2024年4月6日 更新

過剰摂取すると危険!実はたくさん食べたらNGな食べ物

飽食の時代です。スーパーに行けば好きなものが手に入ります。自由な世の中になりました。忙しい毎日の中で簡単に食べられるものに手を伸ばしがちですが、毎日の習慣にして食べてはいけない物も知っておきましょう。

29 view お気に入り 0
健康な毎日を過ごすためには、何を食べるかが重要になってきます。
当たり前ですが私たちの体は、食べたもので作られていきます。毎日何を選んで体に摂取していくかとても重要です。
今回は、習慣化となり、過剰摂取すると体に悪いものをご紹介いたします。
 (137204)

活性酸素

活性酸素は、細胞伝達物質や免疫機能として働く一方で、過剰な産生は細胞を傷害し、がん、心血管疾患ならびに生活習慣病など様々な疾患をもたらす要因となります。そのため生体内には、活性酸素の傷害から生体を防御する抗酸化防御機構が備わっていますが、活性酸素の産生が抗酸化防御機構を上回った状態を酸化ストレスといいます。
活性酸素は体に良い一面もありますが、過剰に増えてしまうと、健康を害することがわかっています。この活性酸素を過剰に増やさないことが健康にとって大切だと考えられています。

習慣化すると行けない食べ物

習慣化すると活性酸素を過剰に増やしてしまう食べ物を10個あげていきますね。以下のYouTubeを参考にさせていただきました。

カラダを酸化させる最悪な食べもの10を紹介します。【栄養チャンネル信長】

栄養ちゃんねる 信長さんより

10 トランス脂肪酸

 (137207)

マーガリンや、ショートニングです。サクサクとしたクッキーには必ず入っています。子供用のビスケットにも入っているので、毎日、頻繁に食べるのはお勧めしません。大人も同様です。大人は老化が促進します。

9 キャノーラ油

体の中で酸化してしまうそうです。トランス脂肪酸が多く含まれいる場合が多いとの話も、、。
ラットの実験で摂取したラットの寿命が短くなったという実験結果が出ています。しかし、人間での実験の結果はないようですが、毎日摂取する油としては危険性が考えられます。

8 グルタミン酸

39 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

子どもたちの食生活を守る!もっと広がってほしい「オーガニック給食」

子どもたちの食生活を守る!もっと広がってほしい「オーガニック給食」

子供たちの体を作る大事な食事うちの1回がお昼の給食。化学肥料を使用しない農産物によってつくられた「オーガニック給食」が全国で広がりを見せています。そもそもオーガニックとは何?オーガニック給食のメリット、日本のオーガニック給食実施例などを掘り下げていきます。
ruru | 119 view
子どもの成長に欠かせない「カルシウム」を、手軽に取り入れる食べ物&レシピ

子どもの成長に欠かせない「カルシウム」を、手軽に取り入れる食べ物&レシピ

カルシウムをできるだけたくさん摂って欲しいと思い、カルシウムをたくさん含む食品や料理を意識しているパパ・ママは多いと思います。子供にどれだけカルシウムが必要なものなのか、どのような食品に多く含まれているのか、そしてレシピをまとめています。ぜひ参考にしてみてくださいね。
ruru | 242 view
もしものときに使える!防災に役立つキャンプ用品まとめ

もしものときに使える!防災に役立つキャンプ用品まとめ

いつ起こるともわからない自然災害。ライフラインが途絶えてしまった時、役立つのがアウトドア用品とそれを扱う日頃の経験です。今回は、想定される災害時で役に立つキャンプ用品をまとめてみました。
ruru | 2,495 view
無添加の食パンを選びたい人に! 通販でお取り寄せできる人気の「無添加食パン」

無添加の食パンを選びたい人に! 通販でお取り寄せできる人気の「無添加食パン」

毎日の食卓に欠かせない「食パン」。ですが、パンの添加物を気にする人が増えてきています。子どもには安全性の高い食パンを食べさせたいですよね。こちらでは、通販で購入できる無添加の食パンをご紹介します。
ruru | 6,363 view
いざという時役に立つ! [防災豆知識]災害時の食事・調理の工夫

いざという時役に立つ! [防災豆知識]災害時の食事・調理の工夫

ライフラインがとまってしまうような大きな災害の時は、調理や食事に工夫をしなければなりません。出来るだけ水を使わずに調理する方法、洗い物を出さないで食事を作ったり食べたりする方法、ガスコンロでご飯を炊く方法など、貴重な情報をご紹介いたします。
ruru | 6,917 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

とおこ とおこ

おすすめの記事

今注目の記事