2019年7月11日 更新

台風や集中豪雨が引き起こす「水害」に備える! 情報の集め方と避難方法

台風や集中豪雨などが気になる季節です。その時の情報の集め方や避難の方法を知っていますか。 ハザードマップ、大雨警報・注意報、洪水警報・注意報、指定河川洪水予報などに気を付けるために少し勉強しておきましょう。

29 view お気に入り 0

水害への準備はできていますか?

防災と聞くと大地震への備えというイメージが強くなってしまいがち。ですが、日本ではほかにも様々な自然災害に遭うこともあります。特に近年増えているのが集中豪雨や台風などによる水害です。水害への備えとして、水害に関する情報収集のために知っておきたい知識をご紹介します。

浸水の程度

まず、台風や集中豪雨で雨がたくさん降ったり、洪水や河川の氾濫で浸水被害が起こることがありますよね。浸水の深さを浸水深というのですが、その量によっても被害が異なります。

例えば、浸水深が50㎝に満たなければ、だいたい大人の膝ぐらいの高さになります。これだと浸水被害としては床下浸水に。ですが、50㎝以上になれば、床上浸水になる恐れがあるということを目安として知っておきましょう。

浸水深と被害の目安としては上でもご紹介した通り、50㎝未満で床下浸水、50㎝~1mくらいで大人の腰までつかるような床上浸水になります。また、2mくらいまで行けば1階が浸水、2mから5mで2階までが浸水するといわれています。

浸水したときの避難方法

50㎝程浸水して膝まで水がきてしまうと歩くのも大変で徒歩による避難は危険とされています。実際に浸水深が50㎝程度でもゴムボートで救助されている例があるんです。

マンションなどの高い建物いいる場合は、無理に非難する必要はありませんが、一戸建てなどのお家では上層階に移動しておく必要があります。

浸水深が0.5~3.0mくらいのときは、1階に住んでいる場合は貴重品などをもって避難の心配もしなければいけません。河川の水位などの情報を気にしながら避難所に行くという方法もあります。
47 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

大切なペットのための備えできていますか?ペットのための防災対策

大切なペットのための備えできていますか?ペットのための防災対策

防災の意識が高まる中、ペットの防災にも注目が集まっています。 何かあったとき、大切なペットはどうなってしまうの?そんな疑問を解消するために、環境省のペットの災害対策、避難方針から、準備しておきたいもの、防災グッズなどをご紹介します。
yokapon | 733 view
どんな状況で何が起こるか解らない自然災害!!そんな時慌てない為の心構えと持ち出し用防災セット紹介

どんな状況で何が起こるか解らない自然災害!!そんな時慌てない為の心構えと持ち出し用防災セット紹介

地震、津波、豪雨、水害等々いつ自分に降りかかるか解らない自然災害があります。自然の力には逆らえませんが最小限に防ぐことはできます。それが防災です。それではどう防災すればいいのか調べてみました。
yokoppe | 1,003 view
いつ避難すればいいの?「避難準備情報」と「避難勧告」の違いとは

いつ避難すればいいの?「避難準備情報」と「避難勧告」の違いとは

浸水、洪水、土砂災害などの被害に遭わないためには正しい情報を知って、早めの避難を心がけることが大切です。台風や大雨の時、ニュースなどでよく耳にする「避難勧告」や「避難指示」という言葉。あなたは避難勧告と非難指示の違いを知っていますか?
cobachi | 2,412 view
女性におすすめの災害時の備え。「#防災ポーチ」をInstagramでチェック!

女性におすすめの災害時の備え。「#防災ポーチ」をInstagramでチェック!

女性を中心に注目されているのが防災ポーチを持ち歩く0次の防災です。普段から行う災害への備えの防災ポーチについて、Instagramのポストを中心に作り方やアイデアをご紹介します。
yokapon | 109 view
洗い物を減らせて、災害時にも役立つと話題! 「ポリ袋」調理のレシピいろいろ

洗い物を減らせて、災害時にも役立つと話題! 「ポリ袋」調理のレシピいろいろ

ポリ袋を使って調理するレシピを知っていますか?洗い物が減らせるため災害時や断水時にも便利な調理法として知っておきたいポリ袋調理のレシピをご紹介します!
yokapon | 110 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

yokapon yokapon

おすすめの記事

今注目の記事