2021年4月26日 更新

手づかみ食べの時期におすすめ♪離乳食にぴったりの「パン」レシピ集

パンは赤ちゃんの離乳食として使うことができる食材のひとつです。パンはそのままでも「手づかみ食べ」にぴったりな食材。いつごろ始めたらいいのでしょうか?保存方法は?また、いつも同じでは飽きてしまいます。ひと手間加えるだけで、片付けがラクになったり、栄養をしっかり摂れたりするので、そのレシピもご紹介します。

22,433 view お気に入り 0

離乳食にパンをあげるのはいつから?

パンはアレルゲンとなる小麦を主原料にしているので、アレルギーの心配の少ないおかゆ(米)や野菜に慣れてからのほうがよいでしょう。

離乳を開始して1ヶ月が過ぎたころを目安にします。

ただし、市販のパンは小麦以外にもアレルゲンとなる卵や牛乳が使用されていることもあるので、それぞれにアレルギーの心配がないことを確認してからのほうが安心ですね。

急いでパンをあげる必要はありません。ゆっくり進めましょう。

パンは離乳食中期からOK.
食べられると言ってもいろいろなパンが食べられるわけではありません。

まずはシンプルな「食パン」を、牛乳や水などの水分で炊いた「パンがゆ」からスタートです。

離乳食で使う食パンの選び方

「食パン」と一言で言っても、様々な食パンがあります。

バター、マーガリン、ショートニングなどの油脂や甘さを加えているものもあります。
これらは大人用に作られたものですので、赤ちゃんには不向きなことも。

選ぶときのポイントは、できる限りシンプルな原材料を使っている食パンを選ぶことが大切です。

離乳食の食パンの冷凍保存テクニックは?

食パンを冷凍するときは、1枚ずつラップに包んで冷凍し、ジップロックなどに入れ密封します。

こうすることで冷凍やけを防ぐことができます。
1斤そのまま冷凍すると、1枚を取り出すのが大変ですが、1枚ずつラップすると、使う時に楽です。

そして大切なことは、「冷凍した食パンは1週間で使い切る」ということです。

離乳食の手づかみ食べはいつから開始するべき?

手づかみ食べが始まる時期は、9カ月~11ヶ月の離乳食後期ごろです。

積極的に手づかみしようとする子もいれば、食材の感触が嫌で、なかなか手づかみをしようとしない子もいます。
「手づかみをしたい!」という子には積極的に手づかみをさせてあげ、苦手な子には無理強いせず、手がべたつきにくいものから徐々にスタートしてみましょう。

離乳食完了期に入っても手づかみ食べは継続します。

食パンの切り方(後期)

食パンは耳を切り落します。

口に入れる練習をする場合 、食パンを1cm角程の一口で食べられる大きさに切ります。

にぎる練習をする場合、半分の長さにし、食パンを1cm幅に切ります。

食パンの切り方(後期) 作り方・レシピ | クラシル

食パンの切り方(後期) 作り方・レシピ | クラシル
「食パンの切り方(後期)」の作り方を簡単で分かりやすい料理レシピ動画で紹介しています。離乳食9-11ヶ月ごろ(後期)の食パンの切り方のご紹介です。9-11ヶ月ごろは、徐々に手づかみ食べが増える時期なので、お子様の成長に合わせて色々な形に切ることで練習になりますよ。お子様の手の大きさや口の大きさに合わせてお試しくださいね。
詳しい情報はこちらからご覧下さい
それではこれより、手づかみ食べパンのレシピをご紹介していきます。
56 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

赤ちゃんに卵はいつから?どれくらい? 離乳食の卵の進め方とおすすめレシピ

赤ちゃんに卵はいつから?どれくらい? 離乳食の卵の進め方とおすすめレシピ

お子さんの離乳食で初めての食べ物をあげる時、アレルギーが一番心配ですよね。今回は、赤ちゃんの食物アレルギーで最も頻度が多い「卵」の食べ進め方、そしておすすめレシピをご紹介します。
ruru | 316 view
栄養満点のオートミールを離乳食にも!オートミールを使える時期やレシピをご紹介♪

栄養満点のオートミールを離乳食にも!オートミールを使える時期やレシピをご紹介♪

最近見かけることが多くなったオートミール。これ、栄養満点でとっても優秀な食材なんですよ!離乳食でも中期・後期・完了期と長い期間使えます。オートミールは主食にもなるので、簡単に作れるレシピも多く、赤ちゃんが喜ぶアレンジがしやすくとっても便利。ぜひ離乳食の献立に取り入れてみてくださいね!
ruru | 1,376 view
手づかみ食べの時期におすすめ♪離乳食にぴったりの「うどん」レシピ集

手づかみ食べの時期におすすめ♪離乳食にぴったりの「うどん」レシピ集

子どもが大好きなうどん。ですが、こぼしたりひっくり返したりと大変なことになっていたなんて経験はありませんか?手づかみ食べができれば、是非させてあげましょう。野菜や魚・肉を混ぜて作ればバランスよく栄養も摂れますよ♪開始時期、基本の作り方や冷凍など保存方法、そしてレシピをご紹介します。
ruru | 3,699 view
手づかみ食べにおすすめ♪「クレープ」の離乳食レシピ

手づかみ食べにおすすめ♪「クレープ」の離乳食レシピ

離乳後期(9~11カ月ごろ)になると、赤ちゃんは自分から食べ物を手でつかんで口に運ぶようになります。この時期にたくさん手づかみ食べをさせてあげましょう。おすすめメニューはクレープです。クレープと一口に言っても、様々なバリエーションがありますよ。参考にしてみてくださいね。
ruru | 4,509 view
納豆を食べさせていいのはいつから?納豆の使い方と離乳食レシピいろいろ

納豆を食べさせていいのはいつから?納豆の使い方と離乳食レシピいろいろ

発酵食品の代表格、納豆。さまざまな栄養もあり、柔らかく食べやすいので離乳食にもぴったりです。初めのころは熱湯をかけるなど、加熱したうえで食べさせてあげるといいですね。こちらでは、離乳食としての納豆のエトセトラをご紹介します。
ruru | 931 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ruru ruru

おすすめの記事

今注目の記事