2022年7月30日 更新

病気の時の「症状別離乳食」☆無理せず1段階前に戻ることも◎

赤ちゃんに鼻や咳、熱などの症状が出てきたら慌ててしまいますよね‥赤ちゃんの病気が早く回復するために、栄養のある離乳食を作りたいと思うママは多いのではないでしょうか?症状別にどんな離乳食を食べさせたらよいのかをご紹介します。

1,444 view お気に入り 0

具合の悪い時の離乳食~3つの決まりはこれ!~

 (101922)

①まずは水分補給
②無理に食べさせない・場合によってはお休みしよう
③機嫌が良い・食欲が出てきたら再開を

赤ちゃんの様子を注意深く観察しながら、消化の良いものから少しずつ栄養補給をしていくことが大切です。
 (101992)

少量しか食べられないときのおすすめ食材

与える時のポイントは、少量をこまめにあげることです。吐き気がある時は、様子を見ながら与えてください。

下痢や嘔吐などの症状が続く場合は、特に脱水症を起こしやすくなっています。十分に水分補給を行ってあげましょう。

①りんご

腸の健康を保ってくれる(ペクチン)
疲れを回復してくれる(リンゴ酸)

②にんじん、かぼちゃ

のどや鼻などの粘膜を守ってくれる(β−カロテン)

③じゃがいも

免疫力を高めてくれる(ビタミンC)
 (101993)

離乳食を作る場合は、月齢問わず、このような食材を1つまたは2つ使い、すりおろしたりつぶしたりするなどして、食べやすいおかゆに入れてあげれば◎

体調がすぐれない時は、大人でも同じですよね。
胃腸や体にやさしいものを少しずつ取り入れていきましょう。

発熱のとき

80 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

赤ちゃんが風邪のときの離乳食はどうすればいい?&おすすめレシピ

赤ちゃんが風邪のときの離乳食はどうすればいい?&おすすめレシピ

赤ちゃんが風邪で体調を崩したとき、食欲が落ちて心配ですよね。元気もないし、機嫌も悪い…食べ物を消化する力も弱くなっているため、「離乳食」をどうしたらよいか悩んでしまうことでしょう。こちらでは、赤ちゃんが風邪をひいたときの離乳食について考えていきたいと思います。
ruru | 12,521 view
【子どもの体調不良】普段から準備しておくと焦らない5選!

【子どもの体調不良】普段から準備しておくと焦らない5選!

子どもの体調が悪くなると、小さな体で辛そう・・・。そんな時、もし親も体調が悪くなったら、家事や他の子どものお世話など一体どうしたらいいの!と不安になりますよね。普段から準備をしておくことで、緊急事態を乗り越えましょう!
pikari | 64 view
離乳食の保存にはラップが便利!離乳食のフリージングのコツを伝授♪

離乳食の保存にはラップが便利!離乳食のフリージングのコツを伝授♪

生後5ヶ月頃あたりからスタートする離乳食ですが、食べる量はほんの少しなのに、下ゆでしたり、つぶしたり、何かと手間がかかりますよね。毎回いちから作るのはたいへん! まとめて作って、小分けにして冷凍しておくととても便利ですよ。
ruru | 5,960 view
赤ちゃんとお正月料理を楽しもう♪ 取り分けで簡単に「おせち」の離乳食

赤ちゃんとお正月料理を楽しもう♪ 取り分けで簡単に「おせち」の離乳食

離乳食期の赤ちゃんでも一緒にお正月を楽しみたいものですよね。大人が食べる離乳食を赤ちゃん用に取り分けて与えてもよいものなのでしょうか?そして、その時のやり方は?などの疑問にお答えしていきたいと思います。
ruru | 45 view
乳幼児の食べ物での窒息事故を防ごう

乳幼児の食べ物での窒息事故を防ごう

近頃、乳児がりんごやパンを喉に詰まらせる痛ましい事故が相次いでいます。窒息といえば、高齢者が餅を詰まらせる事故を思い浮かべますが、乳幼児には高齢者と異なる事故の起き方も。気道が小さい乳幼児は大人が思う以上に食べ物が喉に詰まりやすくなっており、注意が必要です。
ruru | 122 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ruru ruru

おすすめの記事

今注目の記事