2023年7月16日 更新

子どものアレルギーについて。その症状や検査方法、対策は?

近年、小児アレルギーの患者数が増加傾向にあります。食物アレルギー、アトピー、ぜんそく…かゆみ、せきだけでなく、命にかかわる症状も。子どものアレルギーとは、どういったものなのでしょうか?

136 view お気に入り 0
 (124833)

子どものアレルギーとは?

アレルギーとは、身体を守るために免疫が過剰に反応することで引き起こされ、かえって身体に害を及ぼしてしまうことを言います。
小児アレルギーは、下痢、嘔吐、腹痛、せき、呼吸困難、アトピー性皮膚炎、蕁麻疹(じんましん)、鼻水鼻づまり、アレルギー性結膜炎、発熱、頭痛、むくみ、など様々な症状で表れます。
気管支喘息、アトピー性皮膚炎、食物アレルギー、アレルギー性鼻炎などが代表的な疾患となります。
 (124772)

よく見られるアレルギーには、食べ物がアレルゲン(アレルギー症状を引き起こす原因となるもの)となる食物アレルギー、ハウスダストなどの吸入性アレルゲンによって発症する気管支喘息などです。

その一方で、成長とともに症状が改善・軽減していくことも多いのが小児アレルギーの特徴となっています。
食物アレルギーの有病率は5-10%(乳児期)、アトピー性皮膚炎は10-20%、喘息は20%(乳児期)と非常に多い病気です。
 (124837)

小児のアレルギー疾患

アレルギー反応を起こす原因となるアレルゲンには、食物・ダニ・ホコリ・カビ・ペットの毛・花粉などといわれています。

アレルギー以外の原因としては、タバコの煙、風邪、感染症などがあり、大気汚染や気圧の変化、服用している薬剤の影響、過労や睡眠不足などストレスによって喘息を引き起こすことも考えられています。

◆アトピー性皮膚炎

痒みのある湿疹を左右対称に起こしやすい皮膚疾患で、繰り返し症状を起こしてしまうケースが多くなっています。皮膚のバリア機能が低下して悪化させやすいため注意が必要です。

ドライスキンで皮膚のバリア機能が低く、アレルギーを起こしやすい素因があると発症しやすいとされています。

原因はまだはっきりとわかってはいませんが、遺伝的・環境的な要因が絡み合って発症すると考えられています。
 (124840)

◆アレルギー性鼻炎・花粉症

55 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

子どものアレルギーとその原因!添加物はアレルギーに影響しているの?

子どものアレルギーとその原因!添加物はアレルギーに影響しているの?

この記事では、子どものアレルギーについてお届けします。子供は免疫機能が弱いため、添加物を多く摂り続けるとアレルギー症状などの原因になるとも…。添加物は食品だけでなく、他にもいろいろなものに含まれています。
ruru | 527 view
その子どもの咳、喘息かも?咳で夜眠れない時の対処法は?

その子どもの咳、喘息かも?咳で夜眠れない時の対処法は?

小児ぜんそくは子どもに起こる喘息で、子どもの3~9%に起こる頻度の高い病気です。こちらの記事では、子どもの喘息とはどういう病気なのか、そして子どもの咳が止まらない場合どうしたらよいのかをお伝えしていきます。
ruru | 780 view
夏だけじゃない子どもの熱中症対策5選

夏だけじゃない子どもの熱中症対策5選

最近は40度近くまで気温が上がることもあり、熱中症が心配ですよね。特に小さな子どもは、急に体調を崩すことも。子育て歴11年の経験から、効果のあった熱中症対策を5つ紹介します。
ちこた | 53 view
見ていてツラい子どもの花粉症!対策グッズにはどんなものがあるの?

見ていてツラい子どもの花粉症!対策グッズにはどんなものがあるの?

年々増えていると言われる子どもの花粉症。自由に外遊びができなかったり、勉強や遊びに集中できなかったりすると、親としては心配してしまいますね。 そんな辛い花粉飛散の時期、子どもが少しでも快適に過ごすための対策アイテムにはどんなものがあるのでしょうか?
ruru | 635 view
アレルギー・アトピーっこの食事には和食がおすすめ!

アレルギー・アトピーっこの食事には和食がおすすめ!

アレルギーやアトピーを改善するための大切な要素の一つは、食生活の改善だと言われます。では、アレルギーやアトピーのお子さんがいるご家庭ではどんな食事を心がければいいのでしょう?摂り過ぎに気をつけたいもの、積極的に摂りたいものを挙げながら、おすすめの食生活を考えます。
cobachi | 4,563 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ruru ruru

おすすめの記事

今注目の記事