2020年7月3日 更新

夏のお弁当は食中毒に注意!傷みにくいお弁当を作るコツ

気温が高い夏は、食中毒が起こりやすい時期。特にお弁当は心配ですよね。こちらでは、 傷みにくいお弁当を作るコツを紹介します。ちいさなことでも、ひとつひとつを積み重ねることから、食中毒の発生を抑えることができます。

171 view お気に入り 0
前の日の夕ご飯の残りを入れたり、作り置きのおかずを前日に準備をしておくと、朝のお弁当作りが楽になります。
ですが、今の梅雨の時期は、お弁当の傷みや食中毒も心配ですよね。

気温が10℃を越えたあたりから徐々に菌が繁殖し、20℃を超えると一気に増えるので、夏だけでなく、春先や秋も注意が必要なんだそうですよ。

お弁当を傷みにくくするためのポイント

せっかくの手作り弁当で食中毒を起こさないためにも、傷みにくいお弁当のポイントを知って、安心してお弁当がいただけるようにできるといいですね。

1.調理の前に 丁寧に手洗いをする

調理前の手洗いはとくにしっかりと行いましょう。ハンドソープやせっけんを使って、指の間や爪の先まできちんと洗浄します。付着している菌をできる限り落とすことで、食材への菌の移行を抑えます。
近頃は、スマートフォンやタブレットでレシピを見ながら調理する方も多いでしょう。
スマートフォンやタブレットの画面には、さまざまな雑菌が付着しています。画面を触ったらもう一度しっかりと手を洗うようにしてください。

2.お弁当箱や調理器具を清潔にする

お弁当箱はきれいに洗って、乾燥させたあと、キッチンで使うことができる除菌スプレーなどを使いましょう。

フタのパッキンなども分解して、すみずみまできれいに洗浄します。

お弁当に使う調理器具も清潔なものを使うように気を付けます。汚れがついていないのはもちろん、しっかりと乾燥したものを使うようにしましょう。

3.食材はしっかりと中まで加熱する

ハンバーグやから揚げなどのおかずはしっかりと中心部まで加熱するのが大切です。75度以上で1分以上加熱することで、菌が死滅します。

4.食材はちいさめにカットする

80 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

暑い季節のお弁当に! いたみにくいおかず【NGとおすすめ】

暑い季節のお弁当に! いたみにくいおかず【NGとおすすめ】

暑い時期には作ってから食べるまでにお弁当が傷んでしまわないかが心配。そこで、いたみにくいお弁当を作るポイントを、いたみやすいおかずといたみにくいおかずを中心にご紹介します。
yokapon | 2,733 view
暑~い季節、食中毒は大丈夫?傷みにくいお弁当作りのコツ

暑~い季節、食中毒は大丈夫?傷みにくいお弁当作りのコツ

暑い日が続く中、傷みにくいお弁当作りに頭を悩ませている人も多いのではないでしょうか。お弁当を傷みにくくし、食中毒の対策にもなる、衛生的なお弁当作りのコツをまとめました!
cobachi | 1,705 view
夏に災害が起きたら?暑さ対策や水害対策など、夏に見直しておきたい災害の備え

夏に災害が起きたら?暑さ対策や水害対策など、夏に見直しておきたい災害の備え

もしも夏に災害が起きてライフラインが絶たれたら、と思うと不安な人は多いと思います。夏の断水や停電は、熱中症などのリスクが高くなる危険がありますよね。そういった時、どのような対策をとっておいた方がいいのでしょうか?今回は夏の災害に備えたい、災害対策について紹介します。
macpork08 | 2,250 view
夏に災害が起きたら? 暑さ対策や水害対策など、夏に見直しておきたい災害の備え

夏に災害が起きたら? 暑さ対策や水害対策など、夏に見直しておきたい災害の備え

夏に災害が起きた場合どのようなことに気をつけなければいけないのでしょうか。暑さ対策や熱中症対策、水害対策のポイントやあると便利なグッズをご紹介します。
yokapon | 10,745 view
旬の野菜でコスパよく♪ 夏野菜の作り置きレシピいろいろ

旬の野菜でコスパよく♪ 夏野菜の作り置きレシピいろいろ

夏においしいお野菜は色々ありますね。飽きることなく夏野菜を存分に楽しめるおかずレシピも色々です。今回はコスパもばっちりの夏野菜作り置きレシピをご紹介します♪
yokapon | 615 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ruru ruru

おすすめの記事

今注目の記事