2023年6月25日 更新

「よくできたね」はNG!テストの点数を褒めてはいけない理由

子どもたちが学校から持ち帰るテスト。子どもたちよりもテストの点数に一喜一憂していませんか?100点をとってきた時には、「よくできたね!」「100点とれたね!」などと言ってしまいがち。私もそうでした。 しかし、実はその言葉が子どもの力が伸びなくなる原因となることも。 この記事では、なぜだめなのかについてと、意識したい言葉がけまでを、小学校の先生の経験をふまえて紹介します。

181 view お気に入り 0
元小学校教諭で小学生2人のママのちこたです。小学校の先生の経験から、子育てに役立つ情報などをお伝えします!

テストの目的を知ろう

小学校で行うテストの目的は、受験などの筆記試験とは少し意味合いが違うようです。

先生の目的は「どこまで理解しているか」をみて評価することなので、少し受験と似ているところがあります。

しかし、子どもの目的の1つは「自分の弱点を知り、克服する」ことでもあります。テストで間違えた問題を解きなおしたり、同じような問題に再度挑戦したりすることも大事です。

100点をとることを目的にしてしまうと、思わぬ弊害がでてくることも。
 (125584)

なぜ「よくできたね」がだめなのか

小学生の写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (125574)

子どもは親にほめられたいと思うものです。「点数はどうだった?」「100点すごいね」ばかりを言っていると、子どもは点数がよくないとほめてもらえないと思ってしまいます。

点数ばかりを気にしだすと

・悪い点のテストを隠す
・カンニングをする
・テストの点数で友達をばかにする
・テストの点数が悪かった時に自分を否定する

など、子どもにとってよくない考え方をしてしまいがちです。
実際に、「いい点数をとらないと怒られる」と言っていた子はテストの点数だけに目がいき、持ち帰ることをひどく嫌がりました。

意識したい言葉がけは?

 (125577)

では、どんな言葉がいいのでしょうか。褒めることは悪くありません。大事なのは褒め方です。

子どもがテストを持ち帰ってきたら、点数にこだわりすぎずに「よくがんばったね」と伝えてみましょう。小学生の時期は、結果よりもその過程を認めてあげるのが大事です。

100点の結果も褒めたい時には、「〇〇してきてがんばったから100点がとれたんだね」と、その過程を含めて褒めてみましょう。子どもは自分のがんばりを認めてもらえたと思えます。

子どもの姿勢・行動も褒めよう

 (125580)

学年が上がるにつれて学習も難しくなり、壁にぶち当たることもあるでしょう。そんな時に子どもを支えるのは、それまでの学習習慣や立ち向かおうとする気持ちです。

中学年くらいまでの間は、子どもが自分から学習に取り組んだり、苦手なことに挑戦したりすることを認め、褒めていきましょう。苦手なことに挑戦して克服できた経験を積ませることも大事です。

まとめ

テストを持ち帰ると「何点だった?」と聞いてよい点数を褒めていた私。しかし長男は3年生の時に算数でつまずいてしまい点数が悪くなりました。そこからみるみる自信をなくしてしまったことから、言葉がけを見直したのです。
5年生になった今、自分から机に向かって頑張れるようになりました。

子どもたちがのびのびと力をつけていけるよう、言葉がけを意識してサポートしていきましょう。
17 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

小学校の英語授業は何をする?目標や内容を解説!【中学年編】

小学校の英語授業は何をする?目標や内容を解説!【中学年編】

2020年度から、外国語学習が必修化されました。小学生から英語を学習するとなると、親としては心配なことも多いでしょう。そこで、英語の指導経験のある元小学校教諭の立場から、小学校の英語授業についてわかりやすくご紹介します。
ちこた | 82 view
小学校の教科担任制とは?メリットとデメリットを解説!

小学校の教科担任制とは?メリットとデメリットを解説!

小学校における「教科担任制」とは、学級担任が全ての教科を受け持つのではなく、教科ごとに複数の教員が担当して授業を行うことです。2022年度から本格的に導入されましたが、具体的にはどのように行われているのか、メリットやデメリットについてはよくわからないという人も多いでしょう。 そこで、元小学校教諭が、教科担任制の特徴や、メリット・デメリットなどについてご紹介します。
ちこた | 116 view
小学校入学までにやっておいた方がいいこと【かず(数)編】

小学校入学までにやっておいた方がいいこと【かず(数)編】

小学校へ入学してからの勉強のスピードは速いです。 ひらがなを1文字ずつ教わることから始まりますが、1年生の夏休みには算数の文章題を解く問題が宿題ワークに入ってきます。そして、カタカナの習熟する時間がなく2年生に上がります。初めて勉強をする子には、習得するのが難しいです。1年生までに、少し事前勉強をしておくことをお勧めします。今回は 「かず 編」です。
とおこ | 121 view
小学校入学までにやっておいた方がいいこと(文字編)

小学校入学までにやっておいた方がいいこと(文字編)

小学校へ入学してからの勉強のスピードは速いです。 ひらがなを1文字ずつ教わることから始まりますが、1年生の夏休みには算数の文章題を解くものが宿題ワークに入ってきます。そして、カタカナの習熟する時間がないまま2年生に上がります。初めて勉強をする子には、学校のカリキュラム通りに習得するのが難しいです。1年生になるまでに、少しでもいいので事前勉強をしておくことをお勧めします。
とおこ | 113 view
家庭学習を習慣化して継続!整えればうまくいくことを覚えよう

家庭学習を習慣化して継続!整えればうまくいくことを覚えよう

「なかなか家で集中して勉強をしない」「すぐにやる気をなくしてやめてしまう」など、家庭学習がうまくいかずに悩むことはありませんか。この記事では、小学校教員の経験から、家庭学習を習慣化するための、環境の整え方について紹介します。
ちこた | 62 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ちこた ちこた

おすすめの記事

今注目の記事