2022年7月6日 更新

突然発生する竜巻から身を守るために、知識を備えておこう!

竜巻はなんとなく外国で多いイメージがあり、「日本ではあまり起こらない」と思っていませんか?しかし意外と感じるかもしれませんが、日本では夏から秋にかけ、平均すると1週間に1回は起きている身近な災害なのです。こちらの記事では、竜巻についてお伝えします。

94 view お気に入り 0

竜巻とは

竜巻は、非常に発達した積乱雲によって発生する激しい風の渦巻きです。

多くの場合、竜巻は上から伸びる柱のような形の雲を伴います。

直径数十メートルから数百メートルで、非常に速いスピードで数キロメートルに渡って移動します。
過去に時速約90キロメートルを記録したこともあります。
そのため、短時間で、狭い範囲に集中して甚大な被害をもたらすことも。

日本でも、近年、竜巻によって住宅地などが甚大な被害を受ける災害が度々発生しています。

竜巻はいつ発生しやすいの?

日本では、竜巻は、台風や寒冷前線、低気圧などに伴って、季節を問わず発生しています。

特に、積乱雲が発達しやすい台風シーズンの9月、10月に、竜巻の発生確認数が多くなっています。

竜巻が近づくサイン

竜巻は、地震とは違い発生のサインもあります。
周りの天気が次のように変わってきている場合には積乱雲が近づいている兆しなので、竜巻等が発生しやすい状況にあります。注意してください。

●真っ黒い雲が近づき、周囲が急に暗くなる
●雷鳴が聞こえたり、雷光が見えたりする
●ひやっとした冷たい風が吹き出す
●大粒の雨や「ひょう」が降り出す

異変を感じたら、室内への避難や車の保護を素早く行うようにしましょう。

竜巻による被害の特徴は?

竜巻の恐ろしさは、巻き上げられた瓦(かわら)や看板などが猛スピードで飛んでくることです。

こうした飛散物に当たると、命を落としたり重軽傷を負うことも考えられます。
頑丈な建物の中に早めに避難をして、さらに窓ガラスから遠く離れてください。

物置や車庫、プレハブは建物ごと壊される可能性があり危険です。
30 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

夏に災害が起こったら? 熱中症、暑さ、水害などに備える防災グッズ

夏に災害が起こったら? 熱中症、暑さ、水害などに備える防災グッズ

震災は季節を問わず、突然にやって来ます。夏場に避難所生活をする場合、気になるのは暑さと衛生面です。他人に不快な思いをさせてしまうのは避けたいですよね。また、夏は風水害も頻繁に起こります。こちらでは、特に夏に揃えておきたい防災グッズを紹介します。
ruru | 3,002 view
親子で楽しく「防災」を学ぼう! おすすめ防災クイズ集【動画編】【サイト編】

親子で楽しく「防災」を学ぼう! おすすめ防災クイズ集【動画編】【サイト編】

東日本大震災が起こって11年が経ちます。動画やサイトでの「防災クイズ」集めてみました。親子で楽しく防災・減災が学べます。ぜひ、ご家族みんなで遊んでみてくださいね。
ruru | 551 view
普段から入れておくと便利な「災害アプリ」は、『雨雲』『河川情報』

普段から入れておくと便利な「災害アプリ」は、『雨雲』『河川情報』

災害における事前準備として、災害対策のアプリを活用することも防災対策のひとつになります。ですが、ただでさえ私たちのスマホの中は、アプリがいっぱい!必要な情報が、的を得て得られる災害アプリをチョイスしたいものです。それではいったいどんなアプリを入れておけばいいのでしょうか?
ruru | 656 view
【親子で読もう!】防災をテーマにした絵本16選

【親子で読もう!】防災をテーマにした絵本16選

今回ご紹介するのは「災害」「防災」を題材とした絵本です。日常から、災害のときの「こんなときどうする?」を知っておくことが大切ですね。絵を見て学び、より具体的に災害のイメージを実感できれば、事前に災害に備えるという行動につながります。これらの作品をきっかけに災害・防災について子供と一緒に考えてみてはいかがでしょう。
ruru | 1,483 view
落雷から身を守るために!雷について学んでみよう

落雷から身を守るために!雷について学んでみよう

季節問わず発生する「雷」。雷による死亡事故は毎年発生しています。特に積乱雲が発達する夏場に多く発生し、レジャー中の落雷の被害が目立ちます。落雷は身近な現象であり、その危険は私たちといつも隣り合わせ。雷から身を守るための正しい知識を身に着け、役に立てましょう。
ruru | 944 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ruru ruru

おすすめの記事

今注目の記事