2016年12月26日 更新

温度差が引き起こす?!お布団のカビ対策どうしてますか?

寒い冬、フローリングの上に直接布団を敷いていたら布団がびっしょりに!原因と対策を調べました。

6,659 view お気に入り 0

朝起きて布団を干そうとしたら黒いポツポツが!そう、黒い点は全てカビです!!

 (11185)

原因は冷たいフローリングと温かい布団の温度差による結露

畳の上に布団を敷いている方には無縁の悩みかもしれませんが、我が家は居間以外床が全てフローリング。しかしながら子どもが幼いためベッドでは落下も心配ですし、家族全員分ベッドを購入するにはコストもかかります。
そこで、フローリングに布団を敷くことに。夏場は快適だったものの、寒くなったら新しいフローリングとお布団がこんな残念なコトに!なんとかならないものでしょうか。対策を色々と調べてみました。
布団にカビが生えてしまった場合どうやって除去したらいい?
 (11195)

布団の下が湿気でびっしょり!安価ですむ湿気をとる方法
体温で暖められた布団と床の冷たさが原因で湿気て最悪の場合カビができてしまうことがあります。そこで、お金もそれほどかからずに布団が湿気ない方法をまとめてみました。

布団の湿気対策 その1 【すのこ】

 (11932)

すのこ(すのこべット)は確かに風通しをよくして布団には良いのですが、
やはり敷きっぱなしは木にカビが生えるようです。
たまには布団をあげて様子を見るようにしましょう。
 (11943)

こまめな布団の上げ下げができない方は、すのこベッド以外の除湿対策を

すのこベッドを購入したからと安心せず、布団カバーをこまめに洗濯したり、布団を敷きっぱなしにしたりせず、湿気対策には十分気をつけましょう。

布団の湿気対策 その2 【除湿シート】

フローリング床に眠る時、除湿シート除湿マット湿気取りシートは必需品です
湿気対策やカビ対策には、今や手放せません!
敷布団やベッドの下に敷いてご使用下さい
 (11930)

除湿シート(マット)とは布団の下に敷いて湿気を吸収してくれるマットのこと。
干して繰り返し使える商品も沢山あるようです。
湿気を吸うとお知らせサインがあるものもあり便利ですが、湿気が多い場所では沢山吸収するので1日で干さなくてはならない場合もあります。
 (11942)

26 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

湿気の多い日本の夏に、半永久的に使える「炭」のおすすめ!

湿気の多い日本の夏に、半永久的に使える「炭」のおすすめ!

湿気の多い夏がやってきます。できれば自然で体に良いものをそばに置き、快適に生活ができるといいですね。出雲炭八をおすすめします。半永久的に調湿をしてくれる優れ物です。
とおこ | 12 view
【お弁当対策パート2】お弁当での食中毒をなくそう!お弁当箱編

【お弁当対策パート2】お弁当での食中毒をなくそう!お弁当箱編

暖かくなってくると、お弁当の食中毒も心配になってきます。食中毒を起こさないためのお弁当箱の洗い方や、起こしにくいお弁当箱を調査しました。ぜひ参考にしてくださいね。
ruru | 761 view
寝ている時に災害が起きたら?枕元に用意しておきたい防災グッズ

寝ている時に災害が起きたら?枕元に用意しておきたい防災グッズ

就寝時に災害が起きてしまったらどうなるでしょう?真夜中に地震が発生し停電すると、身動きが取れなくなることも…。そこで寝室から玄関まで素早く移動するための枕元グッズを用意することが、命を守るポイントになります。こちらの記事では、「枕元に置きたい防災グッズ」を紹介します。
ruru | 1,366 view
あーラップの端がくっついたー!切り口が見つからない!そんなイライラを解決します

あーラップの端がくっついたー!切り口が見つからない!そんなイライラを解決します

ラップが巻き戻って端がくっついてしまうと大変。ラップの端が見つからなくてイライラになってしまいますよね。そんなイライラを解決してくれる、ラップの端の見つけ方をご紹介します。
yuma | 14,194 view
カビ掃除で、お風呂も部屋もすっきり! おすすめのカビ掃除法&洗剤

カビ掃除で、お風呂も部屋もすっきり! おすすめのカビ掃除法&洗剤

毎日しっかり掃除しているつもりでも、いつの間にか生えてくるカビ。いやですよね…。生えてしまったカビは徹底的に除去と除菌をしましょう。この記事では、特に気になるお風呂と部屋のカビの掃除方法と、効果的な洗剤をまとめました。カビに悩んでいる方は、参考にしてみてくださいね。
ruru | 1,686 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Raluka Raluka

おすすめの記事

今注目の記事