2020年8月23日 更新

離乳食に魚を使うのはいつから?進め方とおすすめレシピ

日本は、お魚を食べる食文化が発達しています。白身魚はタンパク質やビタミン類を含み、脂肪が少なく消化吸収がよいので離乳食初期から食べることができますよ。9ヶ月頃から食べられる青魚にはDHAも豊富。たくさん食べてもらい、元気に育ってほしいですね。

3,575 view お気に入り 0

魚は赤ちゃんのうちから食べられる、貴重な栄養源。
良質タンパク質やカルシウム、ビタミン、ミネラル、タウリン、DHA、EPAなど体に必要な栄養素が豊富に含まれています。

お魚の中でも白身魚は、離乳食の初期から食べられる便利な食材。
上手に活用し、赤ちゃんに美味しく栄養たっぷりなお魚を食べてもらいましょう。

白身魚って?

代表的な白身魚と言えば「タイ」「カレイ」「ヒラメ」「タラ」などが挙げられます。

また、赤身魚は「マグロ」「カツオ」「ブリ」などが代表的なお魚となります。

白身魚と赤身魚の違い

白身魚と赤身魚の違いは、ヘモグロビンやミオグロビンという〝赤い色素〟の「たんぱく質」の含有量によって分けられています。

赤身魚は、遠くまで旅をする回遊魚が多く効率よく酸素を使う必要があるため、筋肉中に赤い色素のヘモグロビンやミオグロビンが多くなります。

一方、白身魚は、海底で暮らしたり、海岸付近で静かに暮らしたりするので、回遊の習性がないため〝赤い色素〟のたんぱく質が必要ないために身が白くなります。

それぞれ、ちゃんとした理由があるんですね。

白身魚の栄養

魚の種類によって異なりますが、白身魚は一般的に「高たんぱく、低脂肪」と言われています。

コラーゲンも多く含み、消化が良いのが特徴です。

離乳食の魚はいつから食べていいの?中期はOK?

離乳食に魚を使い始めるのは、離乳食初期6ヶ月頃~ですので、離乳食初期の後半からがおすすめです。

まずは鯛やカレイなどの白身魚からスタートです。
食べ物の順番でいうと、おかゆ→野菜→豆腐→白身魚です。

70 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

栄養たっぷり♪旬の夏野菜で作る離乳食レシピいろいろ

栄養たっぷり♪旬の夏野菜で作る離乳食レシピいろいろ

近頃は、ほとんどの野菜が1年中手に入れられるようになりました。ですが、食べ物に一番栄養が含まれているのは旬の時期ですよね。特に夏は、旬の野菜がもりだくさん!人気の夏野菜を、離乳食にも積極的に取り入れてみましょう。
ruru | 2,626 view
赤ちゃんに卵はいつから?どれくらい? 離乳食の卵の進め方とおすすめレシピ

赤ちゃんに卵はいつから?どれくらい? 離乳食の卵の進め方とおすすめレシピ

お子さんの離乳食で初めての食べ物をあげる時、アレルギーが一番心配ですよね。今回は、赤ちゃんの食物アレルギーで最も頻度が多い「卵」の食べ進め方、そしておすすめレシピをご紹介します。
ruru | 1,720 view
旬の味を赤ちゃんにも♪ 「春が旬の食材」×「離乳食レシピ」リスト

旬の味を赤ちゃんにも♪ 「春が旬の食材」×「離乳食レシピ」リスト

だんだんと暖かくなり、春が近づいてくる気配を感じてくると、野菜や果物の売り場もより一層彩り豊かになりますね。私たちはもちろん、赤ちゃんにも春が旬の野菜を食べさせてあげませんか?旬の野菜は栄養価が高いですよ!
ruru | 1,966 view
赤ちゃんも一緒に楽しめる♪ハロウィン【初期から完了期まで】離乳食レシピ

赤ちゃんも一緒に楽しめる♪ハロウィン【初期から完了期まで】離乳食レシピ

赤ちゃんは離乳食だからハロウィンを楽しめないと思っていませんか?実は離乳食からでも、アレンジ次第でハロウィンを楽しめます!今回はそんなハロウィンレシピを、初期の離乳食からご紹介します。
macpork08 | 5,430 view
赤ちゃんにも夏らしいメニューを!夏にぴったりの離乳食レシピ

赤ちゃんにも夏らしいメニューを!夏にぴったりの離乳食レシピ

夏らしい食べ物といえば何を思い浮かべますか?夏野菜やそうめん冷やし〇〇のようなメニューなど様々なものがありますよね。この中でも赤ちゃんが季節感を感じながら食べられるものはどんなものでしょうか?時期別に離乳食の夏レシピをご紹介します。
yokapon | 3,546 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ruru ruru

おすすめの記事

今注目の記事