2023年6月30日 更新

牛乳を飲むらなら、マグネシウムにもとってね!? 日本人はマグネシウム不足

カルシウムとマグネシウムの理想のバランスは、カルシウム:マグネシウム=2:1~3:1が理想的です。牛乳やヨーグルトでカルシウムを摂ったらマグネシウムもバランスよくとり入れましょう。日本人の現代の食事内容ではマグネシウムが足りていないようです。

697 view お気に入り 0

マグネシウムの働き

マグネシウムは必須ミネラルです。
必須ミネラルとは、これを取らないと体の健康を維持できないという大切な物です。
マグネシウムは栄養素の合成、筋肉の調整や心臓の調整の役割をしています。

マグネシウムが不足すると、筋肉の痙攣、足が攣ったり、不整脈が起こりやすくなったりします。長期的なマグネシウム不足は骨粗鬆症、心疾患などの生活習慣病のリスクを高める可能性があると言われています。

江戸煩い

江戸煩いってご存知ですか?
江戸時代の頃玄米を食べていた庶民が白米を食べる習慣が江戸から広がり奇妙な病がその頃から流行りました。
白米を食べる習慣は都市部から広がり、地方ではまだまだ玄米食が中心だった当時、江戸を訪れた地方の大名や武士に、足元がおぼつかなくなったり、寝込んでしまったりと、体調が悪くなることが多くなりました。 そんな人たちも故郷に帰るとケロリと治ってしまうことが多かったため、この病は「江戸わずらい」と呼ばれました。

ビタミンB1不足が招いた「脚気」という病気が原因でした。胚芽部分に多く含まれているビタミンB1が、精米で削られてしまうため、白米にするとわずかしか残りません。当時の人々は一汁一菜が基本で、ご飯を大量にとり、おかずの量も数も少なかったこともビタミンB1不足の原因となっていました。
現代の主食は、白米、真っ白なパン、現代の食事は主食からミネラルが補給できない状態です。ここでは、ビタミンB1が取り上げられていますが。

マグネシウムも玄米を食べることで摂取できます。

マグネシウム1日の必要摂取量は?

マグネシウムの1日の必要摂取量を見てみましょう。
成人男性 400〜420mg
  女性 310〜320mg です。
下の表を参考に子どもの必要摂量の確認をしてみましょう。
マグネシウム必要摂取量

マグネシウム必要摂取量

摂取基準は、米国の医療制度に準じて記載されているため、日本に当てはまらない内容が含まれている場合があるそうです。
現代の白米、白いパンなどのミネラルのない主食と、軟水のため(日本の水はミネラルが少ないです)日本人は、マグネシウムは不足しています。

カルシウムとのバランスが大切

 (125901)

カルシウムとマグネシウムはバランスが大切です。
バランスは、カルシウム:マグネシウム=2:1~3:1が理想的です。
バランスが崩れると、どちらか一方のみを十分に摂取しても、骨量が低下したりホルモンバランスが崩れるなどして体に様々な悪影響を引き起こす可能性があると言われているので注意してください。

カルシウムが必要です。と牛乳を推奨されますが、牛乳の成分をみてみるとカルシウムが多く含まれ、マグネシウムとのバランスが崩れていることがわかります。

マグネシウムを他の食品から摂取することをお勧めします。

マグネシウムの含まれている食べ物

どんな食品からマグネシウムが摂取できるか調べました。
日本標準成分表 文部科学省のサイトを参考にしました。
36 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

牛乳パックでエコ工作!子どもと一緒にできる楽しいアイデア7選

牛乳パックでエコ工作!子どもと一緒にできる楽しいアイデア7選

牛乳パックは捨てちゃう?もったいない!実は、牛乳パックは子どもと一緒に楽しめる工作の宝庫なんです。この記事では、子どもと一緒にできる、牛乳パックを使ったエコ工作アイデアを7選ご紹介します。動物や乗り物、おままごと遊びなど、子どもが大好きなモチーフを使った工作から、知育玩具や貯金箱など、遊びながら学べる工作まで、バラエティ豊かなアイデアが満載です。必要な材料は、牛乳パックとハサミ、ペンなどの基本的なものばかり。工作初心者でも簡単に作れるものばかりなので、親子で一緒にチャレンジしてみましょう。
セツナ | 363 view
切り餅がもちもちの大福に変身♪ 切り餅で作る大福レシピいろいろ

切り餅がもちもちの大福に変身♪ 切り餅で作る大福レシピいろいろ

もっちりとおいしい大福は、みんなに人気のあるスイーツのひとつですね。最近では昔からあるあんこのほかにも、洋風のものや、フルーツが入っている大福が話題です。自宅でも市販の切り餅を使い、簡単に作ることができるんですよ。その大福のおススメレシピ集です。
ruru | 192 view
子どもの成長に欠かせない「カルシウム」を、手軽に取り入れる食べ物&レシピ

子どもの成長に欠かせない「カルシウム」を、手軽に取り入れる食べ物&レシピ

カルシウムをできるだけたくさん摂って欲しいと思い、カルシウムをたくさん含む食品や料理を意識しているパパ・ママは多いと思います。子供にどれだけカルシウムが必要なものなのか、どのような食品に多く含まれているのか、そしてレシピをまとめています。ぜひ参考にしてみてくださいね。
ruru | 244 view
最近よく見かけるオーツミルクってどんなドリンク?市販のおすすめオーツミルクも!

最近よく見かけるオーツミルクってどんなドリンク?市販のおすすめオーツミルクも!

オートミールは市場が年々拡大しており、朝食や離乳食などに取り入れている方も多いでしょう。オーツ麦の栄養をギュッと詰めこんだオーツミルクは、まさに飲むオートミールといえます。こちらの記事では、オーツミルクにスポットを当て、お届けしていきます。
ruru | 1,052 view
昭和レトロ♡エモい!懐かしの昭和おやつレシピまとめ

昭和レトロ♡エモい!懐かしの昭和おやつレシピまとめ

近頃では、昭和レトロが流行中!おばあちゃんが作ってくれた昭和のおやつは、素材の味が生きていてとても素朴で美味しいんです。その思い出を共有したく、懐かしいあの味が蘇るレシピをまとめました。
ruru | 2,805 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

とおこ とおこ

おすすめの記事

今注目の記事