2020年12月17日 更新

【卵料理の基本】ゆで卵の作り方から、きれいに作るコツまでをご紹介!

卵をゆでるだけの「ゆで卵」はとってもシンプルな基本の料理。ですが、実は簡単なようで奥が深いんです。お弁当にも大活躍ですよね。そんなゆで卵のあれこれを、今回は深堀したいと思います。

175 view お気に入り 0

ゆでたまごの作り方

◆ゆでたまごの基本

ゆで卵は好みの黄身の火通りも人それぞれですね。
けれど、ちょうどよい黄身の状態にするのはとっても難しい…。

そこでこちらでは、ゆで卵のゆで方の基本を『冷蔵庫から出したての卵を“熱湯”に入れてやる作り方』にしてご紹介します。

というのも、卵も湯の温度も共に、決まった温度帯で、そこから何分ゆでる、とした方が毎回同じ状態にゆで上げることができるからです。

◆ゆでたまごのゆで方

上に書いた通り、卵は冷蔵庫から出したてで、沸騰した湯にその卵を入れるという手順です。

その時に気を付けたいのが卵の入れ方。
この作り方では卵の温度が急に変わるため、湯に卵をぽちゃんと落とすと、卵にヒビが入りやすいのです。
それを防ぐため、下の写真のように穴じゃくしやお玉に卵をのせ、一つずつそっと湯に入れるようにします。

一つずつ、卵を沸いた湯の中にそっと入れれば、卵にヒビが入ることはないでしょう。
あとは好みのゆで時間ゆでればOKです。

ゆで時間の目安は、後ほどご説明します。

ゆで上がった卵は、すぐに湯を捨てて、流水で水を入れ替えるなどしながら冷まします(温かい状態で食べる場合も触れる温度になるまで冷ましましょう)。

狙った黄身の状態にゆで上げても、余熱で火が通ってしまっては意味がないため、半熟のゆで卵の場合などは特に、すぐに冷ますことが大切。

◆卵は水からゆでる? お湯からゆでる?

卵は水からゆでるのがおすすめ。
お湯に入れてゆでるよりも、水に卵を入れたほうが温度差があまりないので、ひび割れる心配が少なく、ゆでる時間が少し短くなります。

ゆでる水の量は卵の半分の高さくらいでもOKです。
ただし水が少ないので、必ずふたをしてゆでてください。

◆半熟から固ゆでのゆで時間は??

81 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

折り紙で簡単&かわいい!七夕の吊るし飾りの基本とアレンジ

折り紙で簡単&かわいい!七夕の吊るし飾りの基本とアレンジ

もうすぐ七夕ですね。子どもたちの願い事がちょっと気になってしまう今日この頃です(笑)こちらでは、折り紙で作れる、吊るし飾りをまとめてみました。子どもと一緒に、折り紙で笹につるせるものを作ってみましょう。また、おしゃれにご自宅に七夕を飾っている画像も集めて、ところどころに掲載しました。参考にしてみてくださいね。
ruru | 1,720 view
あさりの砂をしっかり抜きたい!砂抜きの基本と時短裏ワザ

あさりの砂をしっかり抜きたい!砂抜きの基本と時短裏ワザ

あさりの砂抜きは数時間かかるのが当たりまえなのですが、実は時短できる裏ワザもあるんです!あさりの砂をしっかり抜く基本の方法やコツ、お湯を使った裏ワザなどを紹介します。
yokapon | 969 view
災害時に役立つ!水や燃料を節約できる話題の「水漬けパスタ」

災害時に役立つ!水や燃料を節約できる話題の「水漬けパスタ」

テレビ番組やSNSで話題になった「水漬けパスタ」。調理のさい水や燃料を節約できる防災レシピとしても注目されています! この機会に、水漬けパスタの基本の作り方を覚えて、もしものときに備えましょう。
cobachi | 2,891 view
デザートがパッと華やかに♪いちごの飾り切りいろいろ

デザートがパッと華やかに♪いちごの飾り切りいろいろ

ケーキの上の乗せる代表的なフルーツ、いちご。そのまま乗せてもかわいいですが、飾り切りをしたいちごを使えば特別感が出ますし、写真映えもしますよ!バースデーケーキやバレンタイン、そしてクリスマスなどケーキを手作りする方は必見です。
ruru | 55 view
すごろくや福笑い♪ 昔ながらのお正月遊びを、子どもと一緒に作ってみよう!

すごろくや福笑い♪ 昔ながらのお正月遊びを、子どもと一緒に作ってみよう!

今回は、簡単に作ることができる福笑いやすごろくなど、昔ながらのお正月遊びの工作のご紹介です。今年のお正月には、日本の伝統遊びを手作りで楽しんでみてはいかがでしょうか?とってもいい思い出になること間違いなしですよ!
ruru | 266 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ruru ruru

おすすめの記事

今注目の記事