2022年9月15日 更新

水性ペンや絵の具とお水でいつもと違うお絵描きに♪ おうちで「にじみ絵」をやってみよう!

「にじみ絵」は、濡れた紙に絵の具や水性ペンの色をのせ、にじみや混色を楽しむ絵画技法です。芸術を通してお子さんの感性を育てることで知られる「シュタイナー教育」の現場でも取り入れられています。水彩や水性ペンの濃淡によっても、全然違う物が出来上がるのがとても楽しいアート。こちらの記事では「にじみ絵」をご紹介します。

105 view お気に入り 0

にじみ絵とは

にじみ絵とは、濡らした画用紙に水で溶かした絵の具で自由に描く絵のこと。

濡れた画用紙に筆で線を描くと色がにじんで広がりますよね。
その名の通り絵の具がにじんでいく絵画技法がにじみ絵ということです。

にじみ絵は色がにじんで変化していくので想像とは違う形になったり、色と色が重なり合って違う色になったりと予想できないところが楽しい!

画用紙の上に、筆などで水を塗ったあとに、絵の具をつけた筆先を置くようにして着色すると、ゆっくりと色が広がってにじんだ状態になり、絵の具の線や面をぼかしたような印象にすることができます。
色同士の境界線もにじみ、柔らかくて優しい色合いで表現することができます。
濡れた紙に絵の具や水性ペンで色を置き、紙にジンワリと色がにじんでいく様子が楽しい「にじみ絵」。

子供たちの想像に任せて自由に描かせてあげて下さいね。

にじみ絵のやり方

にじみ絵には、絵の具を使う場合と、水性ペンを使う場合の二通りがあります。

◆絵の具でにじみ絵を行う方法

①画用紙を濡らす(筆を使って濡らしても、霧吹きを使って濡らしてもOKです)

②筆を絵の具につけ画用紙に色をつける(色がだんだんと広がっていくのでその様子を楽しみましょう!)

③同じように色を付ける

④①~③を繰り返す
★汚れてもいいようにまず新聞紙かブルーシートをしいておきましょう
★汚れてもかまわない服を着用しましょう
★水を入れる容器もしくは霧吹きに水を入れておきましょう

水彩にじみ絵をやってみよう! - YouTube

「シュトックマー/水彩絵の具」を使って、にじみ絵にチャレンジ!どんな模様ができるかな?https://bit.ly/3fiE3tx

◆水性ペンでにじみ絵を行う方法

①画用紙を霧吹きで濡らす

②水性ペンで画用紙に色をつける(色がだんだんと広がっていくのでその様子を楽しみましょう!)

③同じように水性ペンで描く

④①~③を繰り返す繰り返す
絵の具を使う場合とほぼ同じですが、汚れる心配が少ないところが魅力です。
64 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

小学校低学年の自由研究にも! 紙ににじむ色が楽しい「にじみ絵」作品の作り方

小学校低学年の自由研究にも! 紙ににじむ色が楽しい「にじみ絵」作品の作り方

お家にあるもので簡単に本格的なアートが楽しめるにじみ絵。小学生の自由研究にもぴったりです。様々な材料で作るにじみ絵のやり方や作品アイデアをご紹介します。
yokapon | 25,877 view
夏の風物詩!伝統の花、朝顔の工作

夏の風物詩!伝統の花、朝顔の工作

朝顔(あさがお)は、梅雨の初めから夏の終盤まで咲く、日本人にはお馴染みの花です。夏休みに育てたり、学校で観察したりすることもあり、子供の頃から身近な植物ですよね。 こちらでは、そんななじみ深い花、朝顔の工作をお届けします。出来上がったら、本物と比べてみるのも楽しいです★
ruru | 3,784 view
シャボン玉でお絵描き⁉ 「バブルアート」をやってみよう♪

シャボン玉でお絵描き⁉ 「バブルアート」をやってみよう♪

「バブルアート」は、筆などではできないシャボン玉を使ったアートです。こちらの記事では、バブルアートのやり方や、どんな作品が作れるかなどをお届けしていきますよ。消えてなくなるシャボン玉をこんな風に残せるなんて素敵ですよねぇ。
ruru | 2,922 view
夏に折りたい! かわいい夏モチーフの折り紙の折り方まとめ

夏に折りたい! かわいい夏モチーフの折り紙の折り方まとめ

夏には特徴的なモチーフが色々ありますよね。これらを折り紙で再現してみると、子どもも大人も楽しめる工作になります。夏の思い出を表現できるような折り紙の折り方をご紹介します!
yokapon | 10,167 view
「紙コップ」で遊べるおもちゃを作ろう! 紙コップの簡単工作アイデア集

「紙コップ」で遊べるおもちゃを作ろう! 紙コップの簡単工作アイデア集

紙コップを使った工作をご紹介します。飛びだしたり動いたり、楽器もありますよ!また、夏休みの工作におすすめの作品も取り揃えました。ぜひ作って楽しんでみてくださいね♪
ruru | 1,232 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ruru ruru

おすすめの記事

今注目の記事