2019年12月12日 更新

在宅避難をする場合、備えておくと助かる食品にはどんなものがあるのでしょうか。

災害時、あまり被害が大きくなく自宅避難で大丈夫という場合もありますが、電気・ガス・水道が止まる可能性もあります。また、コンビニやスーパーなどの商業施設の機能が働かなくなる場合もあるので食料品のストックは大切になります。

504 view お気に入り 0

●最低3日分、できれば1週間分の備蓄が必要!

災害に遭う前に 生活のために備蓄しよう|災害 その時どうする 一覧|災害列島 命を守る情報サイト|NHK NEWS WEB

食べることは命をつなぐ大切なことです。
家族全員の食料を1週間分備蓄するのは本当に大変なことです。

大人2人、1週間分の食料の目安がこれくらいなんです
政府の中央防災会議では、交通インフラなどの長期停止に備えて「1週間分の水と食料を備蓄しよう」と推奨しています。しかし、実際に親子4人分の水と食料を目の前にしてみると、その膨大な量に驚きます。水を1日1人3リットルとすると、家族4人分で1日12リットル。1週間分で84リットル。つまり、2リットル6本入りの箱が7箱必要です。食料も1人3食分として84食の食事を用意するとなると、かなり悩むところでしょう。

例えば水の量

自宅避難に必要な水は、飲み水は大人1人1日1L・調理用の水1日2L確保が必要とは驚きます!
水は1日どれくらい飲めば良いか | 健康長寿ネット

飲み水としてだけではなく、レトルト食品やカップ麺などの調理にも必要になってくる水。
ー大人1人が必要な水の備蓄量ー

●飲み水だけなら 1週間で7リットルの水が必要

●調理用の水だけなら 1週間で14リットルの水が必要

合計すると=大人1人 1週間分は「21リットルの水」が必要

食事はまず冷蔵庫・冷凍庫の中の物を食べる

初めから備蓄品に手を付けないで!冷蔵庫や冷凍庫の中身を最初に活用しましょう。停電ともなればなおさらですね。
停電になったときの冷蔵庫の食品は、冬場でも3日程度でダメになるそうです。普段から無駄なものを買いすぎて冷蔵庫をパンパンに詰め込まないでおくことも必要ですね。
冷蔵庫の中身を全部残らず使い切る!主婦必見の「食品使い切り術」 - ユーザーレビュー

冷蔵庫の食品管理は普段からかしこく。
停電している状態であれば、もちろん冷凍食品や生鮮食品などは初日か2日目に消費しなければいけませんが、冷凍庫にペットボトルなどを入れて凍らせておけば、ある程度冷蔵庫の温度を保つことが可能になります。

冷蔵庫の中身が空になったら、その段階で初めて、備蓄している缶詰やレトルト食品などを消費し始める、という考え方をすれば、ずいぶんと揃える品数も楽になるのではないでしょうか。
【胆振東部地震に学ぶ】停電復旧までに冷蔵庫は?対処法をお伝えします!

冷蔵庫の食品はあまり開け閉めしないことが条件で、夏場1日、冬場3日はが目安
停電した冷蔵庫の中は、まずは冷蔵している生鮮品「あしの早いものから食べる」のがいいでしょう。

冷蔵庫のものを冷凍庫に移してみませんか?しばらく冷凍庫が、
クーラーボックスとして使えます。
あまり開け閉めしないでくださいね。
目安ですが、夏場1日、冬場3日は大丈夫と言われています。
45 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

災害時にも役立つ!缶詰やレトルト食品など保存食を使ったレシピ

災害時にも役立つ!缶詰やレトルト食品など保存食を使ったレシピ

災害に備えてレトルト食品や缶詰を備蓄している人も多いでしょう。ストレスがたまりがちな避難生活だからこそ、食事はおいしく食べたいですよね。そこで、備蓄食品をおいしく食べられるレシピを集めてみました!
cobachi | 6,066 view
あなたの家にはありますか?備蓄食料のススメ

あなたの家にはありますか?備蓄食料のススメ

備蓄食料と非常食の違いって知ってますか?実はまったく違うそうなんです。 備蓄食料を備えておけば、災害時はもちろん、いざ買い物に行けなくなったときに助かります。 ぜひ、備蓄食料を備えておきましょう。
miny | 2,185 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

yuma yuma

おすすめの記事

今注目の記事