2020年8月19日 更新

【防災の基本】わかるのは浸水の被害だけじゃない!ハザードマップの見方

「ハザードマップ」はご存知でしょうか?区市町村ごとに作成されていて、住んでいる地域より紙ベースで配られるもののほか、パソコンやネットでも確認することが出来ます。災害に備えるための基本は、ハザードマップをチェックすることから始まりますよ。こちらでは、ハザードマップの見方をご紹介していきます。

132 view お気に入り 0

ハザードマップとは?

自然災害が発生した場合に被害が想定されるエリアや避難場所などが地図上に示されたものです。

区市町村ごとに作成されています。また、防災マップなどと呼ばれることもあります。

洪水、内水氾濫、土砂災害、高潮によって被害が異なるので、ハザードマップは災害種別ごとに確認しましょう。

そして、自宅にハザードマップがあるか確認してみましょう。自宅にない場合は、役所またはホームページなどで入手できます。

自然災害はいつ起こるかわかりません。

ハザードマップの基本的な使い方を理解し、住まいの地域の防災情報を日常よりしっかりチェックできるようになりましょう!

ハザードマップの例

このハザードマップでは、エリアごとに浸水する深さが示されています。
例えば、浸水する深さが3.0mのエリアであれば、1階相当が水没、5.0mであれば2階相当が水没することが示されています。

国土交通省のハザードマップポータルサイトでも確認してみよう。

ハザードマップは、防災に役立つ国土交通省のポータルサイトで公開されています。

https://disaportal.gsi.go.jp/

地震や水害など身の回りの防災に役立つ情報をまとめた地図で、国土交通省がポータルサイトを運営しています。

これらはレスポンシブな作りになっていて、パソコンからでもスマホ/タブレットからでも使えるようになっています。
!!※重要※!!

このポータルサイトを活用するためには、事前に表示されている内容を確認しておく必要があります。

自宅はもちろん、職場、子どもの保育園などで災害リスクを調べておこう。

ハザードマップポータルサイト

ハザードマップポータルサイト
国土交通省が運営する、「ハザードマップポータルサイト」です。身の回りでどんな災害が起こりうるのか、調べることができます。
ハザードマップポータルサイトへはこちらから
58 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

地震や洪水にどうやって備える?ハザードマップを見て避難方法を考えよう!

地震や洪水にどうやって備える?ハザードマップを見て避難方法を考えよう!

ハザードマップをご存知ですか?災害時の避難行動に役に立つハザードマップの種類や入手先、スマートフォンなどでハザードマップが確認できるアプリなどをまとめました。
ヨーダ | 2,355 view
いつ避難すればいいの?「避難準備情報」と「避難勧告」の違いとは

いつ避難すればいいの?「避難準備情報」と「避難勧告」の違いとは

浸水、洪水、土砂災害などの被害に遭わないためには正しい情報を知って、早めの避難を心がけることが大切です。台風や大雨の時、ニュースなどでよく耳にする「避難勧告」や「避難指示」という言葉。あなたは避難勧告と非難指示の違いを知っていますか?
cobachi | 3,112 view
防災公園とは?防災の知識を体験できる身近な施設をチェックしよう!

防災公園とは?防災の知識を体験できる身近な施設をチェックしよう!

防災公園をご存知でしょうか?防災公園には様々な機能が備わっているんです。今回は防災公園について、一緒に学びましょう。
ruru | 35 view
夏に災害が起こったら? 熱中症、暑さ、水害などに備える防災グッズ

夏に災害が起こったら? 熱中症、暑さ、水害などに備える防災グッズ

震災は季節を問わず、突然にやって来ます。夏場に避難所生活をする場合、気になるのは暑さと衛生面です。他人に不快な思いをさせてしまうのは避けたいですよね。また、夏は風水害も頻繁に起こります。こちらでは、特に夏に揃えておきたい防災グッズを紹介します。
ruru | 681 view
台風や集中豪雨が引き起こす「水害」に備える! 情報の集め方と避難方法

台風や集中豪雨が引き起こす「水害」に備える! 情報の集め方と避難方法

台風や集中豪雨などが気になる季節です。その時の情報の集め方や避難の方法を知っていますか。 ハザードマップ、大雨警報・注意報、洪水警報・注意報、指定河川洪水予報などに気を付けるために少し勉強しておきましょう。
yokapon | 642 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ruru ruru

おすすめの記事

今注目の記事