2019年7月11日 更新

台風や集中豪雨が引き起こす「水害」に備える! 情報の集め方と避難方法

台風や集中豪雨などが気になる季節です。その時の情報の集め方や避難の方法を知っていますか。 ハザードマップ、大雨警報・注意報、洪水警報・注意報、指定河川洪水予報などに気を付けるために少し勉強しておきましょう。

1,675 view お気に入り 0

水害への準備はできていますか?

防災と聞くと大地震への備えというイメージが強くなってしまいがち。ですが、日本ではほかにも様々な自然災害に遭うこともあります。特に近年増えているのが集中豪雨や台風などによる水害です。水害への備えとして、水害に関する情報収集のために知っておきたい知識をご紹介します。

浸水の程度

まず、台風や集中豪雨で雨がたくさん降ったり、洪水や河川の氾濫で浸水被害が起こることがありますよね。浸水の深さを浸水深というのですが、その量によっても被害が異なります。

例えば、浸水深が50㎝に満たなければ、だいたい大人の膝ぐらいの高さになります。これだと浸水被害としては床下浸水に。ですが、50㎝以上になれば、床上浸水になる恐れがあるということを目安として知っておきましょう。

浸水深と被害の目安としては上でもご紹介した通り、50㎝未満で床下浸水、50㎝~1mくらいで大人の腰までつかるような床上浸水になります。また、2mくらいまで行けば1階が浸水、2mから5mで2階までが浸水するといわれています。

浸水したときの避難方法

50㎝程浸水して膝まで水がきてしまうと歩くのも大変で徒歩による避難は危険とされています。実際に浸水深が50㎝程度でもゴムボートで救助されている例があるんです。

マンションなどの高い建物いいる場合は、無理に非難する必要はありませんが、一戸建てなどのお家では上層階に移動しておく必要があります。

浸水深が0.5~3.0mくらいのときは、1階に住んでいる場合は貴重品などをもって避難の心配もしなければいけません。河川の水位などの情報を気にしながら避難所に行くという方法もあります。
47 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

タイミングや服装は?水害に備えて避難する時に気をつけたいこと

タイミングや服装は?水害に備えて避難する時に気をつけたいこと

各地で異常気象による水害の被害が頻繁に起こっています。水害に備えて避難する時にはどのようなことに気を付けたらいいのでしょうか?こちらの記事を参考にして、それぞれの家庭で、日常より話し合っておきましょう。
ruru | 312 view
災害対策!マンションでの水害リスク、水害対策を考える

災害対策!マンションでの水害リスク、水害対策を考える

ここ数年、日本では過去の常識では対応できないような水害が増えています。数年前のタワーマンションの浸水は記憶に新しいところですね。さて、マンションに住んでいる私たちは、どのような被害が想定され、そしてどのような対策を取ればいいのでしょうか?
ruru | 337 view
2021年ver.近年、多く発生している土砂災害から身を守りましょう。

2021年ver.近年、多く発生している土砂災害から身を守りましょう。

近年、気象状況の変化等により、土砂災害が増加しています。土砂災害から身を守るためには、私たち一人ひとりが土砂災害に対して日頃から備えておくことが重要です。この記事では、そのために知っておくべきポイントを紹介します。
ruru | 386 view
家庭でできる水害対策とは? 水害への備えや防災グッズをご紹介!

家庭でできる水害対策とは? 水害への備えや防災グッズをご紹介!

大型台風、ゲリラ豪雨……と近年、水害の被害が拡大してきています。ですが、地震や火災に比べ、水害は家庭での防災意識がまだまだ低いものとなっているような気がします。豪雨による被害や事故にあわないためには、そして被害を最小限にするにはどのようにすればよいのでしょうか?
ruru | 833 view
防災公園とは?防災の知識を体験できる身近な施設をチェックしよう!

防災公園とは?防災の知識を体験できる身近な施設をチェックしよう!

防災公園をご存知でしょうか?防災公園には様々な機能が備わっているんです。今回は防災公園について、一緒に学びましょう。
ruru | 1,731 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

yokapon yokapon

おすすめの記事

今注目の記事