2020年9月5日 更新

ポリ袋やごみ袋が防災グッズに変身!防災グッズの手作りアイデア

ポリ袋やごみ袋はどの家庭にもありますよね。防災グッズというと災害時しか使わないアイテムを中心に取り上げられがちですが、わざわざ用意しなくてもいいポリ袋やごみ袋を活用して、防災グッズを手作りする方法を学びましょう。

168 view お気に入り 0

ビニール袋とポリ袋の違いは?

コンビニのレジ袋などは、一般的に「ビニール袋」や「ポリ袋」とよばれており、この2つの言葉はほぼ同じ意味で使われています。
しかし厳密に言うと、「ビニール」と「ポリ」は種類が異なるプラスチック素材です。

今更説明の必要もないくらい、私たちの生活になくてはならないのが、「ポリ袋」。

一般的にはビニール袋と呼ばれていますが、実は今流通しているスーパーの袋やごみ袋はビニール袋ではありません。

この場合のビニールとは、ポリ塩化ビニールという素材の事を指すのですが、今流通している袋は、ほぼすべてポリプロピレンという材料で作られている袋です。

あまりにもビニール袋という名前が一般化してしまったため、今でもビニール袋という言い方するようになりました。

ポリ袋は防災時、どのように使えるの?

日常で使っていて”もしも”のときにも多機能に使えるのが、ポリ袋です。

ポリ袋があるだけで、水を運ぶタンク代わりになったり、食器を汚さず使えたり、トイレに使えたりと避難生活を衛生的、かつ快適に過ごすことができますよ。

災害時にも活躍するポリ袋のサイズは、大・中・小の3つ。

大は45Lゴミ袋、中はスーパーのレジ袋や大き目のポリ袋、小はスーパーのレジ付近にあるような野菜を入れたりする、ロールで巻かれているような小さな袋です。
大きいサイズのポリ袋は、水を運ぶ、簡易トイレを作る、穴をあけて頭からかぶれば雨避けのポンチョとしても使えます。

取っ手のついている中サイズのポリ袋も、水を運ぶのに使えます。

そして、小サイズのポリ袋の使い方もさまざま。
手袋としても使えますし、手を洗えない環境で料理をしたり、食器に被せて洗う水を節約したりもできます。
それではそれぞれ、詳しく見ていきましょう。

1.水を運ぶときに使う

52 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

災害時の「寒さ対策」に日用品が活躍! 新聞紙・ラップ・ポリ袋の活用法

災害時の「寒さ対策」に日用品が活躍! 新聞紙・ラップ・ポリ袋の活用法

秋冬にガスや電気が止まってしまったり、暖房がない場所で避難生活をしなければならない場合、少しでも寒さをしのぎたいものですよね。こちらでは、新聞紙・ラップ・ポリ袋を活用し、温かさを保つための方法を紹介します。
ruru | 1,286 view
覚えておきたい! 日用品で作ることができる防災グッズのアイデア集

覚えておきたい! 日用品で作ることができる防災グッズのアイデア集

突然の災害や避難で、防災グッズがない場合もありますよね。そういう時におすすめなのが、日用品で手作りすることです。防災グッズの中には簡単に手作りでき、とても便利なアイテムがあります。ぜひ参考に作ってみてください。
macpork08 | 1,673 view
冬の避難生活に使える!寒さ対策のための手作り防災グッズ

冬の避難生活に使える!寒さ対策のための手作り防災グッズ

寒さが厳しい冬に災害が起こったら…そう考えると非常時の防寒についても考えて起きたいですよね。そこで、新聞紙や段ボールなどの日用品で作ることができる寒さ対策の防災グッズをご紹介します。
yokapon | 6,526 view
レジ袋を持ち歩く時の便利なたたみ方

レジ袋を持ち歩く時の便利なたたみ方

2020年7月1日より、レジ袋が有料化となりました。お店によって異なりますが、2~3円するようです。今までもらったレジ袋がご自宅にたくさんある、という方はぜひ持ち歩いて再利用してみませんか?こちらでは、かさばらないレジ袋のたたみ方、そして、レジ袋を入れる携帯用の収納グッズのご紹介です。
ruru | 332 view
スリッパからトイレまで、覚えておきたい! 手作り防災グッズいろいろ

スリッパからトイレまで、覚えておきたい! 手作り防災グッズいろいろ

2019年も残りあとわずか。今年は台風がとても多く、大変な1年でした。自然災害に備えるのはもう常識ですね。 こちらでは、もしもの時のために備えておきたい防災グッズや、身近なものを利用して作ることができる防災グッズをご紹介していきます。
ruru | 1,519 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ruru ruru

おすすめの記事

今注目の記事