生活に使える!寒さ対策のための手作り防災グッズ

冬の避難生活に使える!寒さ対策のための手作り防災グッズ

寒さが厳しい冬に災害が起こったら…そう考えると非常時の防寒についても考えて起きたいですよね。そこで、新聞紙や段ボールなどの日用品で作ることができる寒さ対策の防災グッズをご紹介します。
yokapon | 1,547 view
災害時に役立つ!新聞紙で作る防災グッズ5選

災害時に役立つ!新聞紙で作る防災グッズ5選

身近なもので作れる防災グッズが話題です。中でも新聞紙は活用度が高い防災グッズです。スリッパ、食器など新聞紙で作れる防災グッズを紹介します。
ヨーダ | 24,157 view
避難生活のために覚えておきたい!紙やペットボトルの手作り食器

避難生活のために覚えておきたい!紙やペットボトルの手作り食器

非常時は紙皿や紙コップが便利ですが、長い避難生活では不足してしまうものです。そんな時に役に立つ、新聞紙や牛乳パック、ペットボトルを使った、災害時に役立つ手作り食器の作り方をまとめました。
ヨーダ | 7,110 view
防災セットにラップを入れたくなる♪災害時のラップ活用術をおさらい!

防災セットにラップを入れたくなる♪災害時のラップ活用術をおさらい!

お家で用意している防災セットにラップは入っていますか?食品ラップは災害時には多機能アイテムとして活躍します。そこで、ラップの活用術をご紹介します。
yokapon | 463 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

yokapon yokapon

おすすめの記事

今注目の記事