2021年9月29日 更新

何でもない時こそ見直したい!防災グッズをチェックするポイント

j防災に関しては情報量も多く、防災グッズのチェックリストを見ると、「あれが足りなかった」「これがあったらいいかも」と増える一方です。でも避難するときは、そんなに大きな荷物を抱えて避難することはできません。本当に必要な防災グッズっていったい何なのでしょうか?東日本大震災を経験した筆者が、そのあと今に至るまでの10年間の情報も踏まえて、お伝えしていきたいと思います。

101 view お気に入り 0

避難場所と避難所の違い

災害時、避難する場所は大きく分けて主に2つあります。

一つは、避難場所です。避難場所は、地震などによる火災が発生し、地域全体が危険になったときに避難する場所で、火災がおさまるまで一時的に待つ場所です。

ここでは、基本的には食料や水の備えはありません。

具体的には、大規模な公園や緑地、大学などが指定されています。

もう一つは避難所です。

避難所は、地震などにより家屋の倒壊や焼失などで被害を受けた方、または現に被害を受ける恐れがある方が、一定の期間避難生活をする場所です。

ここでは、飲料水やトイレなどを備えています。
具体的には、小中学校や公民館などの公共施設が指定されています。

その他に、区市町村によっては近隣の人が一時的に集合する場所である一時(いっとき)集合場所や、自宅や避難所での生活が困難で、介護などを必要とする方を一時的に受け入れる二次避難所などもあります。

避難方法は、各区市町村によって異なります。詳しくは、みなさまの住んでいる各区市町村の防災担当課、もしくは各区市町村のホームページなどで確認してください。

緊急時に、急いでいるときに重いものを持っての移動はかなりきついものがあります。

特に子供がいる場合はなおさらです…。

防災グッズは確かに大切ですが、一番大切なものは「命」です!!

一時的な避難の時の持ち物

何よりも、ご自身と家族の命を守ることを最優先に考え、最低限の荷物で極力身動きの取りやすい状態で避難することです。

そして、本格的な救助活動や一時帰宅が許可されたのちに、追加で必要なものを避難所へ持って行くようにしましょう。

あれもこれもあったら便利、持っていきたいという気持ちはよくわかりますが、突然の大災害時に荷物を増やしてしまっては、両手が塞がり安全に避難ができません。

リュックなどの避難袋に最低限の物だけ持って急いで避難しなければ、大切な命を落としてしまう可能性も出て来てしまうのです。

まずは人命が最優先です。

そのため、災害が発生した時は最低限の一次持ち出し品、状況が変化した時に二次持ち出し品を追加するのが最善の方法です。

一次避難時に必要な物は「命を守るための最小限の持ち物」になります。

最低1日、生き延びるための品物があれば十分なのです。

【楽天市場】防災セット HIH ハザードリュック 福島県の被災者考案の「非常用持ち出し袋36点セット」 避難リュック/避難グッズ/避難セット/防災グッズ/防災用品/非常持ち出し袋/女性用(男性にも対応)/家族/一人用:【HIH】ヒカリネット

購入者全員へ脱出ハンマーをプレゼントレビューでカロリーメイトプレゼント!さらに2セット以上購入で水のいらないシャンプーか保存米をプレゼント!。防災セット HIH ハザードリュック 福島県の被災者考案の「非常用持ち出し袋36点セット」 避難リュック/避難グッズ/避難セット/防災グッズ/防災用品/非常持ち出し袋/女性用(男性にも対応)/家族/一人用
このようにセットになっているものもありますし、ご自分で必要なものを揃えてもいいですね。

避難所での私の経験ですが、正直、周りに人がいれば、自分たちだけ持ってきたものを食べたり飲んだりはなかなかしずらいです。

水とカロリーメイト、あとたまたま自宅にあったパンを持っていきましたが、水以外、手は付けませんでした。

水も、1Lのものを準備していたのですが、実際は紙コップがないと飲みにくいです。

なので、小さいサイズのものを人数分用意していればよかったと思いました。

そして、余裕があれば1Lのものも持っていけたらいいと思います。
73 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

本当に必要な防災グッズとは?選び方とおすすめ品

本当に必要な防災グッズとは?選び方とおすすめ品

防災グッズのリストを見ると、かなりの数がありますよね。本当にこんなにそろえた方がいいの?全部使うの?という疑問がわいてくるのは不自然なことではありません。今回は、実際に被災した方々のお声も交えて、防災グッズについて考えてみたいと思います。
ruru | 1,529 view
防災でよく聞く「2次の備え」とは? 食品や日用品のストックを考えよう!

防災でよく聞く「2次の備え」とは? 食品や日用品のストックを考えよう!

0次、1次ときて、2次の備えは備蓄です。地震で自宅避難となった場合だけでなく、災害による停電・断水時にも役立つものを考えなければなりません。
ruru | 1,412 view
突然の停電に備えて覚えておきたい!手作り防災グッズ「ランタン」

突然の停電に備えて覚えておきたい!手作り防災グッズ「ランタン」

災害で電気やガスが止まってしまい暗くなった時に使える、身近なもので作ることが出来る手作りランタンのご紹介をします。懐中電灯、ペットボトル、サラダオイル、空き缶などを使用して、簡単に作ることが出来るんですよ!覚えておいて損はありません♪どうぞご覧下さい。
ruru | 1,362 view
赤ちゃんのための防災グッズとは?最低限の準備のまとめ

赤ちゃんのための防災グッズとは?最低限の準備のまとめ

赤ちゃんがいる家庭において、災害に備えて日頃どのような準備をしたらいいのでしょうか?月齢などによっても変わってくるので、定期的にチェックして、現在の状況に合わせたものにすることも大切です。この機会に防災リュックを見直してみてくださいね!
ruru | 724 view
冬の災害対策していますか? 寒い中での避難に備える防災グッズまとめ

冬の災害対策していますか? 寒い中での避難に備える防災グッズまとめ

本格的なつらい冬の季節がやってきました。ですが災害は、季節を問わずに起こります。こちらでは寒い季節に災害が起きた時のために、用意しておきたい防災グッズをご紹介していきます。
ruru | 875 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ruru ruru

おすすめの記事

今注目の記事