2020年6月3日 更新

ふっくらきれい! 目玉焼きがおいしくなる裏ワザ&基本の作り方

卵をフライパンに割り入れて焼くだけの目玉焼き。朝ご飯の定番ですね。簡単に見えますが、好みの焼き加減に仕上げるのは案外難しく、奥深い料理です。こちらでは基本の作り方、そしておいしく焼ける裏ワザをご紹介します。

3,614 view お気に入り 0

【基本の手順】目玉焼きの焼き方

まずは、基本的な目玉焼きの焼き方をご紹介します。

1 卵は常温に戻してから、小さなボウルに割り入れる

卵が冷たいままだと火が通りにくくなるので、常温に戻しておきます。そして、小さなボウルに割り入れ、殻が混ざっていないかを確かめます。
卵はフライパンに直接割り入れるのではなく、ボウルからフライパンに入れることで、黄身が崩れるのを防ぎます。
このひと手間をかけることにより、きれいな目玉焼きが作れます。

2 薄くサラダ油をひき、中火で熱したフライパンに卵をそっと入れる

フライパンに油を入れて中火にかけます。
油が多いときはキッチンペーパーでふきとり、フライパンに手をかざして温かく感じるまで熱したら、黄身が崩れないように気をつけ、流し入れるようにそっと卵を入れます。

3 濡れ布巾の上にフライパンをのせ、フライパンの温度を下げる

卵を入れ、2〜3秒ほどたったらフライパンを濡れ布巾の上に置き、温度を下げます。
フライパンが熱いまま焼くと、黄身に火が入る前に白身に火が入りすぎてしまい、焦げ付きの原因になります。

4 弱火で黄身が温かくなるまで焼く

半熟の場合も固焼きの場合も、最初の火加減は弱火。
黄身を中指の背で触って「温かい」と感じるくらいになれば、火は入っています。
半熟にしたいならここで火はストップ。
焼き加減は、好みの焼き方に応じてください。

焼き加減ごとの焼き時間の目安

【半熟】弱火で5分
【ミディアム】弱火で8分 ※黄身の中央だけが半熟
【固焼き】「蓋をして中火で3分、弱火に下げて3分」もしくは「蓋をせず、弱火で12分(白い膜をはらせたくない場合)」

目玉焼きがおいしくなる裏ワザ

55 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【卵料理の基本】ゆで卵の作り方から、きれいに作るコツまでをご紹介!

【卵料理の基本】ゆで卵の作り方から、きれいに作るコツまでをご紹介!

卵をゆでるだけの「ゆで卵」はとってもシンプルな基本の料理。ですが、実は簡単なようで奥が深いんです。お弁当にも大活躍ですよね。そんなゆで卵のあれこれを、今回は深堀したいと思います。
ruru | 2,302 view
あさりの砂をしっかり抜きたい!砂抜きの基本と時短裏ワザ

あさりの砂をしっかり抜きたい!砂抜きの基本と時短裏ワザ

あさりの砂抜きは数時間かかるのが当たりまえなのですが、実は時短できる裏ワザもあるんです!あさりの砂をしっかり抜く基本の方法やコツ、お湯を使った裏ワザなどを紹介します。
yokapon | 1,955 view
すごい…驚き!ラップを使ってきれいに食品を切る裏ワザ

すごい…驚き!ラップを使ってきれいに食品を切る裏ワザ

ゆで卵や、切ると中身が飛び出てしまって包丁で切りにくいものなど、結構ありますよね。そんな時は、包丁&食品ラップのコンビが大活躍!その裏ワザをとくとご覧ください♥
ruru | 564 view
調理以外にも使える!「アルミホイル」活用術14選

調理以外にも使える!「アルミホイル」活用術14選

アルミホイルって、ご家庭に一つはありますよね?このアルミホイルが料理以外にも役に立つ使い方があるのをご存知ですか? はさみ研ぎができたり、当時に使えたり…!? あっと驚く意外な裏ワザ14選をご紹介します。
ruru | 930 view
握らないで!!ラップと茶わんでふっくら仕上がるおにぎりの作り方

握らないで!!ラップと茶わんでふっくら仕上がるおにぎりの作り方

日本人のソウルフード「おにぎり」。実は、おにぎりはとても奥が深い食べ物なんです。おいしく仕上げるには結構難しいですよね。ふっくらと仕上がるにはどのように握ったらいいのでしょうか?また、おすすめの具材もご紹介していますよ。どうぞご覧ください。
ruru | 1,582 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ruru ruru

おすすめの記事

今注目の記事