2021年2月23日 更新

備蓄用に何本、必要? 防災のためのカセットコンロとガスボンベの備え方

カセットコンロは、ガスボンベさえあればお湯が沸かせ、調理も出来、今や防災の必需品と言っても過言ではありません。ガスボンベは何本必要なのか、そしておすすめのカセットコンロやガスボンベ、ガスストーブも掲載しています。 東日本大震災で被災した筆者の経験談を交えながらお届けします。どうぞご覧下さい。

170 view お気に入り 0
災害災害時、電気やガスのライフラインが停止してしまうと一気に生活が立ち行かなくなります。

そしてそれは思いもよらす、突然やってくるのです。

カセットコンロは、災害にあったとき大いに役に立ちます。

お湯が沸かせ、加熱調理ができるようになるのは、物理的にも精神的にもとても重要なこと。

災害が冬だと暖も取れますね。

ここからは、東日本大震災時に、電気が一週間、ガス・水道がひと月止まった経験がある筆者の感想も交えて、お伝えしていきたいと思います。

1995年の阪神淡路大震災、2011年の東日本大震災での、各ライフラインの復旧までの日数は下の緑色の図のようになっています。

さらに、内閣府による首都直下地震等による東京の被害想定によれば、各ライフラインの復旧目標日数は、電気で6日、上水道で30日、ガスで55日となっています。

私たちが生活している日常の中で、電気が一週間、ガス・水道がひと月ほど止まる生活は考えられないですよね?

先日私の家で点検があり、午前中の3時間停電をしただけでしたが、かなりの不便を強いられました。

また、今年の冬の寒さで水道が凍り、数日間水が出なく大変だったという話を耳にすると、東日本大震災の時、ライフラインがあんなに長期間止まり、よくも生活していたものだと改めて驚いてしまいます。

もともと、我が家にはカセットコンロとカセットボンベがありました。
たまたま安く売っているときに、ボンベも重複して購入していたのです。

まわりの話を聞いても、リビングで鍋などをするので持っていたというご家庭が多かったです。

ですが、一人暮らしだとカセットコンロを常備している人は少ないかもしれませんし、カセットコンロって使うのがちょっと怖いと思って避けている人もいるかもしれませんね。

しかし、いざ大災害が起こったらカセットコンロがあって良かったーと心から思いますよ。

備蓄品にカセットコンロが必要な理由

電気もガスも使えない状況になったら、お湯すら沸かせません。

食べ物を温められないどころか、備蓄食料の中にはお湯がないと食べられないものもわりとあります。

そんな時には、カセットコンロがあったらものすごく助かるんです。

我が家の場合は、東日本大震災は3月でしたから、お湯をよく沸かしました。

もちろんお風呂に入れません。私はそうでもなかったですが、夫や子供の男性陣が頭がかゆい、髪を洗いたいとうるさくて、髪を洗うのによく使いました。

夏なら水で洗ってもいいかもしれませんが、3月では冷たくて無理でした(一応やってはみました)

体を拭くのも、水で絞ったタオルでは冷たいので、お湯を沸かして使っていましたね。

カセットコンロのボンベの備蓄は何本必要?

カセットボンベの備蓄量の目安は備蓄食料と同じで、7日分が推奨されています。

そこで気になるのが、カセットボンベ7日分って何本分のこと?ということなんですが、これはガスの使い方によって変わってきます。

お湯を沸かすだけなのか、簡単な調理もするのか、ということでもガスの消費量が違ってくるし、夏なのか冬なのか、季節によっても違ってきますよね。

冬は、大人2人で約9本必要です。

冬は、大人2人で約6本必要です。
60 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

災害の備えにガスボンベは何本必要? カセットコンロ&ストーブの備え

災害の備えにガスボンベは何本必要? カセットコンロ&ストーブの備え

近頃の日本を見ていると、地震・豪雨・台風など自然災害はいつ、どこで起こっても不思議ではありません。電気、水道、ガスといったライフラインは、大災害発生直後は停止し、復旧まで時間がかかることがあります。ガスの復旧は他のライフラインよりも遅くなることから、カセットコンロの備蓄は不可欠です。
ruru | 3,557 view
冬に災害が起こった時に必須!あたたかい食事をとる工夫

冬に災害が起こった時に必須!あたたかい食事をとる工夫

冬に災害が起こると心配なのが寒さ対策ですよね。着るもので行う防寒も重要ですが、あたたかい食事がとれるのかどうかも気になります。そこで、冬の災害時にあたたかい食事をとる工夫やコンロの用意についてご紹介します。
yokapon | 2,333 view
避難生活のために覚えておこう!炊飯器がないときのご飯の炊き方

避難生活のために覚えておこう!炊飯器がないときのご飯の炊き方

大地震などの災害で電気、ガス、水道などのライフラインが止まった時でも、あたたかい食事を用意したいですね。ポリ袋に入れて煮る方法や鍋で炊く方法など、炊飯器がなくてもできるご飯の炊き方を紹介します。
ヨーダ | 12,980 view
避難生活のために食料の用意を!おすすめ備蓄食料まとめ

避難生活のために食料の用意を!おすすめ備蓄食料まとめ

電気、ガス、水道といったライフラインがとまるような大災害が起きたとき、公的な支援が届くまでには数日かかると言われています。いざというときに備えて、食料の備蓄をしておきましょう!
cobachi | 5,726 view
どんな状況で何が起こるか解らない自然災害!!そんな時慌てない為の心構えと持ち出し用防災セット紹介

どんな状況で何が起こるか解らない自然災害!!そんな時慌てない為の心構えと持ち出し用防災セット紹介

地震、津波、豪雨、水害等々いつ自分に降りかかるか解らない自然災害があります。自然の力には逆らえませんが最小限に防ぐことはできます。それが防災です。それではどう防災すればいいのか調べてみました。
yokoppe | 1,886 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ruru ruru

おすすめの記事

今注目の記事