2021年6月28日 更新

納豆を食べさせていいのはいつから?納豆の使い方と離乳食レシピいろいろ

発酵食品の代表格、納豆。さまざまな栄養もあり、柔らかく食べやすいので離乳食にもぴったりです。初めのころは熱湯をかけるなど、加熱したうえで食べさせてあげるといいですね。こちらでは、離乳食としての納豆のエトセトラをご紹介します。

2,826 view お気に入り 0

納豆はいつから食べられる?

納豆はたんぱく質やカルシウムなど、身体の発育に欠かせない栄養素が多く含まれています。

また、余った納豆は冷凍しても品質が変わりにくく、冷凍可能な食材。
パックからそのままの形状でいったん凍らせてから、必要量に切り分けて冷凍しておくととっても便利です。

豆腐になれた離乳食中期の生後7ヶ月頃から、ひきわり納豆をそのまま与えられます。

粒ではなくひきわり納豆を使えば、消化がしやすく刻む手間も省けていいでしょう。

納豆は5〜6ヶ月ごろにも与えられますが、その場合は粒が大きくならないように細かく刻み、滑らかにすりつぶします。

初めて与える際、ひきわり納豆でも粒が気になるときは、さらに刻んだり、つぶして与えてみてください。

お湯をかけたり、浸けたりして粘りを取ります。最初は加熱してから与えましょう。

納豆、離乳食期ごとの目安

離乳初期(5~6ヶ月)

絶対にダメではないですが、この時期に納豆を無理に食べさせることはありません。

食べさせたい場合は、必ず加熱した上でなめらかにすりつぶします。
まずは少量をあげてみて、様子を見ながら進めましょう。

離乳中期(7~8ヶ月)

粒納豆は、軽く包丁で叩いてからあげましょう。

ひきわり納豆は、皮もないのでそのままあげても大丈夫。
ですが、粒納豆に比べると少し硬いかもしれませんね。

離乳後期(9~11ヶ月)

ひきわり納豆はそのままで。

粒納豆は軽く包丁で叩いてからのほうがよいでしょう(食べさせてみて大丈夫そうであれば、そのままでもOK)。

中には納豆特有のねばりを苦手とする赤ちゃんもいます。
その時は、納豆をざるに入れて水や熱湯につけ、ねばり気を取ってあげると食べやすくなります。

離乳完了期(12~18ヶ月)

ひきわりと粒、両方の納豆も、そのままあげることが可能です。

納豆を食べるときの量と進め方

56 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

レンジを活用した簡単離乳食作りに挑戦♪ レンジ調理の離乳食レシピ集

レンジを活用した簡単離乳食作りに挑戦♪ レンジ調理の離乳食レシピ集

少量の食材を下ゆでする手間がなく、鍋も使わずに短時間でできる「レンチン離乳食」。電子レンジを使えば、鍋を使わず煮る・ゆでる・蒸すがカンタン!こちらの記事では、レンジ調理の離乳食レシピをご紹介します。
ruru | 48 view
赤ちゃんに卵はいつから?どれくらい? 離乳食の卵の進め方とおすすめレシピ

赤ちゃんに卵はいつから?どれくらい? 離乳食の卵の進め方とおすすめレシピ

お子さんの離乳食で初めての食べ物をあげる時、アレルギーが一番心配ですよね。今回は、赤ちゃんの食物アレルギーで最も頻度が多い「卵」の食べ進め方、そしておすすめレシピをご紹介します。
ruru | 3,472 view
離乳食の定番!「豆腐」の離乳食の下ごしらえや保存方法をおさらい♪

離乳食の定番!「豆腐」の離乳食の下ごしらえや保存方法をおさらい♪

離乳食の定番食材「豆腐」。離乳食のための下ごしらえなどの基礎知識やおすすめの離乳食レシピをご紹介します♪
yokapon | 2,836 view
【離乳食】暑い時期を旬の野菜で乗り切ろう♪ 夏野菜を使った離乳食レシピ

【離乳食】暑い時期を旬の野菜で乗り切ろう♪ 夏野菜を使った離乳食レシピ

夏野菜とは、野菜の中で特に夏期に収穫されるものをいいます。カロテン、ビタミンC、ビタミンEなどを多く含む野菜が多く、夏ばてなどに効果が高いものとなっています。野菜の栽培技術が発達し、ほとんどの野菜が1年中手に入れられるようになりましたが、食材に一番栄養が含まれているのは旬の時期!赤ちゃんにも離乳食を通じてぜひ食べさせてあげましょう。
ruru | 316 view
そうめんの離乳食レシピ!いつから?塩分は?手づかみ食べも?

そうめんの離乳食レシピ!いつから?塩分は?手づかみ食べも?

夏になるとそうめんを食べる機会が多くなりますね。大人が食べるときには、赤ちゃんの離乳食メニューにも取り入れてみてはいかがでしょうか?麵が好きな赤ちゃんも多いようです。今年の夏はそうめんデビューかな?
ruru | 340 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ruru ruru

おすすめの記事

今注目の記事