2021年12月30日 更新

おせち料理を離乳食でも♪ 赤ちゃんと過ごすお正月に作りたいおせちレシピ

もうすぐお正月ですね。赤ちゃんが家族に加わったことで、楽しくも大変だった一年ではなかったでしょうか?大人はいつものおせち料理、赤ちゃんには離乳食おせちで、新年を迎えてみてはいかが?

504 view お気に入り 0

赤ちゃんが食べてはいけないお正月食材

まずは、おせち料理で赤ちゃんに食べさせてはいけない食材、控えたほうがいい食材を紹介します。

◆餅

おもちはお正月の定番食材ですが、伸びて噛みちぎりにくく、のどに詰まらせる可能性もあるので離乳食期の赤ちゃんには食べさせないほうが賢明です。

離乳食が終わっていても、3歳ごろまでは控えたほうがいいでしょう。

3歳以降でも食べる際は必ず大人がつき見守り、小さく切って一口ずつゆっくりと食べさせます。

◆えび

海老は弾力がありますので、小さく切ってあれば1歳前後から食べられます。

必ず加熱したものにしましょう。

海老は、何歳になってもアレルギーが発症しやすいものなので、病院がお休みのところも多いので、初めて正月に食べるのはアレルギーがでたときのリスクがありますよね。

お正月より前に食べさせておくと安心です。

はじめてならお正月の時期にあげないようにしましょう。

◆かずのこ、かまぼこなど

特に決まりはありませんが、魚卵はアレルギーの頻度が高めの食品。

アレルギーがなければ2歳から食べることは可能ですが、幼児期にはじめて食べてアレルギーになるというケースのある食品です。
数の子は魚卵なので、卵・魚類のアレルギーがなければ2歳からにしましょう。

それでも塩辛いので少量のみがいいでしょう。

かまぼこは、添加物が多いので普段は控えた方がベターですが、少量であれば1歳からであればOKです。

弾力があるので注意しましょう。

また、塩分も実は多いので、食べるときはあまり多くないほうがいいでしょう。

53 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

赤ちゃんに卵はいつから?どれくらい? 離乳食の卵の進め方とおすすめレシピ

赤ちゃんに卵はいつから?どれくらい? 離乳食の卵の進め方とおすすめレシピ

お子さんの離乳食で初めての食べ物をあげる時、アレルギーが一番心配ですよね。今回は、赤ちゃんの食物アレルギーで最も頻度が多い「卵」の食べ進め方、そしておすすめレシピをご紹介します。
ruru | 1,720 view
離乳食に魚を使うのはいつから?進め方とおすすめレシピ

離乳食に魚を使うのはいつから?進め方とおすすめレシピ

日本は、お魚を食べる食文化が発達しています。白身魚はタンパク質やビタミン類を含み、脂肪が少なく消化吸収がよいので離乳食初期から食べることができますよ。9ヶ月頃から食べられる青魚にはDHAも豊富。たくさん食べてもらい、元気に育ってほしいですね。
ruru | 3,576 view
栄養たっぷり♪旬の夏野菜で作る離乳食レシピいろいろ

栄養たっぷり♪旬の夏野菜で作る離乳食レシピいろいろ

近頃は、ほとんどの野菜が1年中手に入れられるようになりました。ですが、食べ物に一番栄養が含まれているのは旬の時期ですよね。特に夏は、旬の野菜がもりだくさん!人気の夏野菜を、離乳食にも積極的に取り入れてみましょう。
ruru | 2,626 view
ずぼらな主婦でも♪面倒な離乳食の簡単な作り方

ずぼらな主婦でも♪面倒な離乳食の簡単な作り方

離乳食は栄養バランスを考えて作るため、とっても手間で時間がかかります。そのためストレスがたまる人も多いですよね。しかしちょっと工夫すれば、簡単に作れるレシピも♪今回は簡単に作れる離乳食のおすすめを紹介します。
macpork08 | 2,576 view
赤ちゃんも一緒に楽しめる♪ハロウィン【初期から完了期まで】離乳食レシピ

赤ちゃんも一緒に楽しめる♪ハロウィン【初期から完了期まで】離乳食レシピ

赤ちゃんは離乳食だからハロウィンを楽しめないと思っていませんか?実は離乳食からでも、アレンジ次第でハロウィンを楽しめます!今回はそんなハロウィンレシピを、初期の離乳食からご紹介します。
macpork08 | 5,430 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ruru ruru

おすすめの記事

今注目の記事