2022年7月28日 更新

子どもの水難事故は河川が多い!川で命を守る方法

子どもたちが待ちに待った夏休みがやってきました。キャンプや山、川に遊びに行く予定のご家庭も多いことでしょう。子どもの水難事故は、意外にも海よりも川のほうが多くなっています。子どもの命を守るため、こちらの記事を読んで、知識を身に着けてからお出かけいただけたらと願います。

611 view お気に入り 0

水難の約半数は死亡事故!

水の事故は、実際にどれほどの件数が起き、何人の方が亡くなり、どのような場所で起きているのでしょうか。

令和3年(2021年)に全国で発生した水難は1,395件、水難に遭った人の数は1,625人に上っています。
そのうち744人が亡くなり、行方不明となっています。

いったん事故が起きると、命にかかわる重大事故につながってしまう可能性が非常に高いのが、水難の特徴だといえます。

子どもの場合、1位が「河川」

令和3年 水難の場所別 死者・行方不明者の割合~子供の場合(n=31人)

令和3年 水難の場所別 死者・行方不明者の割合~子供の場合(n=31人)

資料提供:警察庁「令和3年における水難の概況」
子供(中学生以下)の死者・行方不明者の割合を場所別にみると、1位が「河川」で全体の58.1%、次いで「湖沼池」(19.4%)、「海」(16.1%)、「用水路」(6.5%)となっています。

子供の場合は、河川での水遊びによる事故が多く発生しています。

子どもの川遊びでの事故パターン

水難事故防止に関するデータによると、子どもの水難事故にはパターンがあることが分かっています。

◆1人で遊んでいるときに転落してしまう

まず、1人で遊んでいるときに転落し事故に遭うパターン。

1人で遊んでいたことから大人が気づきにくく、救助が遅れてしまうことも多いようです。
また、川辺は滑りやすいので、足を滑らせて川に転落し、流されてしまうケースもあります。

◆深いところや速い流れに巻き込まれる

川で遊んでいて深いところにはまってしまったり、速い流れに巻き込まれたりして溺れてしまうパターン。

同じ川でも、地形や場所によっては流れや深さが異なりますし、上流の天気によって川が増水することもあるため、注意しましょう。

◆ものを拾おうとして事故に遭うことも

同行者あり(グループ行動)の水難事故は、全体の約6割を占めています。
キャンプなどで家族と一緒に川に訪れた際に事故に遭っていると考えられます。

「親が一緒だから、川に行っても大丈夫」は、全く根拠がありません。
大人が水難事故の発生原因に精通しているはずはなく、一旦事故が発生すれば親子ともども犠牲になりかねません。
58 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

子どもと遊ぶ!川遊びのアイデアいろいろ♪注意したいポイントも

子どもと遊ぶ!川遊びのアイデアいろいろ♪注意したいポイントも

夏休みに子どもと川遊び!思い出になるいい経験になりそうですよね。川遊びではどんな遊び方ができるのか、安全に楽しく遊ぶために気を付けたいポイントと合わせてご紹介します!
yokapon | 10,565 view
子どもの水辺の事故に注意!「川遊び」における注意点とは

子どもの水辺の事故に注意!「川遊び」における注意点とは

コロナ禍で迎える2度目の夏。今年も、感染症対策で海やプールの利用に制限がかかっているところが多いですね。この影響で、川や池などで子ども達が遊ぶ機会も増えるのではないでしょうか。実は子どもの水難事故の約半分が、川で起きています。今回は、夏の川遊びで気をつけたいポイント、万が一の時にどのように対処するかをお届けします。
ruru | 1,175 view
こどもとキャンプで遊ぼう!キャンプの楽しみ方

こどもとキャンプで遊ぼう!キャンプの楽しみ方

キャンプは楽しいのはもちろん、子どもの成長に繋がる機会がたくさん!自然とのふれあい、様々な体験など見聞が広がります。こちらでは、幼稚園から小学低学年くらいまでの子供とのキャンプを想定して、その楽しみ方をご紹介します。
ruru | 2,001 view
子供がぐっと成長する!夏のワクワクドキドキ「サマーキャンプ」

子供がぐっと成長する!夏のワクワクドキドキ「サマーキャンプ」

たくさんの仲間と一緒に冒険の旅にでかける!夏休みにしかできない、仲間と大自然と戯れてより子供は成長します。小学生の頃にしか体験できない素敵な経験。ぜひ子供たちにチャレンジさせてみてはいかがでしょうか。
emiko | 6,540 view
飛行機好きの子ども必見!子どもがひとりで飛行機に乗る旅。

飛行機好きの子ども必見!子どもがひとりで飛行機に乗る旅。

子どもが1人で飛行機に乗れる「ANAジュニアパイロット」を知っていますか?6・7歳(希望により11歳まで)の子どもの1人旅を出発空港から到着空港まで手伝ってくれるサービスです。この記事ではANAジュニアパイロットの利用方法をご紹介します。
たにおかまな | 247 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ruru ruru

おすすめの記事

今注目の記事