2020年10月6日 更新

今年の秋は梨を味わい尽くす!梨のエトセトラを調査♬

秋の味覚、梨。ジューシーで、シャキシャキした、特有の食感が好きな人も多いでしょう。今回は梨の栄養、保存方法、選び方、切り方、そしてレシピと多方面から調査してみましたよ。どうぞご覧ください。ますます梨が好きになっちゃうかも!?

2,748 view お気に入り 0

梨の栄養と効能

 (63983)

梨は低カロリーで栄養のある果物

梨は、そのみずみずしさからも想像できる様に成分の90%は水分でできています。そのため、100gで43kcalと低カロリーです。
リンゴが100gで54kcalなのでカロリーを気にする方はリンゴより梨の方がおすすめです。

水分の他にはカリウムと銅などのミネラルが多く含まれています。
妊活や妊婦に必要とされてる葉酸や、アミノ酸の一種であるアスパラギン酸、体内に栄養を吸収しやすいように食べ物を分解する消化酵素、食物繊維など他にもさまざまな栄養分が入ってます。

梨の果汁には、リンゴ酸やクエン酸など疲労回復の効果がある栄養素が含まれているので、夏バテ対策としてもおすすめです。
 (63984)

美容やダイエットにも効果あり

梨は栄養価が高いだけでなく、カロリーが低いのでダイエットにおすすめの果物といえます。

また水分を多く含んでいるため満腹感も得やすく間食にも適しています。
焼き肉など、美味しくてついつい食べ過ぎた場合でも、梨の消化酵素が消化不良を改善したり、食物繊維や整腸作用のある、ソルビトールの働きにより腸のぜん動運動を活発にしてくれます。

また、美容にも効果があり、梨を食べた時に感じるザラつきには美容効果のあるペントザンが含まれています。

ペントザンには吹き出物を改善するなど、肌の調子を整えてくれる効果があります。

また、梨にはカリウムという成分も含まれており、余計な塩分を体外へ排出するので、肌のむくみを取ってくれる効果もあるのです。
 (63985)

おいしい梨の選び方

見た目で判断する方法

●大きさ
梨は大きさで味の濃さが変化します。品種によって大きさは異なりますが、同じ品種なら大きい方を選ぶようにしましょう。大きいと味が薄くなるイメージを持ってる方もいると思いますが、梨に関しては、大きい方が味は濃くて美味しいです。

●形
梨はおしりの方に甘味がたまるので、形によって甘さが変わります。梨のおしりというのは、ヘタの付いてない方を指し、高さのある梨よりも横に平べったくなってる梨の方が甘みを多く楽しむことができます。
 (63986)

手触りで判断する方法

梨は手触りで鮮度や水分量が判断できるので、商品を選ぶ際は手にとって確認しましょう。梨の皮の表面はざらざらしていて、熟してくるとともにツルツルになっていきます。
また、重さで水分量がわかるので、同じ大きさの場合は重たい方が水分量が多くジューシーです。

鮮度を知りたい時は、梨の固さを確認してみて。
梨は採れたてのものほど固さがあります。
柔らかい梨は熟している証拠です。
場合によっては痛み始めている可能性があるので注意してください。
 (63987)

67 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

子どもの日に♪簡単に作れる鯉のぼりスイーツ10選

子どもの日に♪簡単に作れる鯉のぼりスイーツ10選

こどもの日のスイーツといえば柏餅やちまきが一般的ですが、 お菓子作りがちょっと苦手、という方や初心者でもチャレンジしやすい鯉のぼりを模したスイーツレシピをご紹介します。市販のお菓子やパンにチョコペンで描いたり、フルーツをデコるだけ、という簡単なレシピもありますよ。簡単でもとってもかわいい仕上がりです。ぜひ参考にしてみてくださいね。
ruru | 958 view
洗い物なし!ポリ袋(キッチンパック)ひとつでお手軽お菓子レシピ

洗い物なし!ポリ袋(キッチンパック)ひとつでお手軽お菓子レシピ

手作りのお菓子って本当に美味しいし、作るのも楽しいですよね。ですが、大量に洗い物が出てしまうのがおっくう…。そんな時にはポリ袋を利用しましょう!今回はポリ袋ひとつで作れるお菓子のレシピをご紹介していきます。
ruru | 1,458 view
オレンジカリフラワーについてのあれこれ!特徴や栄養価、レシピなどなど

オレンジカリフラワーについてのあれこれ!特徴や栄養価、レシピなどなど

カリフラワーといわれて一般的なものは、白色のつぼみのものでしょう。しかし、つぼみがオレンジ色のオレンジカリフラワーもあるんです!店頭ではあまり見かけることはありませんが、インパクトのあるその見た目から近年注目され始めています。
ruru | 3,706 view
秋になると食べたくなる♪ 「さつまいも」の選び方とおすすめレシピ

秋になると食べたくなる♪ 「さつまいも」の選び方とおすすめレシピ

さつまいもの旬は10月~1月で、これからが一番美味しい時期です。おかず、お弁当、そしてスイーツと、幅広い調理法があるのもうれしいところ。こちらの記事では、さつまいもの栄養、選び方、そしてレシピをお伝えしていきます。
ruru | 1,079 view
〈バター、生クリーム不使用〉オートミールで作る!罪悪感なしスイーツレシピ集

〈バター、生クリーム不使用〉オートミールで作る!罪悪感なしスイーツレシピ集

“オートミール”は栄養面でも注目される素材ですが、代表的な低GI食品のひとつで、食物繊維豊富なことからダイエットに効果的であることがよく知られています。バターと生クリームが不使用ならますますヘルシーですね。こちらの記事では、ダイエッターの方にはもちろん、子どものおやつにもピッタリなノンバター、ノン生クリームのオートミールスイーツレシピをご紹介します。
ruru | 1,250 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ruru ruru

おすすめの記事

今注目の記事