2023年2月28日 更新

離乳食の定番食材「かぼちゃ」の離乳食レシピ【初期・中期・後期・完了期】

甘くて加熱するとやわらかくなるかぼちゃは、赤ちゃんも食べやすい食材です。スーパーなどで入手しやすく、さまざまな食材と合うのでとても便利。冷凍可能な食材でもあるので、多めに仕込んで作り置きしておくといいですね。

683 view お気に入り 0
 (117038)

かぼちゃは三大抗酸化ビタミンといわれる、β-カロテン、ビタミンE、Cが多くて、免疫力を強化、細胞の老化を予防し、動脈硬化やガンなどの生活習慣病の発症や進行を抑制するといわれています。

パパやママも率先してかぼちゃの料理を召し上がって下さいね。

離乳食のかぼちゃを食べられる時期・形状・量について

かぼちゃは初期の赤ちゃんから食べさせることが可能です。

ただし、月齢によって大きさや量が変わるので、まずは目安をチェックしてみてくださいね。
初期(5〜6ヵ月)

初期(5〜6ヵ月)

やわらかくなるまで加熱してすり潰したものをベビースプーン1杯程度
中期(7〜8ヵ月)

中期(7〜8ヵ月)

舌で潰せるかたさに加熱して粗く潰したもの、または5mm角に切って加熱したものを20〜30g
後期(9〜11ヵ月)

後期(9〜11ヵ月)

歯茎で潰せるかたさに加熱して7mm〜1cm角に切ったものを30~40g
※上記は各月齢の1食あたりの「野菜・果物」の目安量です。
他の野菜や果物を組み合わせる場合は、量を調整してください

それではこれより、離乳食の月齢別おすすめかぼちゃのレシピをご紹介していきます。

【離乳食初期】ゆでて作る かぼちゃペースト

 (117001)

材料(1食分)
かぼちゃ
15g
水 (ゆで用)
適量
湯冷まし (調整用)
適量
離乳食5、6ヶ月ごろ(初期)から始められる、ゆでて作るかぼちゃペーストのご紹介です。

かぼちゃは、ホクホクしすぎると飲みこみにくい場合があるので、なめらかなペースト状にしてあげて与えてくださいね。

おかゆやうどんにトッピングして、優しい甘みを加えるのもおすすめ。

【離乳食初期】りんごとかぼちゃのマッシュ

 (117006)

材料
・かぼちゃ・・・2cm角1個
・りんご・・・2cm角1個
63 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

離乳食の定番食材「さつまいも」の離乳食レシピ【初期・中期・後期・完了期】

離乳食の定番食材「さつまいも」の離乳食レシピ【初期・中期・後期・完了期】

ビタミンCの豊富なさつまいも。さつまいもは扱いやすく、自然な甘みがあるので離乳食におすすめの食材です。糖質が豊富なので白米に代わり主食になりますよ。こちらの記事では、さつま芋の離乳食レシピをご紹介していきます。
ruru | 1,397 view
離乳食の定番食材「小松菜」の離乳食レシピ【初期・中期・後期・完了期】

離乳食の定番食材「小松菜」の離乳食レシピ【初期・中期・後期・完了期】

離乳食を作る時の葉物野菜は、ほうれん草や白菜が多いかもしれませんが、小松菜を使ったメニューもおすすめなんです。なぜかというと、栄養豊富だから!意外にメニューのバリエーションも豊かで、冷凍もしやすく扱いやすい食材です。こちらの記事では、小松菜の離乳食レシピをご紹介します。
ruru | 467 view
離乳食や子どものおやつにおすすめ!さつまいも、かぼちゃ、豆腐を使った茶巾レシピ

離乳食や子どものおやつにおすすめ!さつまいも、かぼちゃ、豆腐を使った茶巾レシピ

茶巾は見た目もカワイイですし、何といっても離乳食の手づかみ食べにぴったり!さつまいも、かぼちゃ、豆腐に入れる食材により、バリエーションが豊かになるのも魅力の一つです。
ruru | 4,732 view
離乳食に魚を使うのはいつから?進め方とおすすめレシピ

離乳食に魚を使うのはいつから?進め方とおすすめレシピ

日本は、お魚を食べる食文化が発達しています。白身魚はタンパク質やビタミン類を含み、脂肪が少なく消化吸収がよいので離乳食初期から食べることができますよ。9ヶ月頃から食べられる青魚にはDHAも豊富。たくさん食べてもらい、元気に育ってほしいですね。
ruru | 5,714 view
栄養たっぷり♪旬の夏野菜で作る離乳食レシピいろいろ

栄養たっぷり♪旬の夏野菜で作る離乳食レシピいろいろ

近頃は、ほとんどの野菜が1年中手に入れられるようになりました。ですが、食べ物に一番栄養が含まれているのは旬の時期ですよね。特に夏は、旬の野菜がもりだくさん!人気の夏野菜を、離乳食にも積極的に取り入れてみましょう。
ruru | 6,095 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ruru ruru

おすすめの記事

今注目の記事